2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Tools & Tips

2018年5月22日 (火)

ちょこっと工作

ここのところいろいろあってずーっと模型工作からは遠ざかってましたので、ほんのすこしだけですが模型をいじって元気を取り戻すことにしました。

久しぶりにレールの手打ちです。14.3mmを敷いてあったのですが、あまり使うことが無いので16.5mmと10.5mmデュアルに敷き変え。14.3mmが必要になってもスパイクがじゃまで内側にレールを敷くことができないので別に作らなければなりませんが、もうこの木製道床は売ってないんだろうな。

Ddyfdnzvmaexjzv

それから経年変化?で動輪の打ち込みがゆるゆるになって走らせられなくなっていたツィタラールバーンの機関車を修理。

かれこれ15、6年ほど前に 仙台方面から小分けしてもらってこの状態で工作室に常温でほったらかしてあったロックタイトですが、まだ使えるみたいですね。多少固着力が劣化しているかなと思いましたが、実用上は問題なさそうです。持つものですねえ^^;

Ddzcm1rvqaad8y1

2018年4月30日 (月)

レールクリーニングカーをつくりました

模型工作部屋のエアコンが壊れて交換したら、スペースの関係で10年ほど前につくったHOの鴨居線を改修することになりました。

ここ4、5年の間あまり動かしていなかったので、気づかなかったのですが線路を外してよく見ると錆も進んで線路がくすんでいますし汚れも目立ちます。Nゲージと違ってHOゲージは重量があるので線路がかなり汚れていても問題なく走行するからわからなかったのですね。

というわけで、鴨居線用のレールクリーニングカーを自作してみました。後ろの二つが今回作ったもの、前にあるのは以前につくったNゲージ用のものです。

Img_5784

つくったのは2種類。レール上面をペーパーがけするタイプと、た柔らかい紙を巻きつけた真鍮円筒にクリーニング液を染み込ませて転がすタイプです。

材料はアイスキャンデーの棒とスタバやコンビニコーヒーの木のマドラーと真鍮板、それと数十年前に買ってあった真鍮丸棒とアルミパイプ、台車とカプラー、それからアメリカ型貨車キットの下回りです。

まずは転がすタイプ。これはよく似た製品が販売されていますね。製品はローラーの方向を少し斜めにしてあるとか聞きましたが、真っ直ぐでも車体枠のバーにローラーが当たって抵抗ができ、拭き取り効果は十分にあることがNゲージ版でわかっているので今回も斜めにはしていません。だって工作がめんどくさいですもん^^;

下のような構造になっています。車体にウェイトを積んでおく必要があるのでデッキを貼って積み荷を載せるかたちにしてみました。

Img_5787

ペーパーがけするタイプは、MDCというメーカーのタンク車キットの下回り(のはず)です。フレームにちょうど良い孔が開いているのでこれを利用して、真鍮板と棒でつくった磨き板をはめ込むようにしました。ウェイトをかけられるように上に突き出た棒に荷台を取り付けてあります。

サンドペーパーは布のクッションを挟んで両面接着テープで貼り付けました。車体のウェイトがないと磨き板の抵抗に負けて脱線してしまうので十分な重量のウェイトを載せるようにしています。

Img_5786

連結は転がしタイプ、ペーパーがけタイプの順です。2両連結するとかなり重くなりますが、普通の機関車なら問題なく索くことができます。真鍮円筒に巻いた紙にたっぷりクリーニング液をしみこませ、10分くらい走らせているとレール上面が光ってきますので、磨き棒を持って危ない姿勢で作業するよりはうんと楽に安全にレールクリーニングができるようになって満足しています。

2018年3月 6日 (火)

軟膏や接着剤のチューブは伸ばして使いましょう

ちょっとした収納の工夫の紹介です。

軟膏や接着剤のチューブは尻尾を丸めて絞り出すひとが多いと思います。

でも残りが少なくなると小さくなってどこに行ったのかわからなくなったり、ラベル部分が見えなくなって何のチューブだったのかわからなくなって困ることもしばしばですよね。

そこで、チューブは丸めず、平らに伸ばして絞りましょう。

こうすれば、ラベルもよく見えますし、グラスなどに立ててスマートに収納することもできます。

Img_5271 Img_5273


2018年2月13日 (火)

ユニバーサルジョイントの位相

随分以前にちょっと話題になっていたユニバーサルジョイントの位相ですが、なんで90度ずれたのが普及しちゃったんだろうなあ、と考えていてあることに思い当たりました。

その昔、なんだったか忘れましたがおもちゃ製品を分解していてこのずれた位相のプラ製ユニバーサルジョイントを見つけてふーんと思ったことがありました。

趣味レベルでも機械工学の知識があればまず間違わないだろうし、知識がない場合は実物機械や参考書の例を意味を理解しないままにデッドコピーするのが普通だろうと思うので、最初に90度位相をずれさせた(間違えた?)のはなにかしら設計者製作者に意図的なものがあったのではないかと想像しました。

おもちゃに使われていたものは結構乱暴なつくりの可動範囲の大きなジョイントだったので位相が合っている場合、大きく曲がった時にカップの断面に開いた溝にシャフトが食い込む可能性があるのを嫌ったのかもしれません。

カップの溝が断面に開かないように長穴にするとかシャフトの太さ等をうまく設計すればそういう問題は起こらないように思いますが、そういうコストのかかることは避けたでしょうし、もともとギクシャクした動きのおもちゃに厳密な等速の伝導なんて意味ないですから90度ずらせてシャフトの動きをうまく制限しようとしたのかもしれません。

これがそのまま先行事例として鉄道模型に持ち込まれてしまったのではないかと思います。

気になるのは、鉄道模型製造業が一躍興隆したアメリカ軍進駐から米国輸出が盛んだった時代、特にシェイギヤードなどのロコのジョイントの構造はどんな感じだったのでしょう。気になるところです。

と、ここでふと思い当たって、バックマンのNスケールの4-4-0はモーターをテンダーに積んでユニバーサルジョイントで動輪を駆動する構造だったのを思い出し、引っ張り出して確かめてみることにしました。

結果はご覧の通り、ちゃんと平行になってます。バックマン偉い! 

Img_5060 Img_5068

ちなみにKATOのNスケール車両のユニバーサルジョイントの接ぎ手は十文字になってますのでご心配なく……って、この場合は厳密に言えば余計に問題じゃないのかなと思いますが、まああんだけちっこければ誤差の範囲、ガタの範囲なんで関係ないのでしょう。しかし設計者はそういうことまで考えてつくっているのかな?

まあ、私レベルではとにかくそれなりにスムーズに動きゃいいんでじつのところはあまり気にしてはいないというのが本音だったりします^^;


2018年2月 2日 (金)

40数年前のライケン復活

40数年前に大枚はたいて買い求め、少しずつ使ってはいましたが、ここ十数年ほったらかしになっていたライケンをとりだしたら、ビニル袋の中でぺっちゃんこになってしかもなんかネトネトした感じにちいさく固まってしまっていました。

うーむ……やっぱりライケンって生物だから劣化しちゃうのかなあ、と諦めかけましたが、このライケンをつかったモジュールはすでに二十年近く経ってもなんともないし、これはきっと密封しておしつぶされちゃってるだけなんじゃないだろうか?少しは腐ってしまった部分もあるかもしれんけれど、なんとなく大丈夫そうな気がする。

ということで、植物標本の細部を観察するときに戻すように、お湯を使って慎重に洗浄、仕上げに保湿剤を少し加えて軽く絞り、新聞紙の上に広げて乾かしたら……ごらんのとおりふわふわに復活!

実はすでにあたらしいライケンをネット注文してしまった後だったのですが、せっかく復活したので先にこちらを使おうと思います。

Img_4968

追記;

念のためですが、全量が復活するわけではありません。お湯で洗うと腐った部分が溶けてしまうので、小さくバラバラになったりする部分が出て来ます。また保湿剤が足りないとテングサのようにカラカラに干からびてしまいますので、まあ、コスト&パフォーマンスを考えたら新しく買い求める方がいいかもしれません。
でも、こうやって色々考えて工夫して試すのはとても楽しいことだと思いますよ^^;

2018年2月 1日 (木)

リレーラー比較

めちゃ寒くて工作室に行く気にならないどころか居間で模型を広げるのも大変なので、家にあったリレーラーを引っ張り出してきて比較してみました。

16.5mm用が一本に9mm用が7本。メーカー別種類別でいうと、KATOが三種類、TOMIXが3種類5本。こんな感じです。

Img_4942

左側がKATO、右側がTOMIXです。右上の透明紺色のはミニカーブセットについていたものでカーブで使用できるように折りたたみ式の足がついています。3本同じものがあるので一本にアルミテープを貼り付けて導電リレーラーとしています。こうしておくと動力車を自走させることができるのでレールに乗せるのがとても楽になります。

面白かったのが刻印のバリエーションです。

KATOはすべてmade in japan、TOMIXは一番古いの以外はmade in chinaですね。

Img_4943_2 Img_4944_2

発売された時期もバラバラですが、それにしても長さも勾配も随分と違うのがおもしろいです。

Img_4946


形状や使いやすさはともかく、いろんな機能を兼ねたKATOのリレーラーはなかなかのもので、これがあるとジオラマレイアウト作りなどが随分と楽になります。

Img_4938


実は今回T-trackモジュールをつくろうとあがき始めてまず問題になったのは車両限界。KATOのリレーラーと車両限界ゲージ付きジョイナー外しはどうも誰かにあげてしまったみたいで、ネットにあった図をボール紙で作って確かめてはいたのですが、あらためて再入手。説明書を読んでみたら、事細か親切に使い方等の説明が出てきて感動。これが100円程度で手に入るというのはお得な気がします。

いやはや、こんな優れ物、どうして他のメーカーから発売されないんでしょう?


2017年12月29日 (金)

ライトユニットをつくってみました。

リビングの片隅に置いてあるジオラマセクションですが、あまり部屋の天井の蛍光灯をつけないのでいつも暗がりの中で邪魔物扱い。雑貨置き場になってしまっています。

で、今年最後の工作に材料箱から発掘したLEDテープをつかってライトユニットをつくってみました。構造は写真を見ればわかると思いますので省略。幾つかのユニットを連結するためのコネクタも自作。ジャックつきコードはTOMIXの電動ポイント用を切って使っています。

Img_4591 Img_4592

点灯するとやっぱり明るくていいですね。ぐっとリビングが明るくなりました。ユニット横からの光漏れはカバーをもう少し大きくすると見えなくなると思いますが、これもまた照明の一部としてこのままにしておこうかなと思っています。

Dsi9bt6uiaaur_0 Img_4587

Dsi_fmdvqaacvmo Dsi_6fjuiae7r0rjpg_large

Img_4593


2017年12月15日 (金)

レール磨き

レールはサンドペーパーなどで磨くと傷がつくのでかえってよくない、とはいうものの、ひどい汚れや錆はこすり落とすのが一番です。

ということで、手作業で豪快にペーパーをかけるためのブロックをつくってみました。

Nゲージ用収納箱のウレタンを適当に切って両面テープで#600のフィニッシングペーパーを貼り付けるだけです。クッションがちょうどいい感じなので、気持ちよくレール磨きができます。クリーニング液をつけて磨きときどきティッシュペーパーでペーパー面を拭くと目詰まりしないで済みます。

Img_4352 Img_4354

最近はスポンジ状のペーパーが売られているのでそっちをそのまま使ってもいいとおもいます。

2017年11月14日 (火)

イコライザ機構は興味深いけど

dda40xさんのブログの記事、『「天秤棒イコライザ」に関する考察』を興味深く読んでますが、うーん、構造に凝りだすとキリがないなあ、と感心しつつも当惑状態なのであります^^;

実際のところ、HOレベル以下の小さな模型では、超スローでしかもクローズアップでの実感的な走り?を求めるとかそういうのでない限り、ヨーロッパ製品のような、かなりの横動とガタのある?固定軸ハイフランジ(といっても昔のトイトレインほどではない)というのが実用上最善の選択のように思えるんですよね。

自作のHOe車両にもロンビックや3点支持など組み込んで面白がってはいますが、その効果ってよく判らない。集電が良くなる、と言ったところで車輪やレールの汚れの方がうんと影響が大きいし、牽引力だって全軸駆動かどうかとウェイトまたはゴムタイヤによる車輪の摩擦力が実感的に一番の要素のように見えます。

Oスケール以上になると、質量も大きくなるからかなり違うのだとは思いますが、LGBなどのでっかくて重い模型でも走らせて遊ぶには実質的に固定軸で全然問題ないわけで、そうなってくると何が何だか……

やっぱりこだわりなのかな、という気がします。そういうこと言ってるからいつまでたっても子供のおもちゃで遊んでるって言われるのかもしれませんけど、それはおいといて、やっぱりイコライザ談義には興味を惹かれるし、こんな複雑なことを考えて模型を製作してるんだなあ、と感動してしまうことしきり。これも趣味の楽しみ方の一つなんですね。

しかし、タイトルになってる「天秤棒イコライザ」、実質的には「バネ式等角捻り」機構は、記事の中に書いてあるように「ボルスタ下にコイルバネが入ったボギー車と同じ」(2軸車でも同じような構造は可能ですね)なわけで、なんでこんな面倒で理屈がわかりにくい機構を考えなきゃならんかったんだ、という気が……

身も蓋もない話ですが、期待する効果だけを問題にするのなら、特に大きなスケールなら軸受けをスプリングで懸架すればそれで済むようにも思います。あ、それがたいへんだからイコライザーにしたのかな?それでかつ緩衝効果を期待してトーションバーを入れたという考え方なんだろうか?

記事をみながらそんなこんなを考えていると、とってもたのしいのですが、自分が作るときはそんなこと関係なく一番楽な固定軸かよくて3点支持で作ってしまうことになるように思います。ま、構造をいろいろ考えるのも楽しみの一つ、実際に問題なく走る模型を作るのも楽しみの一つとわりきって模型工作を楽しもうと思います。

2017年11月 6日 (月)

LED照明内蔵 折りたたみ 撮影ボックス

いままでくらーい食卓テーブルのランプの下で、手持ちでコンパクトデジカメ撮影していたので、ピントの合わない影のできた写真ばかりしか撮れてませんでしたので、ためしにとLED照明内蔵 折りたたみ 撮影ボックス 【AG Logistics】買ってみました。

つい最近まで2千円くらいしていたと思うのですが、先日アマゾンを検索したらなんと541円だったので迷わずぽちりました。

こんなのです。

22センチ角なのでちっこい模型しか撮影できませんが、天井の前方向に5VのUSB電源で点灯する明るいLEDライトが付いているし、バック用のシートも白黒二種類付いているのでそれなりに使えそうです。

これでなんとかコンパクトデジカメの限界F16までしぼっても手持ち撮影可能かな?ということでやってみました。まあなんとかなりますが、やっぱりちょっとせせこましいしレフ版なんかも使用したほうが綺麗に撮れるのかもしれません。

Img_3999 Img_3997

Img_4036 Img_4038


より以前の記事一覧