2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Gn15

2019年7月 4日 (木)

エアライブスチーム?ロコモティブ

アイスキャンディの棒とプラ板などでてきとーにつくった台車に折箱の蓋の薄板を巻き付けたボイラーを乗せ、この間からつくっていた小物パーツを取り付けて仮組みしてみました。

なんとなく帆船模型のノリですね。

ラフスケッチ一枚描いただけのすべて目分量現物合わせのいいかげんなてきとー工作なんで、時間がかかって仕方が、もとい、じっくりと楽しんでます。

9beecbfba1c74e0fbbfc95923f1e9389

ボイラーの中にエアポンプが入っています。

プーリーとミニスチームエンジンをまあこんなもんかいなーという感じで仮組みして、なんとか無事稼働に成功! でもエンジンのシャフトが短くてプーリーの位置がずれているのでつくり直さなければなりません。プーリーの直径が少し太くなりますがそれでもちゃんと動くか心配。困ったな。

まあなんとかなるでしょう。

3439a79ce80d41218164bd449f08ad2f

まだ手摺り柵とか端梁のカプラーとかディテールいっぱいあるし、つくるの面倒だなー。手摺り用にてきとーな太さの真鍮線がないので買いに行かなきゃなりません。それまでしばらく放置プレイになりそうです。

2019年6月29日 (土)

あんちょこ小物づくりはたのしい

ひさしぶりにGn15の機関車などつくってみようかなと思い立って、まずはディテールパーツからと工作を始めました。

もちろんプロトタイプなど影も形もないまったくのフリースタイルやりたい放題のデザインです。でも実物化した時にそのディテールで実際にエンジンが稼働し運転できるそれらしい部品や機構をしっかり考えることにしました。この過程がまた楽しいのです。

ということで、好みのデザインにパーツをスケッチし、パーツ箱やジャンク箱、素材箱をひっくり返せば、大抵つくりたいと思うデザインにちょうどよく間に合う部品や素材がふんだんにみつかるこの幸せ。いったいなんぼほどゴミ屑を溜め込んでいるんでしょうね^^;

それはともかく、久しぶりに糸鋸ヤスリ半田ごてを引っ張り出してぼちぼちと3日間くらいかかってつくったのは、汽笛、安全弁、各種バルブハンドル、ブレーキハンドルユニット、水面計、火室扉、ポンプ2種類、燃料タンク、吸水口、軸受けステイそして煙突と圧力計。まあてきとーなあんちょこ簡単工作ですが、出来てみるとなかなかもっともらしくて気に入っています。

1b7cdaf6108c48a69269d2ade92a9f9f B1cf3a86e64f4525bb5f90fd3455244e 662df0f88ef04edd9fdf8422ac73ba96 17378b5b3c79436b83064b78d6ba47c7 94cd813a6441495d8a14b0b53e6f01f8

煙突と圧力計は、最初なんとか使えるパーツやジャンク部品がないかと悪あがきしたのですが、どうにもならず、頑張って挽いてみました。あんまりうまくいかなくて失敗したところが目立ちますが、つくり直す気力もないのでこのまま行くことにします。

あとは台車を完成して組み付けながら手すり柵その他のディテールを現物あわせでつくらなければなりません。

 

2019年1月20日 (日)

Gn15自走荷物運搬台車いちおう完成

椅子に背もたれをつけ、手すりをつけ、なんとなくスロットルとブレーキのレバーをつけ、椅子の後ろに燃料タンクらしきものをつけて、いちおう完成としました。

Img_0315_2 Img_0316_4

人形があると、つい遊んでみたくなります。

9b10b0c8f2f04f0297de6307f8d678e9

いつも通り箱入りにしました。


534b86568f5f4b35836f379d0977d4fb


2019年1月18日 (金)

自走16.5mm動力台車2段ウオーム化

自走16.5mm動力台車がどうにもスローが効かなすぎるので、2段ウオームに改造し、ついでにデッキをこさえてGn15自走荷物運搬台車にしてみました。

まずは以前のギヤとモーターをとりはずし、万力に挟んでハンマーでおもいっきりシャフトをぶっ叩き真鍮製ウオームギヤの位置をずらします。例によってパーツボックスからちょうど良いくらいの白ギヤを拾い出し、ピニオンは前回とは反対側、ウオームは新しいモーターに取り付けます。真鍮クズ板をニッパーで切り刻みやっとこで曲げてあんちょこにつくったブラケットにちょうどよく噛み合うくらいにてきとーに見当つけてモーターを接着。この辺でいいかなという位置に穴開けてギヤボックスにねじ止めし、配線をつないでおしまい。簡単な工作ですがやる気が足りないので中断してばかり。随分と時間がかかりました。

 

モーターはどうやらドローン用のものらしく、高速回転で使うのが前提なのでこの程度の減速比ではまだトルク不足のようですが、前よりはうんと良くなりました。

 

5b99cdc588264972b4d53371abdcc494 79c8101b30b74467ac0ad0bb4d4157bd

 

といっても台車だけでは重量が足りず集電も安定しません。で、手慰みに、素材箱に大事に取ってあった使用済み木製マドラーを使っててきとーにGn15の自走荷物運搬台車風のデッキをつくってみました。デッキ裏にウェイトとして鉛シートを敷いてあります。

 

8639252cb9f24fe4b95eaaf67dd8474f

 

 

2018年11月18日 (日)

不二子&次元のインスペクションレイルバイク

コカコーラの景品トイだという次元大介のフィギュアをもらったので、以前につくったカプセルトイ利用の不二子レイルバイクに牽かせるトレーラーにしてみました。

ちょうどいいくらいのNゲージ用車輪を改軌してプラ板でてきとーにつくった台枠にはめ込み、ベンチの脚をてきとーに削って接着して出来上がり。

カラフルなので、編成にすると映えます。不二子が真剣な表情で突っ走らせるバイクに引っ張られながら、のんきにベンチに寝転んでコーラをあおる次元の様子がなかなかヨイです。

最近はこういうのばかりつくっているような気がするなあ……

だいたい1/24くらいだと思います。

Dsp_9ngvsaiflh3jpglarge_2 Dsp_9nauuaablw4jpglarge


2010年10月17日 (日)

4年ぶりに手をつけました

ほぼ4年間、ずーっとほったらかしにしていたGn15のマイクロパイクと機関車ですが、やっと重い重い腰をあげて塗装をしてみました。

Img_0100

ずっと使ってなかったアサヒペンのプライマー缶スプレーを吹いたら、気泡が出来てしまって往生しました。シンナーどぼんはめんどうだったので、ペーパーで擦り落としてそこだけ再度ふきつけといういい加減な処理ですが、まあ、ナローですからね。塗装の荒れ傷みも愛嬌のうちという事にしました。

先ず全体に黒を吹いて、その上に色を塗り重ねています。塗料はアクリルガッシュです。こんなに濃く塗り重ねたら下地を黒に下意味がないという意見もあるかと思いますが、それでも真鍮色の下地に塗装するのとは明らかに質感が変わるのが面白いところです。

Img_0102

人形はLGB からリクルートした退役軍人?です。もちろんポーズを少し変えさせてもらっています。これもアクリルガッシュの筆塗りです。

余談ですが、LGBって、一般的には、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルの略語なんだだそうです。もちろん、退役軍人のリクルート先はレーマン・グロス・バーンですのでおまちがえなく。

排気管やキャブインテリアへの色差しはまだです。全体の色が塗り終わったら、気力失せました =^・^= 

それにライティング用の接点がとれてしまって点灯もしなくなったので、これも修理しないといけないし。まだまだ先は長そうです。完成まであと何年かかるのでしょうね? そういや、スリムプリンセスなんて、もう10年以上ほったらかしになってるなあ・・・

2008年10月25日 (土)

フィットネス・ガール・レイルカー!

先週から腰痛が酷く、この週末もまともな模型工作ができないというか、気力も起きてきません。

これではいかん、ここはひとつ元気をだしたい、と自慢の迷作「フィットネス・ガール・レイルカー」を、折りたたみマイクロ運転盤の上で走らせてみました。

じつはこれ、普段はGゲージ用の車輪を履かせているのですけれど、ちゃんと16.5mmバージョンの下回りもこさえてあって、ごらんのとおり、レオタード姿のオネーサンが一生懸命ペダルをこいで、レイルカーを走らせてくれます。

みていると、ま、なんとなく、元気になったような、ならないような、なりそうな、なってほしいなと、じぶんでじぶんをはげますじぶんがありました(^^;;;

それでは、The fitness girl goes on the railcar! をどうぞ(^^;;;

2007年9月23日 (日)

急に線路が敷きたくなりました。(8)

ここまで出来ました。

Img_0036_2

Img_0033_2

Img_0034

Img_0035

Gn15のBBSで焚き付けられて、ついつい老眼を顧みず、がんばってしまいました。
キャブディテールはもちろん適当にそれらしくでっち上げたものです。
エグゾーストパイプを立て、カプラーはとりあえずループ部分だけを取り付けてあります。
さて、どんな色に塗ろうか、思案中です。
BBSでのコメントを全部採用したら、ベネトンのパッチワークカラーになってしまいそうです。

2007年9月19日 (水)

急に線路が敷きたくなりました。(7)

ここまで出来ました。
調子良く走ります。
ランプはダイオードを使いましたが、電球の方が良かったかも。
カプラーと運転席のディテールはまだまだ先になりそうです。

Img_0026

Img_0027

2007年9月12日 (水)

急に線路が敷きたくなりました。(6)

Img_0023

下回りが出来ました。
プラシートの工作です。
軸受けにエコー製のホワイトメタルパーツを使っています。