2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

DIY&ガーデニング

2017年1月14日 (土)

ミルククリーマー、モーター換装

久しぶりにミルククリーマーを使おうと思って取り出したら、なんと電池を抜くのを忘れていて、液漏れしていました。

大分以前に漏れたらしくバッテリーケース内は結晶化した電池液でおおわれ、接点も真っ黒。どうにもなりません。

できるだけ接点をきれいにして電池を入れ替えてみましたが動きません。仕方が無いので分解してみたら、モーターへの配線が切れていました。

こうなったら徹底的にと、接点を取り外しケースと接点を歯ブラシでこすりながら水洗いしてクリーニング。それから改めて半田ごてを握り、新しいコードで配線し直しました。

で、組み立てて電池を入れてスイッチボタンを押して……も、動きません。なんでや?

もう一度分解してモーターの接点に直接電流を流してみたら、なんと、モーターが死んでいることが判明。電池からもれた液がモーター内に入ったのでしょうか?それとも腐食性のガスのせいでしょうか?

普通ならここであきらめるところでしょうが、山ほどいろんな素材やジャンクを溜め込んでいる私としては、ここからが工夫のしどころです。

よく見てみたらモーターは工作用のモーターとは接点の位置が違いますが幸い外形の寸法がほぼ同じでした。で、手元にあったマブチモーターに合わせてケースを削り、強引に換装。シャフトが少し短いのですが、問題はなさそうです。

Img_0029 Img_0030 

ということで、修理完了。なんとかこれでまたミルクを泡立てることができます^^;

95203834

今日の工作はこれでおしまい。いいストレス解消になりました。

追記;

さっそく泡だててみたら、やっぱりモーターの力が少し弱いようです。オリジナルは相当トルクの強いモーターだったみたいです。ちょっと残念ですが、時間をかければそれなりに泡立つので良しとします^^;

Img_0031

2016年7月18日 (月)

ペーパーセメント・ディスペンサー作ってみました

これまで3Mのスプレーのり55を使っていましたが、室内でスプレーを使うとあちこち飛び散ってベタベタに汚してしまうのでちょっと使うには準備が大変ですし、昔ながらのペーパーセメントが貼ってはがせるのりと同じように使えると知って、小さなチューブを買って使ってみました。

これが非常に使い勝手が良く、この際と大きな缶を買ってみたのですが、蓋の裏に塗り筆がついてはいるもののセメントの粘度が高くて分厚くムラムラにしか塗ることができません。

Img_6621

調べてみたら、溶剤に薄めて使うためのディスペンサーが売られていることを発見。でも高いんですよねー。¥ 1,895 + ¥ 540 関東への配送料 だって……


ミツワ ペーパーセメントディスペンサー250ml M-PCD250

そこで、手元にあるビンで自作してみることにしました。使うのはアリナミンのビンと100円ショップの筆。蓋に穴を開けて筆を差し込み、ビンの底にすれすれになるように調整してスーパーXでシールしてできあがり。蓋裏のパッキンはPPらしいので接着不能だとおもいますが気休めにこちらにもスーパーXを塗りつけておきました。

Img_6622 Img_6623 Img_6624

きになるのは筆の柄の塗料が溶剤に侵されないかということなのですが、まあ、そのときはそのとき。接着剤が固まったら溶剤を少し入れて様子を見ようと思っています。駄目元ですからね。ま、成功すれば儲け物だし、工作も楽しめましたし、今日の手慰み工作はこれでよしということにします。

2016年5月21日 (土)

メガネストラップの改良

近眼の老眼なので、メガネをかけはずしすることが多く、メガネストラップを使ってみることにしました。

メガネ屋さんで目立たない感じのものを買って使ってみたのですが、どうも紐がよじれて絡まって使い勝手が悪くて困ります。

で、これは留め具のところにより戻しをつければいいんじゃないかと考えて、釣具屋さんでスイベルを買ってきてつけてみました。

結果オーライ。ひどい絡まりは解消しましたが、それでも頭から紐をかけるときは留め具の位置がずれてしまいます。まあ、これはしかたないですね。

Img_6436

追記;

今月発売の「とれいん」蕗狩通信は、HOeのスティームトラムです。編集部さんが感じの良い風景に仕立てて綺麗な写真を撮ってくださっているので、書店で見かけたら見てみてください。

2016年5月 6日 (金)

庭の敷きレンガのペンキ落とし

机の奥から100円ショップで買った銀色のスプレーが出てきたので、骸骨戦士を塗ったのはいいのですが……

Img_6423

ふつうならスプレーすると対象物に付着しなかったものは細かい霧になって乾燥して吹き飛んでしまうはず……なので無造作に裏庭で吹いてしまったのが間違いでした。10年前のスプレーですからガス圧がひくくてあまり乾燥しないで下に落ちて、敷きレンガを約1平方メートルほどの楕円形に見事に銀色に染めてしまったのに、骸骨戦士を塗り終わってから初めて気付きました。集中力っておそろしいです。ほんと手元の外で何が起こっているのか全く気付きませんでした。(残念ながら写真撮るの忘れました)

とんでもないことになってしまって、頭を抱えました。銀色のラッカーで見事に塗装されてしまったのは粗い表面が持ち味の装飾用レンガ?です。表面の凹凸の奥まで塗料が入り込んでいます。デッキブラシでこすったところでなんともなりません。溶剤をかけたって、塗料を溶かしてレンガに染み込んで余計に厄介なことになるのは目に見えています。

で、いろいろと悩んだ末、塗料剥離剤をつかえば、と思いつきました。最初はブレーキフルードで何とかなるかと思いましたが、成分がエチレングリコール……ということは水溶性には違いないけれど、グリセリンのような保湿効果でレンガがずっとしけった状態になりそうだし、庭に撒いて大丈夫なものか、と考え、水性の塗料はがし剤を試してみることにしました。使ったのはカンペの塗料剥がし剤です。

Img_6420

黄色いどろっとした液体で、これもなんだか体に悪そうな気がしますが、まあ、しかたありません。こいつをレンガの上に撒いて、デッキブラシで塗り広げ、少し水を撒いてごしごしとこすると……なんと、ほぼ塗料がとれたのにびっくり。

ただし、塗料のカスが油膜のように水の表面に浮かぶのと、剥がし剤の黄色い色が少しレンガの粗面にのこってしまいますが、銀色に塗装された状態よりうんとましなのでこれで十分満足ということにしました。なんとなく白くひかっているところが、銀色に塗られてしまっていた場所です。そのまわりも転々ととびちっていたので、広範囲に塗料剥がし剤をかけてデッキブラシで擦り落としています。

Img_6421

残念ながらビフォーアフター、処理中の写真はありませんが、証拠として処理後に一部まだ転々と飛び散っているところがありましたので写真を撮りました。まあこれくらいならすぐに目立たなくなるだろうと放っておくことにします。

Img_6422

コンクリートの壁面に描かれたスプレーのらくがきなんかも塗料剥がし剤で消しているんでしょうか?


2016年5月 1日 (日)

朝から軽工作;猫餌台

朝から軽工作で、猫の餌台をつくりました。

あまってた木片を切って木ネジで組み立ててできあがり。

Img_6402

シュレくんとマルくん2匹用ですが、マルくんが食べ終わらないうちにシュレくんの餌を狙うので仕切りをつけてあります。

台の下にちょっとしたものも置けます。

うまく機能するといいんですけど。

2016年3月18日 (金)

やかんの取っ手修理

やかんの取っ手のプラスチックが欠けてしまって、ずっとほったらかしにしていたのを、きゅうに思い立って修理してみました。

Img_6223 Img_6224

まずは欠けたところをヤスリで整えて、補修につかう材料はかまぼこ板。それを切ってエポキシ接着剤で貼り付けて、一晩置いてから、カッターナイフとヤスリで削り出しておしまい。

Img_6225

最小限の工作なので、あまり出来がいいとは言えませんが、これですこしは使い勝手も見栄えも良くなったかなと思います。

2016年2月20日 (土)

旧iPod用耳元スピーカー自作

100円ショップで売られているのを買ってくれば済むことなんですが、行くのめんどくさいし。

ということで、DCCサウンドデコーダであまったスピーカーユニットと手持ちのプラグでつくってみました。ステレオプラグですが、端子を直結してモノラルにしてあります。ほんとうは抵抗を挟まないといけないらしいんですが、まあ、iPodのほうに保護回路がついてるだろうということで。

Img_6201 Img_6202

いちおう期待の音量で鳴ってくれます。原価計算したら、100円ショップで買ってくるのの何倍かかっているのやら(l苦笑)

2016年1月21日 (木)

テレビ赤外線リモコン受信不良対策

うちのテレビは床に直置きしています。

だからなのか、どうもリモコンがうまく働かなくて、特に立って高い位置からリモコンを操作したときに全く受け付けないことがたびたびあります。

受信センサの窓を拭いてみたりいろいろしてみたのですが、どうも受信センサの感度と入射角の関係のようです。

ならば、ということで、気休めかもしれないけれどためしに、とアルミ箔を貼った板を受信センサ窓の下に斜めに貼付けて反射光?が入るようにしてみました。

Img_6153 Img_6152

結果は大成功。床そのままと何が違うのかもう一つよくわかりませんが、高い位置からリモコンを使っても確実に操作できるようになりました。

みかけがかっこわるいのが難点ですが。

2015年5月19日 (火)

ケータイのコイルストラップのクリップ修理

長年(おそらく10年以上)使っていたケータイのコイルストラップのクリップがしっかりと挟めなくなって久しいので、重い腰を上げて修理してみることにしました。

コイルはすでに5年くらい前にちぎれてしまっていたので、靴ひもに交換。ケータイの穴に取り付ける細ヒモの部分は釣り糸に交換してありましたが、クリップの内側のゴムは劣化したまま放ったらかし。いい修理方法が考えつかなかったせいもあります。

が、とうとう一部が粉になってボロボロくずれ始めたので……嫁さんがとってあった、珈琲缶のポリエチレン製の蓋を帯状に切ってこれをゴムのかわりに差し替えてみることにしました。

Img_5430 Img_5429

写真の真ん中が劣化したゴム。真ん中で折れてしまっているので、クリップを開ける力もありませんでした。

上は差し替えた状態です。まあ、材質は違いますが、本来の機能は取り戻せたようで、これでまた10年以上は使いたいものだと思っています。金属部分はまず壊れないし、劣化したらまた修理すれば、もっと持つかもしれません。

2014年12月30日 (火)

ミルクピッチャーの蓋 その2

前回つくったミルクピッチャーの蓋なんですが……

つくったと思った途端に、本体の方を落として壊してしまって、あえなく廃棄。

しかたがないので、こんどは嫁さんがしまいこんであった磁器製のちょっと大きめのピッチャーを取り出して来てつかうことになりましたが、やっぱりこれも当然のことながらふたはありません。

今回のは口もおおきいので、よけいに埃が入り込むのが気になります。じっさいは気になるような埃なんてほとんどないんですけどね。

で、こんどは、コルクの蓋をためしてみることにしました。

厚めのコルク板を用意して、ピッチャーの口のかたちをトレース。この線に沿って、カッターナイフで形を削り出します。

最後に紙ヤスリをかけて、できあがり。こんなかんじになりました。つまみはあえて付けないことにしました。そのほうが素朴な感じでいいかな、とおもっています。

Img_4810 Img_4808 Img_4809 Img_4811


より以前の記事一覧