2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Gn15

2014年8月12日 (火)

ミニチュア傘はむずかしい

嫁さんが、こんなものを出してきました。

Img_3988

仕出しお弁当かなにかについていた、飾り爪楊枝?の様ですが、ちゃんと開いたり閉じたり出来るスグレものです。

妙に気に入ったので、じぶんでもつくってみようと思い立ち……貴重な夏休みの、ほんとうにまる一日をつぶして、やっとここまで出来ました。

Img_3982 Img_3989

いやはや、すごく難しいですね。もう一回つくるときはもうすこし要領もよくなって、上手にできそうですが、まあ、今回は、必要充分以上にたのしめてしまって、喜んでいいのか情けないのか、まあ、頭痛まぎらわせの手慰みにはなりました。

しかしなんも創造的なことをやってないし、片付けも進まないし、こまったものです。


2010年10月17日 (日)

4年ぶりに手をつけました

ほぼ4年間、ずーっとほったらかしにしていたGn15のマイクロパイクと機関車ですが、やっと重い重い腰をあげて塗装をしてみました。

Img_0100

ずっと使ってなかったアサヒペンのプライマー缶スプレーを吹いたら、気泡が出来てしまって往生しました。シンナーどぼんはめんどうだったので、ペーパーで擦り落としてそこだけ再度ふきつけといういい加減な処理ですが、まあ、ナローですからね。塗装の荒れ傷みも愛嬌のうちという事にしました。

先ず全体に黒を吹いて、その上に色を塗り重ねています。塗料はアクリルガッシュです。こんなに濃く塗り重ねたら下地を黒に下意味がないという意見もあるかと思いますが、それでも真鍮色の下地に塗装するのとは明らかに質感が変わるのが面白いところです。

Img_0102

人形はLGB からリクルートした退役軍人?です。もちろんポーズを少し変えさせてもらっています。これもアクリルガッシュの筆塗りです。

余談ですが、LGBって、一般的には、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルの略語なんだだそうです。もちろん、退役軍人のリクルート先はレーマン・グロス・バーンですのでおまちがえなく。

排気管やキャブインテリアへの色差しはまだです。全体の色が塗り終わったら、気力失せました =^・^= 

それにライティング用の接点がとれてしまって点灯もしなくなったので、これも修理しないといけないし。まだまだ先は長そうです。完成まであと何年かかるのでしょうね? そういや、スリムプリンセスなんて、もう10年以上ほったらかしになってるなあ・・・

2008年10月25日 (土)

フィットネス・ガール・レイルカー!

先週から腰痛が酷く、この週末もまともな模型工作ができないというか、気力も起きてきません。

これではいかん、ここはひとつ元気をだしたい、と自慢の迷作「フィットネス・ガール・レイルカー」を、折りたたみマイクロ運転盤の上で走らせてみました。

じつはこれ、普段はGゲージ用の車輪を履かせているのですけれど、ちゃんと16.5mmバージョンの下回りもこさえてあって、ごらんのとおり、レオタード姿のオネーサンが一生懸命ペダルをこいで、レイルカーを走らせてくれます。

みていると、ま、なんとなく、元気になったような、ならないような、なりそうな、なってほしいなと、じぶんでじぶんをはげますじぶんがありました(^^;;;

それでは、The fitness girl goes on the railcar! をどうぞ(^^;;;

2007年9月23日 (日)

急に線路が敷きたくなりました。(8)

ここまで出来ました。

Img_0036_2

Img_0033_2

Img_0034

Img_0035

Gn15のBBSで焚き付けられて、ついつい老眼を顧みず、がんばってしまいました。
キャブディテールはもちろん適当にそれらしくでっち上げたものです。
エグゾーストパイプを立て、カプラーはとりあえずループ部分だけを取り付けてあります。
さて、どんな色に塗ろうか、思案中です。
BBSでのコメントを全部採用したら、ベネトンのパッチワークカラーになってしまいそうです。

2007年9月19日 (水)

急に線路が敷きたくなりました。(7)

ここまで出来ました。
調子良く走ります。
ランプはダイオードを使いましたが、電球の方が良かったかも。
カプラーと運転席のディテールはまだまだ先になりそうです。

Img_0026

Img_0027

2007年9月12日 (水)

急に線路が敷きたくなりました。(6)

Img_0023

下回りが出来ました。
プラシートの工作です。
軸受けにエコー製のホワイトメタルパーツを使っています。

2007年9月10日 (月)

急に線路が敷きたくなりました。(5)

このちいさなレイアウトでは、On30の機関車でも単独で走らせるのが精一杯です。側線の長さも異常に短いのでトレーラーを止めて入れ替えを行うなんて事は問題外。S字カーブのせいでカプラーの食い違いが大きく、トレーラーを牽かせてエンドレスを走らせることさえできません。
ましてやG15の機関車に貨車を引かせてなんてのはとてもとても。
ということで、このレイアウト専用の特別製車両を作ることにしました。
図は全長を出来るだけ押さえてデフォルメしたディーゼルロコです。
26mmホイールベースのパワートラックを使うことにしてスケッチしてみました。

Img_0018

トレーラーはアーチバー台車にぎりぎりの長さの上回りをかぶせることにします。
カプラーはピン&リンクでもいいのですが、どうせなら自動連結がしたいので、LGB方式のカプラーを自作して装着することを考えています。

2007年9月 8日 (土)

急に線路が敷きたくなりました。(4)

Img_0009

ベニヤ板ベースの補強とかさ上げを兼ねて、配線やスイッチなどが下面に出っ張る部分と地形を彫り込んだ発泡スチロール板に、木工用ボンドで貼り付けました。最下面にもベニヤ板を貼り付けて、サンドイッチ状にしました。乾くまで、重しをかけて水平な場所に置いておきます。
くぼみの部分には、角材で簡易な木橋をかけました。
側線側は変化をつけるため、小石を積んで石垣を表現します。
ベニヤ板との継ぎ目は紙粘土でならし、地面になる部分は細かな皺を表現するためにティシュペーパーを貼付けました。

2007年9月 2日 (日)

急に線路が敷きたくなりました。(3)

スタッブスイッチの可動部分は、別に切り出したレールの裏面に0.8φの真鍮線を立てて軸にします。プラ板から作った枕木とスライドバーに軸受けの孔をあけ、可動レールを差し込み、回転軸は裏面からスプリングを挟んで固定します。

Dscn2748

Dscn2742

切り替えレバーはスナップスイッチを使い、フログ部分の通電を兼ねました。

Ts290082

Dscn2744

それにしても汚い配線ですが、とにかくこれでも問題ないので良しとします。
右前部分に電源入力用のピンジャックを配置しています。
このあと、カッティングディスクをつけたモーターツールでPC枕木の中央を削り取り左右のレールを絶縁します。
通電し、動力車を試走して問題がないか確かめて、線路敷設完了です。

Ts2900831

2007年9月 1日 (土)

急に線路が敷きたくなりました。(2)

ボール紙に描いたプランのうえに、枕木の幅に切り出した電子基板を両面テープで貼り付け、ここに整形したレールをハンダづけしていきます。この時点ではスタッブスイッチの可動部分は無視します。

Dscn2739

ボール紙で簡単なジグを使ってゲージを確かめながらハンダ付けしましたが、これが大失敗でした。ハンダ付けし終わって台車を通したら、特にポイントのフログ部分で脱線の連続。結局何度もはんだごてを当てなおしてレールの位置を修正したり、ヤスリで削って当たりを取ったりさんざんな目にあいました。どんな簡単な作業でも、しっかりしたジグを作って作業すべきですね。
すべてのレールがハンダ付けされて形が整ったらボール紙からはがして、ギャップとスタッブスイッチの可動部分を切り取り、レール裏にフィーダー用のコードをハンダ付けします。
こうしてできあがった線路のブロックを、2.7mmベニヤにゴム系接着剤で貼り付けました。ベニヤ板は古い家具の裏板を取り外したものなので、なにやら壁紙の様なものが貼られています。

Dscn2743

より以前の記事一覧