2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

G(LGB)

2014年4月29日 (火)

LGB車輛収納兼飾り棚をつくりました。

これまで、LGBの車輛は、裏庭スペースに作った小さなレイアウトに直接出せるように、外壁に取り付けた自作の木製収納庫にしまっていたのですが、それが腐ってきてしまったので、工作室に収納兼飾り棚をつくりました。

ステンレスワイヤで天井から吊る構造にして、取り付けアングルや柱が目立たないようにしています。重量のあるLGBの機関車を置くと、天井が垂れ下がってくるのではないかとちょっと不安でしたが、意外に大丈夫なようです。

地震で転落するのが怖いので、気休めにアクリルの帯板を前面に付けようと思っています。でもまあ、ワイヤが切れたりしたら、もうあきらめるしかありませんね。

Img_3619 Img_3620_2

しかし、こんなにたくさん車輛があったとは、自分でもわかっていませんでした。いつのまに増えたんでしょう?コレクションなどしたつもりは無いのに……まあ、モノ自体が巨大なので量感がすごいだけで、手持ちのHOやHOn30などのコレクション?に比べたらたいした輛数じゃないのですが。

それぞれ少しずつ手が入っています。室内灯をつけたり、MTS(LGBのDCCシステム)用にデコーダを積んだり。サウンドを積んだり……HO用のデコーダをMTSの電圧で焼けないようにするのに電圧降下回路を組み込むのは面倒だったなあ ^^;

Img_3623 Img_3624 Img_3625

古い収納庫は外壁に設置してあったので雨ざらしでしたし、木製だったので、10年近くもたてば、隙間から入り込んだ埃やカビ、入れてあったボール箱などに湧いた虫の糞などで、車輛はかなり汚れていました。コントローラ類も一緒に入れてあったので、ちゃんと作動するかどうか、ちょっと不安です。

ひとつひとつ雑巾で拭きながら、状態をたしかめていると、スティームトラムのゴムタイヤが切れているのを発見。走らせなくても経年変化で劣化してしまうのですね。こういうこともあろうかと、昔々に交換用にゴムタイヤを購入しておいてよかった、と無駄に費用をかけてスペア部品をそろえる悪癖が、ようやっと役に立ったのを喜んでいます。

2011年9月10日 (土)

ラジコンデゴイチ&ラジコン欧州型Gゲージ庭園鉄道模型?

新聞広告に出てました。

Img9070822010001

そういえば、まえにも取り上げたことがあったっけ。

同じものだと思います。

検索してみたら、アマゾンでも【1/40 ビッグスケールラジコン】蒸気機関車D51形498号機(デゴイチ) フルセットという名前で売られていました。

LGBの機関車とそっくりな、【庭園鉄道ラジコン】欧州蒸気機関車(Gゲージ) フルセットもまだ販売されているようです。

どちらもATOMIC(アトミック) という会社の製品ですが、生産国は中国ですね。

最近は由緒正しい本格的な鉄道模型もたいてい中国製ですし、写真から観察する限り、出来もそんなにわるくないんじゃないかと思いますがどうなのでしょう?

客貨車類もLGBよりずっと安価な値段で発売されているようですね。

これって、よくかんがえてみれば、LGBより庭園鉄道に向いているんじゃないかなと思います。レールはプラスチックで配線も集電不良も関係ないし。

たいていの人は、庭園鉄道に憧れて手を出してもすぐに飽きてしまう危険性もあるでしょうし、最初はLGBのスターターセットから始めるよりこっちのほうがいいんじゃないかなと思ったりしました。

それはそうと、うちの裏庭の、すでに風景と化しているLGB稲城線、あれ、いちどぜんぶ線路を引っぺがしてクリーニングして敷き直さないまともに運転できないだろうなあ……

2011年2月14日 (月)

雪の庭園鉄道風景

昨日一昨日と久しぶりに帰宅したら,ちょうど雪!

庭園鉄道の雪景色って、なかなか奇麗です。

ということで、思わずパチリ。

Img_0480 Img_0482

え?走らせなかったのかって?

いや、もう走らせなくなって2年すぎてるもんで、通電状態が最悪……

一度徹底的にジョイナー部分をクリーニング&調整しないと、線路から集電するLGB車輛は走行不能の状態ですが、庭の風景としてたのしむのなら、これで十分。

暗くなってから1時間だけは、センサータイマでライトアップするので、ことさら奇麗な風景が楽しめます。

といっても、所詮裏庭。窓をあけて首をださないと全景が楽しめないのが、少々なさけないですけど(苦笑)

2010年8月15日 (日)

ほとんど廃線跡のような

もう1年半以上走らせていません。

庭の風景の一部として嫁さんにも頼んで、手入れだけはしていたつもりなのですが、一月ぶりに見たら、こんな状態になっていました。

P8140010

梅雨明けから一気に緑が繁茂してしまったみたいです。まるで廃線跡です。これでは、電池式のインスペクションカーも動かせませんね =^・^= 

そのうち、植え込みの手入れをかねて、いちど徹底的にメンテナンスしなければ・・・

レンガも苔が葺き始めています。


2009年12月27日 (日)

Oryza Fortress Garden Railway 籠上仮設線

物置部屋にゴミ屋敷よろしく乱雑に積み上がった段ボールの中からようやっと線路を引っ張り出してきて、2列車を交換しながら運転できるお座敷?レイアウトを敷設しました。

Oryza Fortress Garden Railway 籠上仮設線の開通です。

ダイニングキッチンの床いっぱいに線路を広げたので、お湯を沸かすのにも大変な状態になってしまいました。でも、足下に機関車を走らせてシュシュシュシュポゥオーッ!という音を聞きながら料理したり食事したりできる環境って、なかなか無いのではと悦に入ってます =^・^= 

Th_img_3803

今回はDCCサウンドがあるので、なかなかたのしめる仮設線となりました。でもサウンドはずっとならしっぱなしだとうるさく感じてきます。ですから、ずっと動かし続ける時はサウンドをオフにしてモーターと車輪の音だけを楽しんでいます。

Th_img_3805

2009年12月26日 (土)

クローエにもサウンドを組み込みました

ポーターのサウンド化成功に味をしめて、単身赴任先に持ってきたもう一つの編成、グリズリィ・フラッツRRのクローエにも手をつけました。

こっちはもともとモバイルデコーダが組み込まれている製品ですけれど、かなり小型な機関車なので内部の構造がまるでパズルのようになっていて、どこからサウンドデコーダ用の電源を取ればいいのか悩みます。

というわけで、機関車のシャシの裏蓋をあけて沈思黙考する事しばし・・・なぜか単身赴任先に持ってきた道具箱の中に紛れ込んでいた1ミリ真鍮線を、裏蓋にあけた穴から集電シュー基部に接するようにぶすりと差し込み、ぐいと折り曲げて裏蓋表面を這わせ、火室横を配管に見せかけてキャブ内に導きました。

ついでにどうせならということで、短いホイルベースのため芳しくなかった集電性能も、従輪にブラシを取り付けて改善しています。

Img_3792

あとはポーターと同じように、MTS用の電圧降下回路とDCC用の直結回路を切り替えるスライドスイッチを設置してMRC1665サウンドオンリデコーダをつなぐだけ。小さな機関車なので、スピーカと基板でキャブがいっぱいになってしまいました。

Img_3786

結果は動画の通り。スピード関係のCV値をいじって動輪の動きとチャフ音を同期させ、好みの音を選んでゆっくりゆっくり走らせて楽しんでいます。やっぱりサウンド付きはいいですねえ =^・^= 

2009年12月20日 (日)

LGBポーターにサウンドを組み込みました


うちのLGBポーターはトイトレインシリーズですので、MTS(DCC)化するために小型モバイルデコーダ 55022を組み込んであります。

このデコーダ、どうもバグがあるようでアナログではうまく動きません。普段、室内ではアナログ運転で楽しんでいるので、デコーダをバイパスするスイッチを取り付けてありますが、HO用DCCコントローラPROFI-BOSSを手に入れたので、DCCで動かす機会も多くなりました。

そこで、どうせDCCで走らせるのならサウンドを加えたいと考え、MRCのサウンドオンリデコーダ1665を組み込むことにしました。

がしかし、サウンドオンリデコーダ1665の耐圧は16V。PROFI-BOSSでは問題ありませんが、線路電圧約22VのMTSで運転する場合は焼損してしまいます。

ということで、ダイオードを利用した電圧降下回路を挟むことにしました。電圧降下回路は今回はダイオード20個を空中配線でコンパクトにまとめ約6Vの減圧としています。

Img_3430

ただ、この電圧降下回路を付けたままだと、PROFI-BOSSはじめ通常のHO用DCCコントローラでは電圧が低くなり過ぎてデコーダが機能しなくなります。しかたがないので、電圧降下回路をバイパスするスイッチを取り付け、MTS、DCC双方に対応するようにしてみました。

結果は大成功・・・かな。一気に走らせるのが楽しくなりました。

ただ、チャフ音の同期には手こずりました。スタート電圧、最高電圧、中間電圧のCV値を色々いじったり、MRCデコーダのCV117でチャフレートをいじったりで試行錯誤することしばし。

また、MTS小型モバイルデコーダ55022とMRC1665を併用すると、PROFI-BOSSではCV値を正確に読み出すことが出来ないという問題も判明。

さらに、コントローラのステップを14にすることもうまくいかず、28ステップのままでスロットルを回すとライトがついたり消えたりしてしまうのにも閉口しました。結局こちらはモバイルデコーダーの設定を28ステップにする事で解決。MTSで走らせる時はCV値を設定し直して14ステップに戻さなければなりません。

もう少しマニュアルを読みこなせば、まだまだ快適に使用できるようになるだろうとは思うのですが、まあ、それなりにサウンドの同期もできているので、細かいことは気にせず楽しんでいます。

↓ひととおり、出せる音を出してみました =^・^= 

2009年5月31日 (日)

玄関のかざり

やっと持ってきた模型を引っ張り出して、玄関の下駄箱の上に飾りました。

Img_2872

こういう眺めがあると、なんか楽しくなるので、疲れて帰ってきても、嫌な事があっても、巣食われます、もとい救われます。

ほんとは動かしてやりたいのですが、線路を敷きっぱなしに出来る場所が無いのが残念です。

2009年3月21日 (土)

MTSのDCC線路電圧降下回路

MTSはDCC線路電圧が高いため耐圧が低いHO用デコーダを使うと焼損してしまうという問題があったのですが、コマンドステーションからのDCC出力にダイオードを直列に並べただけの簡単な回路を付加する事で、HO用システムと同等のレベルまで線路電圧を落とす事ができました。

これで、デジトラックス、レンツ、MRCなどの国内で普通に手に入るHO用のデコーダやサウンドデコーダ等を、MTSで問題なく使用する事が出来るようになりました。DCC(MTS)対応Gゲージ自作車両の製作の手が進みそうで、ありがたいかぎりです。

もちろん低くした線路電圧でも、手持ちのすべてのMTS動力車が問題なく動作することを確認済みです。

くわしくは、こちらのページをどうぞ。

2009年1月 2日 (金)

新年早々お人形遊びです

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、ことしの模型鉄道遊び始めは、お人形遊びでした。

Img_2154

レジンコピーして色を塗り、そのまま1年半ちかくもほったらかしていた人形を、客車にのせて記念撮影。

Img_2156

Img_2155

大きなスケールならではのたのしみかもしれませんが、おとなになってから、こどものお人形遊びの感覚を味わっているような感じで、ちょっと楽しい気分になりました。


より以前の記事一覧