2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Tools & Tips

2018年2月13日 (火)

ユニバーサルジョイントの位相

随分以前にちょっと話題になっていたユニバーサルジョイントの位相ですが、なんで90度ずれたのが普及しちゃったんだろうなあ、と考えていてあることに思い当たりました。

その昔、なんだったか忘れましたがおもちゃ製品を分解していてこのずれた位相のプラ製ユニバーサルジョイントを見つけてふーんと思ったことがありました。

趣味レベルでも機械工学の知識があればまず間違わないだろうし、知識がない場合は実物機械や参考書の例を意味を理解しないままにデッドコピーするのが普通だろうと思うので、最初に90度位相をずれさせた(間違えた?)のはなにかしら設計者製作者に意図的なものがあったのではないかと想像しました。

おもちゃに使われていたものは結構乱暴なつくりの可動範囲の大きなジョイントだったので位相が合っている場合、大きく曲がった時にカップの断面に開いた溝にシャフトが食い込む可能性があるのを嫌ったのかもしれません。

カップの溝が断面に開かないように長穴にするとかシャフトの太さ等をうまく設計すればそういう問題は起こらないように思いますが、そういうコストのかかることは避けたでしょうし、もともとギクシャクした動きのおもちゃに厳密な等速の伝導なんて意味ないですから90度ずらせてシャフトの動きをうまく制限しようとしたのかもしれません。

これがそのまま先行事例として鉄道模型に持ち込まれてしまったのではないかと思います。

気になるのは、鉄道模型製造業が一躍興隆したアメリカ軍進駐から米国輸出が盛んだった時代、特にシェイギヤードなどのロコのジョイントの構造はどんな感じだったのでしょう。気になるところです。

と、ここでふと思い当たって、バックマンのNスケールの4-4-0はモーターをテンダーに積んでユニバーサルジョイントで動輪を駆動する構造だったのを思い出し、引っ張り出して確かめてみることにしました。

結果はご覧の通り、ちゃんと平行になってます。バックマン偉い! 

Img_5060 Img_5068

ちなみにKATOのNスケール車両のユニバーサルジョイントの接ぎ手は十文字になってますのでご心配なく……って、この場合は厳密に言えば余計に問題じゃないのかなと思いますが、まああんだけちっこければ誤差の範囲、ガタの範囲なんで関係ないのでしょう。しかし設計者はそういうことまで考えてつくっているのかな?

まあ、私レベルではとにかくそれなりにスムーズに動きゃいいんでじつのところはあまり気にしてはいないというのが本音だったりします^^;


2018年2月 2日 (金)

40数年前のライケン復活

40数年前に大枚はたいて買い求め、少しずつ使ってはいましたが、ここ十数年ほったらかしになっていたライケンをとりだしたら、ビニル袋の中でぺっちゃんこになってしかもなんかネトネトした感じにちいさく固まってしまっていました。

うーむ……やっぱりライケンって生物だから劣化しちゃうのかなあ、と諦めかけましたが、このライケンをつかったモジュールはすでに二十年近く経ってもなんともないし、これはきっと密封しておしつぶされちゃってるだけなんじゃないだろうか?少しは腐ってしまった部分もあるかもしれんけれど、なんとなく大丈夫そうな気がする。

ということで、植物標本の細部を観察するときに戻すように、お湯を使って慎重に洗浄、仕上げに保湿剤を少し加えて軽く絞り、新聞紙の上に広げて乾かしたら……ごらんのとおりふわふわに復活!

実はすでにあたらしいライケンをネット注文してしまった後だったのですが、せっかく復活したので先にこちらを使おうと思います。

Img_4968

追記;

念のためですが、全量が復活するわけではありません。お湯で洗うと腐った部分が溶けてしまうので、小さくバラバラになったりする部分が出て来ます。また保湿剤が足りないとテングサのようにカラカラに干からびてしまいますので、まあ、コスト&パフォーマンスを考えたら新しく買い求める方がいいかもしれません。
でも、こうやって色々考えて工夫して試すのはとても楽しいことだと思いますよ^^;

2018年2月 1日 (木)

リレーラー比較

めちゃ寒くて工作室に行く気にならないどころか居間で模型を広げるのも大変なので、家にあったリレーラーを引っ張り出してきて比較してみました。

16.5mm用が一本に9mm用が7本。メーカー別種類別でいうと、KATOが三種類、TOMIXが3種類5本。こんな感じです。

Img_4942

左側がKATO、右側がTOMIXです。右上の透明紺色のはミニカーブセットについていたものでカーブで使用できるように折りたたみ式の足がついています。3本同じものがあるので一本にアルミテープを貼り付けて導電リレーラーとしています。こうしておくと動力車を自走させることができるのでレールに乗せるのがとても楽になります。

面白かったのが刻印のバリエーションです。

KATOはすべてmade in japan、TOMIXは一番古いの以外はmade in chinaですね。

Img_4943_2 Img_4944_2

発売された時期もバラバラですが、それにしても長さも勾配も随分と違うのがおもしろいです。

Img_4946


形状や使いやすさはともかく、いろんな機能を兼ねたKATOのリレーラーはなかなかのもので、これがあるとジオラマレイアウト作りなどが随分と楽になります。

Img_4938


実は今回T-trackモジュールをつくろうとあがき始めてまず問題になったのは車両限界。KATOのリレーラーと車両限界ゲージ付きジョイナー外しはどうも誰かにあげてしまったみたいで、ネットにあった図をボール紙で作って確かめてはいたのですが、あらためて再入手。説明書を読んでみたら、事細か親切に使い方等の説明が出てきて感動。これが100円程度で手に入るというのはお得な気がします。

いやはや、こんな優れ物、どうして他のメーカーから発売されないんでしょう?


2017年12月29日 (金)

ライトユニットをつくってみました。

リビングの片隅に置いてあるジオラマセクションですが、あまり部屋の天井の蛍光灯をつけないのでいつも暗がりの中で邪魔物扱い。雑貨置き場になってしまっています。

で、今年最後の工作に材料箱から発掘したLEDテープをつかってライトユニットをつくってみました。構造は写真を見ればわかると思いますので省略。幾つかのユニットを連結するためのコネクタも自作。ジャックつきコードはTOMIXの電動ポイント用を切って使っています。

Img_4591 Img_4592

点灯するとやっぱり明るくていいですね。ぐっとリビングが明るくなりました。ユニット横からの光漏れはカバーをもう少し大きくすると見えなくなると思いますが、これもまた照明の一部としてこのままにしておこうかなと思っています。

Dsi9bt6uiaaur_0 Img_4587

Dsi_fmdvqaacvmo Dsi_6fjuiae7r0rjpg_large

Img_4593


2017年12月15日 (金)

レール磨き

レールはサンドペーパーなどで磨くと傷がつくのでかえってよくない、とはいうものの、ひどい汚れや錆はこすり落とすのが一番です。

ということで、手作業で豪快にペーパーをかけるためのブロックをつくってみました。

Nゲージ用収納箱のウレタンを適当に切って両面テープで#600のフィニッシングペーパーを貼り付けるだけです。クッションがちょうどいい感じなので、気持ちよくレール磨きができます。クリーニング液をつけて磨きときどきティッシュペーパーでペーパー面を拭くと目詰まりしないで済みます。

Img_4352 Img_4354

最近はスポンジ状のペーパーが売られているのでそっちをそのまま使ってもいいとおもいます。

2017年11月14日 (火)

イコライザ機構は興味深いけど

dda40xさんのブログの記事、『「天秤棒イコライザ」に関する考察』を興味深く読んでますが、うーん、構造に凝りだすとキリがないなあ、と感心しつつも当惑状態なのであります^^;

実際のところ、HOレベル以下の小さな模型では、超スローでしかもクローズアップでの実感的な走り?を求めるとかそういうのでない限り、ヨーロッパ製品のような、かなりの横動とガタのある?固定軸ハイフランジ(といっても昔のトイトレインほどではない)というのが実用上最善の選択のように思えるんですよね。

自作のHOe車両にもロンビックや3点支持など組み込んで面白がってはいますが、その効果ってよく判らない。集電が良くなる、と言ったところで車輪やレールの汚れの方がうんと影響が大きいし、牽引力だって全軸駆動かどうかとウェイトまたはゴムタイヤによる車輪の摩擦力が実感的に一番の要素のように見えます。

Oスケール以上になると、質量も大きくなるからかなり違うのだとは思いますが、LGBなどのでっかくて重い模型でも走らせて遊ぶには実質的に固定軸で全然問題ないわけで、そうなってくると何が何だか……

やっぱりこだわりなのかな、という気がします。そういうこと言ってるからいつまでたっても子供のおもちゃで遊んでるって言われるのかもしれませんけど、それはおいといて、やっぱりイコライザ談義には興味を惹かれるし、こんな複雑なことを考えて模型を製作してるんだなあ、と感動してしまうことしきり。これも趣味の楽しみ方の一つなんですね。

しかし、タイトルになってる「天秤棒イコライザ」、実質的には「バネ式等角捻り」機構は、記事の中に書いてあるように「ボルスタ下にコイルバネが入ったボギー車と同じ」(2軸車でも同じような構造は可能ですね)なわけで、なんでこんな面倒で理屈がわかりにくい機構を考えなきゃならんかったんだ、という気が……

身も蓋もない話ですが、期待する効果だけを問題にするのなら、特に大きなスケールなら軸受けをスプリングで懸架すればそれで済むようにも思います。あ、それがたいへんだからイコライザーにしたのかな?それでかつ緩衝効果を期待してトーションバーを入れたという考え方なんだろうか?

記事をみながらそんなこんなを考えていると、とってもたのしいのですが、自分が作るときはそんなこと関係なく一番楽な固定軸かよくて3点支持で作ってしまうことになるように思います。ま、構造をいろいろ考えるのも楽しみの一つ、実際に問題なく走る模型を作るのも楽しみの一つとわりきって模型工作を楽しもうと思います。

2017年11月 6日 (月)

LED照明内蔵 折りたたみ 撮影ボックス

いままでくらーい食卓テーブルのランプの下で、手持ちでコンパクトデジカメ撮影していたので、ピントの合わない影のできた写真ばかりしか撮れてませんでしたので、ためしにとLED照明内蔵 折りたたみ 撮影ボックス 【AG Logistics】買ってみました。

つい最近まで2千円くらいしていたと思うのですが、先日アマゾンを検索したらなんと541円だったので迷わずぽちりました。

こんなのです。

22センチ角なのでちっこい模型しか撮影できませんが、天井の前方向に5VのUSB電源で点灯する明るいLEDライトが付いているし、バック用のシートも白黒二種類付いているのでそれなりに使えそうです。

これでなんとかコンパクトデジカメの限界F16までしぼっても手持ち撮影可能かな?ということでやってみました。まあなんとかなりますが、やっぱりちょっとせせこましいしレフ版なんかも使用したほうが綺麗に撮れるのかもしれません。

Img_3999 Img_3997

Img_4036 Img_4038


2017年7月15日 (土)

wifiカメラ搭載のHO自走車両 (プラレール ダブルカメラ イエロードクター改造)

巷では、車両に乗せてwifi接続でスマホで見たり録画できるおもちゃ用のカメラが流行りのようです。

みなさんが注目しているのは、「コミカム」という製品ですね。これは6千5百円くらい。充電池式で、Nゲージでも使えそうな大きさですね。

私が目をつけたのは、プラレールの「ダブルカメラドクターイエロー」。こっちはプラレールの車両に組み込んであるので、使うには加工が必要ですが、正面と左横の2つのカメラが切り替えで使えて、アプリに昼夜や天候の変化なども演出できます。おまけに前進2段階速度、停止、後進、のスロットルレバーも付いていて、スマホから運転ができます。

こちらの価格は、1万3千円くらいするのですが、アマゾンで検索したら、ただいまなんと5千2百五十円!

ということで、迷わず?こちらに決定。こいつを改造することにしました。プラレールの車幅は35mmくらいなので、そのままHOゲージに使えますし、うちの工作室の窓下壁際にぐるっと敷いてある9mmゲージの車両限界は40mmあるので、中身だけ取り出してNゲージのフラットカーに乗せればそこでも楽しめそう、という判断です。

Img_2300

で……早速注文して、届いてからハッと気がついたのですが、これって、スマホがないと使えないんですよね。

私は未だにガラケー。タブレットも持ってないし……

ということで、うーん、とうなってから、ほんと、このためだけ?に、なんと iPadを購入! 我ながら何をかんがえているんでしょうね^^;

で、まあ、話はともかくとして、ドクターイエローを分解してみると、こんな感じです。中の部品はかなりぎっしり詰まっていて動力の形状に合わせて床板もひん曲がってたりして、加工に苦労しそうな予感です。

Img_2316

電池は単3が4本です。調べてみたらこの手のデバイスの常でやはり作動電圧は5Vでした。動力への出力にダイオードを2個挟んであるところを見ると、モーターは3Vのようです。うーん、これでは12Vのモーターは動かせないので、スマホからの運転は諦めざるをえませんね。まあ、3Vモーターで動力を作るという手もありそうなので、それも後ほど考えることにして、今回は安易にパワトラ動力で動かすことに決めます。

先頭車の動力を取り除くと、かなり空間ができたので、ここに単4電池ケースを収めることにして、改造着手。シャーシを切り刻み、プラ板でフラットな床板を新製。スイッチをつけて、部品箱にあったパワトラと中学生の頃にキハ82を作ろうとして挫折した名残の台車を引っ張り出してきて取り付け、なんとか格好をつけました。パワトラの軸距が長いのはご愛嬌です^^;

Img_2322 Img_2323

これで、自走するダブルカメラ搭載のドクターイエロー先頭車が完成!うん、まあまあ満足かな?

iPadでちゃんと稼動するか確認して……早速試してみたいところですが、気力と体力が尽きたのと、線路を用意していないので、試走はまたあとで、ということにしました。

Nゲージ用には、基盤の部分を取り外し、電池はボタン電池を使ってコンパクトなボギーカーの上に設置し、後ろから機関車で押すようにしようと考えています。

2017.7.16 追記:

ところで、これ、DCCで走らせることを全然考えてなかったけど、参加同好会?のレイアウトはDCCとアナログの路線が1本ずつ。どちらでも走らせられるようにするには……パワトラのDCC化ですね。

幸いパーツボックスにはデコーダがいくつか余ってたはず。はて、どうしてくれましょう?^^;


2017.7.17 追記:

ということで、祝日の工作として、パワトラのDCC化です。外側に折り返し集電板のラグと、モーターからの端子にデコーダーのリード線を半田付け、でおしまいです。

Img_2332

デコーダー本体は車体内に設置せざるをえないので、リード線がパワトラの動きを邪魔しますが、まあHOだし、そんなに影響無いでしょう。

これで一応動くようになったはずですが、まー試運転はまたそのうちに、ということにします。

あー、祝日があと10時間で終わってしまう……先週の何倍もの威力で恐怖の火曜日がやってくる……うー、どっかにお守りがあったはず……肌身離さず持つことにするのだ。

2017年7月12日 (水)

amazonで手に入るジオラマ用樹木のタッチアップ

amazonのサイトで「樹木 ジオラマ 鉄道模型」などのキーワードで検索すると、ジオラマ用樹木がたくさんヒットします。Nゲージ用の小さめのものが多いのでよく大きさを確かめることが必要ですが、種類も豊富でなにより安価な完成品が手に入ります。良い時代になったものです。

わたしも試しに、とHOスケールに使えそうな大きさから極小までミックスになった製品(27pcs 模型用 樹木 建築鉄道電車模型 木 3-16 cm 緑 480円)というのを手に入れてみました。

Img_2201 61e5w2ye3l_sl1024_

しばらくして届いた製品はシールパックにぎゅうぎゅうに詰め込まれて封筒に入れられていましたが、そんなにひしゃげてもおらず、この値段としてはすごく良くできた製品だと思います。葉の色もあまり不自然ではないし、枝や幹がプラのままなのでツヤがあるのと、この種の製品の特徴として金型の関係から枝の配置が縦方向に揃ってしまうのがめだつというくらいでしょうか。お手軽に遠景用として使うのならほとんど問題ないと思います。

でも、お立ち台などでクローズアップを楽しむ場合は、ちょっと手をいれたくなります。ということでやってみました。

まずは、ぼってりとついたスポンジの葉を手でこすって半分くらいに落とします。次にプライヤーで枝をひねって水平に広がるように曲げます。ひねってから潰すようにすると上手くいきます。このときいっしょにニッパーで剪定して好ましい形に樹形を整えます。それから枝先にボンドを筆塗りしてさっき落としたスポンジの葉をもう一度ふりかけて乾燥待ち。

Img_2200 Img_2198

乾いたら薄めたマットメディウムをスプレーして葉の色より少し鮮やかな色のターフを上からふりかけて出来上がりです。マットメディウムで枝や幹のツヤも消えるので一石二鳥ですが、樹皮の色が気になるときはアクリル塗料などで塗るといいでしょう。

Img_2204 Img_2206

というわけで、まあ、すごく実感的とは言えませんが、それなりに見栄えのする樹木が手軽な加工で安価に手に入りますので、なかなか素材として重宝するアイテムではないかと思います。

注;

発泡スチロールに挿してあるのは左が加工前、右が加工後。

灯台と葉のない樹木の写真は、日本製のプラ樹木キット?(JAMなどで袋入りで売られていたもの)を加工した作例。こちらの方が枝ぶりが繊細なのでより実感的になります。

  

2017年6月 3日 (土)

CUT LUBE代用品をつくってみました。

今野さんのブログで、CUT LUBEなる糸鋸用の潤滑剤が話題になっていたので、ちょっと興味を惹かれました。なんでも彫金の世界ではポピュラーな潤滑剤とのこと。

糸鋸を使う前にローソクをひと撫でしてから切り始めると引っかかったりしないというのはよく知られています。私もずっとその方法をつかっていて不自由はないのですが、たまに刃の通りが渋くなることがあってローソクをこすりつけたり、ロウとキリコが固まって切り口に粘りついたりすることもあるので、もっと使いよいというのなら試してみたいと思いましたが、手に入れるのが面倒そうなので、ちょっと思いついた材料で実験してみることにしました。

CUT LUBEは粉っぽい材質でサラサラしていてキリコが詰まらない、ということなので、ひょっとして、と考えてタルカムパウダーを振りかけて糸鋸を使ってみたら、なんとなく滑りがよくなったような錯覚?

というわけで、ローソクを溶かしてタルカムパウダーを混ぜ込んで固めたものを試してみました。パラフィンとタルカムパウダーの比率は1:1です。

Img_2110 Img_2111

さっそくこの塊を糸鋸の歯にこすりつけ、真鍮板の切れ端を切ってみたら、確かにワックスがキリコと一緒に切り口にたまることもなくサラサラと落ちてくれます。こころなしか滑りもローソクだけの時に比べてコロコロ滑るような感じがして、まあ気のせいかもしれませんがなかなか気分がいいので、やってみる価値はあったかな?という感じです。

より以前の記事一覧