2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プラモデルその他の模型

2016年8月14日 (日)

木製レーザカットT型フォードのGゲージ下回り格好つきました

大事をとって?ひきこもりしてたので、木製レーザカットT型フォードのGゲージ下回り、なんとなく格好がつきました。

まずはオリジナルの下回りの部品を少し切り刻んで取り外し、下面に新しいレールカー用の下回りがつけられるようにします。

新しい下回りは、ストックしていたLGBの小径車輪とNゲージのモーター、汎用プラギヤを引っ張り出してきて、簡単なスケッチを描き、あとは現物あわせで作ったのでいい加減なことこの上ありませんが、あと、集電ブラシをつければ、まあ、これで走るでしょう。

組み合わせてみたら、ちょっと車輪の径が小さいようですが、標準径のプラ製スポーク車輪は大きすぎて似合わないので仕方ありません。それにプラ車輪だと直接レールをこするコレクタも作らなきゃいけませんしね。もちろん、下回りは木ネジ2本で簡単に外せて元の部品を取り付けオリジナルに戻せるように考えてあります。

とりあえず、今日はここまで。そのうちまた気が向いたら集電ブラシをつけ、フレームを黒く塗って、手を抜いてプラ板で適当に作った軸受けをグリスアップしてあげないと、と思いますが、いつになるやらです。

Img_6681 Img_6682 Img_6683 Img_6684


木製レーザーカットモデルのT型フォード組んでみました

その昔、アマゾンで見つけて買った韓国製の木製レーザーカットモデルのT型フォード、リハビリ兼ねて組んでみました。

パッケージを開けるとこんな感じ。組み立て説明書はハングルと英語ですがとても丁寧です。組み立て工程はレゴと同じような感覚で文字は無く、カラー写真でくどいくらいにステップバイステップで示してあって、その出来にはちょっと感動しました。

Img_6673 Img_6671 Img_6672

シナベニヤも上質ですしレーザーカットも非常に綺麗です。焦げ具合もなかなかいい味を出していて、それを意識して組み上げるように意図されているようです。部品の嵌め合いは少々きつめで、小さなハンマーで軽く叩きこむようにするとうまく組めました。木工用ボンドの小包も入っていますが使う必要はありませんでした。

嵌め合いを利用してドアの開閉も可能です。デザインのデフォルメも好ましく構造もとてもよく考えられていて、設計者のセンスの良さがうかがえるキットでした。この製品をつくった韓国のメーカー、優秀だと思います。いや、正直感心しました。

ちょうどGスケールくらいの大きさなので、そのうち車輪を履き替えさせてレールカーにしてみようかな。

Img_6678 Img_6679 Img_6677 Img_6680 Img_6675

で、このメーカー、ほかにどんな製品を出してたっけ?とアマゾンで検索したら、ええーっ!!なに!この値段???

たしか自分が買った時は送料入れて二千円くらい(メーカー販売価格の約2.5倍。結果的に日本製の同等品に比べてかなり割高だと思う)だったはず。それが1万円以上?ほかの製品も信じられないような値段が付いています。びっくりして、生産元の韓国メーカーページを見てみたら、以前と変わらないまあそれ相応の値段。アマゾンに出している輸入販売(転売?)業者、元値の10倍以上の値段をつけて出品するなんて、あきらかに異常なぼったくりでしょう?以前にもCDなどで異常なぼったくりの値段をつけた出品があったのを見たことがありますが、こういうのってアマゾンは感知しないのでしょうか?こういうのが放置されると、生産してる韓国メーカーの信用も落ちてしまいそうな気がします。

それはさておき、製品のデザインは玉石混交というところでしょうか?自分としてはちょっと生理的にダメなモノもありますがそこは好みというものでしょう。客観的に見てなかなか良いデザインの製品が多いと思います。1/87や1/160、1/250など鉄道模型のスケールを意識した製品のラインナップもあります。

ただ、メーカーのページはハングル表示のみ。英語はありません。国内向けしか意識していないのでしょうか?これだけ良質な製品を作っているのに、ちょっともったいない気がします。

2016年6月22日 (水)

1/72ラジコン戦車買ってしまいました

ガルパン劇場版DVD見てて、そのあと血迷って買ってしまいました。

Img_6553

車幅5センチくらい。手のひらに乗るくらいの大きさです。エンジンの効果音付きです。

よく走ります。それもかなり早いスピードで。キャタピラが硬質プラ製なので、フローリングの上ではドリフト走行もできます^^;

砲塔も回せますし、音付きの発砲アクションもあります。

こっちに紹介のビデオがあります。

で、ひとしきり遊んで、とりあえず開けてみました。

Img_6554

やっぱり強力で小さなモーターがあってこそこの大きさでこれだけのパフォーマンスなのだなあ、と改めて感心。それにしても、電子回路のコンパクトなこと。これにも感心してしまいます。見えているチップはPICなのかな?

これで三千数百円というのは、どう考えても安いとおもうのですが、これって全然必要なものじゃないわけで、そのあたりを家人に指摘されると返す言葉がありません……

2016年4月19日 (火)

ポップアップカード

ツイッターのタイムラインで評判だったので、私もフリーの型紙をダウンロードしてつくってみました。

Img_6352 Img_6353

最新の作品などこちらに紹介されています

久しぶりのキット?工作みたいな気分。

プリントアウトした型紙をケント紙に重ねてカッターで切っていきますが、とても細かいので切ると言うより彫る、刻むという感じの刃の使い方になりました。

こういうときは老眼がつらいですね。

ということで、結構時間がかかりましたが、できあがったものはやっぱりきれいです。

自分のオリジナルをつくることが出来ればもっとすてきなんでしょうけれど、そこまでの気力がわきません。

2015年8月 2日 (日)

びっくり分解自動車キット

フォードは2008年の全日本ホビーショーで買ったもの。オペルはつい最近アマゾンに出ていたのを思わず注文してしまったものです。

Img_5573 Img_5574

50年以上前のモデルとはとてもおもえません。斬新ですし、デザインも秀逸。組み立て説明書はなんかほのぼのとしていますが、とってもわかり易く親切です。

Img_5575

復刻版として現在に通用するモーターライズプラモデルとして販売するにもまったく問題ないというか、価値のある模型だと思います。

オマケに、プラモ50年史という小冊子が入っていました。定価105円でホビーショー入場料1000円が300円割引って書いてあるんですが……ホビーショーって無料じゃなかったっけ?????

Img_5576 Img_5577

それはともかく、このふたつのびっくり分解自動車、箱絵の雰囲気といい、つくるのがもったいなくてとっても困っています。

ネットを探したら、オペルを綺麗に組み立てて走らせ分解する動画もアップされていました。

うーん、どうするかなあ、いよいよもったいなくなってきました。これも押し入れの罪庫に加わることになってしまうのでしょうか?

2015年7月25日 (土)

タミヤモデラーズギャラリー2015

池袋の東急で例年開催されているタミヤモデラーズギャラリーに行ってきました。

実質的にはデパートの催し場会場を使ってのタミヤの出店みたいなものですね。

もちろん、コンテストの作品も沢山飾られていて結構楽しめましたし、刺激になりました。

でも、プラモのテクニックって、もう、ほぼ、いきつくとこまでいっちゃった感がありますねえ……やっぱり楽しいのは作品にコンセプトやストーリーのあるもの、ちょっとしたアイデアのあるもののようです。自分の好みがそうだからというだけのことかもしれませんが。

以下、適当に撮ってきた写真から……

Img_5501 Img_5504 Img_5506

Img_5521 Img_5522 Img_5524

Img_5527 Img_5528 Img_5533

書籍のコーナーで見かけた本。まあねえ、模型なんて、ちょこちょこっと切って、削って、貼って、塗るだけで簡単に出来ちゃうから、やってみなよ、だれでもすぐに上手にできるし楽しいんだからぁ……って、そういうわけにはいかないんですけどねえ ^^;

Img_5529

こちらは、最近タミヤが力を入れているお菓子のミニチュア造りキット?なんかカルチャー教室みたいのもあるようです。ほとんどお菓子食品サンプルの世界なんていっちゃ叱られそうですが。

Img_5535 

で、結局、購入したのは、面相筆1本。ちょっと高かったけれど、人形を顔の表情なんか塗るのに一本くらいは……

これはまだ大した出費ではなかったのですが、問題はこの後、近くのイモンに立ち寄ったのが間違いでした。

どうせもう売り切れてないだろうと思っていたKATOのC12が不幸にも在庫!……買ってしまいました……無駄遣いはしないと誓っていたのに……もちろん、嫁さんには出費報告必須ですので、鉄道模型コンベンションまで出費は厳禁となってしまいました。

2015年1月10日 (土)

T型フォードのメタルキット

この間、注文した木製模型キット フォードT、旅客自動車 / YG761は、まだ届かないんですが……

こんどは、メタリックナノパズル 1908年式フォード・モデルT TMN-29なるものを見つけて、1000円足らずの値段に惹かれて、おもわず注文したら、なんと翌日に届いてしまいました。

ほお、とおもいつつ、とりあえずいますぐつくる気力も無いし、と本立てにしまい込もうとしたら、同じようなメタルキットの罪庫品がでてきて、びっくり。今の家に引っ越してから買ったものではないのは確かですから、十数年前に手に入れたものだろうと思います。しかし、なんと、値段が4000円近く!よくまあ、手を出したものだ、と感心してしまいました。

どちらも、とても精密なエッチングorレーザーカットモデルです。組み立てるよりもキットそのままの状態でコレクションを楽しみたい部類の製品かもしれません。

Img_4903 Img_4905 Img_4904
 
 
2015.1.17 追記;

届きました。

青い大きなプラスチックの袋を開けると、なんか妙にやわらかいプチプチに分厚くくるまれた薄っぺらい板キットが出てきました。

こんなにプチプチを分厚くしなくても、とおもいましたが、このプチプチじゃ、これくらい巻いとかないとあぶないかも、という感じも。しかし、薄い板キットですから、ほんとなら厚い段ボールとかで挟んで折れたりしないようにするほうが良いと思うんですが?

とにかく、時間はかかりましたが、いちおうまともな梱包で届いたということで、一件落着。まあ、これだけのマージンを取るのだから、当たり前と言えば当たり前なんですが……

届いたキットは例によってしばらく塩漬けになる予定です。


2015年1月 3日 (土)

韓国のレーザーカット板モデル組み立てキットメーカー

영공방에 오신것을 진심으로 환영합니다 ! っていうメーカーらしいんですが……

URLはhttp://youngmodeler.co.kr/となっていて、トップページにもYoungModeler という表記がありました。開くと同時にいきなりへんな韓国語の広告ポップアップウインドウが開いて画面を隠してしまい、イラッとされられるのが残念なトップページです。

(2015.1.6 追記;いま、サイトを表示してみたら、ポップアップウィンドウが出なくなっていました。???です。ひょっとして、このページをみたとか?日本語を韓国語に翻訳してみてるんだろうか?ま、そんなわけないと思いますが、でも、やっぱりちょっと不気味ですね。……とおもったら、やっぱり出てきました。なんか条件があるみたいですね。)

99.9%韓国語だけのサイトなんで、ぜんぜんわかりません。おてあげ、ですが、それなりに好ましいデザインの製品が並んでいて、見ていてわりと楽しいのと、ちょっとつくってみたいな、とおもうものも散見します。

1 2

いろいろ見て回っているうちにT型フォードのモデルがあるのを発見。日本円にして800円くらいですね。送料を入れても1200〜1300円くらいでしょう。これ、ちょっといいな、と思ったのですが、通販のページも全て韓国語。おてあげ……

ひょっとして、とAmazonで’フォード’’モデル’とか適当に入れて検索したら、出てきました。これですね。

木製模型キット フォードT、旅客自動車 / YG761

木製模型キット フォードTピックアップトラック / YG762

YOUNGMODELERで検索したら、一覧になっていっぱい出てきました。みているだけでも楽しめます。ただ、メーカーサイトの2倍以上の値段がするので、ちょっと高いような気がしますが、送料無料だし、こんなものなのかなあ?

しばらく逡巡したのちに、木製模型キット フォードT、旅客自動車 / YG761を注文してしまいました。やっぱり少々高い感じですが、まあいいかと。

だめですねえ。今年の模型工作趣味関係予算は大幅縮減が決定しているので、しばらくは手持ちのキットと素材だけで楽しもうと決心していたのに……

外に出歩けるほど体調が回復していないので、ネットをみていると、ついこういう無駄遣いをしてしまいます。

で、注文してしまってから、さらに良くページを読むと、これ、なんと、出品者は韓国の業者で、直接海外発送されるとのこと。デリバリーは1〜2週間かかるようです。それに、カスタマーレビューが一件も無いし、出品者情報の評価欄には、自作自演っぽい「良い商品をありがとうございます」コメントに混じって、「届かなかった」なんてコメントもあったりして、大丈夫かなあ、とかなり心配になっています。

キャンセルするか、ちょっと迷うところですが、キャンセルボタンの下に、しっかり「キャンセルできるかどうかは保証できません。出品者がすでにご注文の発送準備をしている可能性があります。」って書かれています。もし、出品者が悪質な場合はおそらくキャンセルを受け付けないですよ、という意味でしょうか。Amazonのなかにも悪質な出品者がかなりの割合で混じってるという事実をいまさらながらに思い出しましたが後の祭りですね。通常は価格の異常さなどで気がつくのですが、今回は、めちゃくちゃなぼったくり?というわけでもなさそうだし、金額もそんなに多くないし、という判断があまかったかも(苦笑)。

Amazonは、きっちりトラブル責任回避の文言を記してありますから、問題があっても直接出品者と交渉することになります。なんせ相手は韓国の業者ですから「日本語も英語もわからん」とか言って逃げられたらおしまいですもんね。いままでの経験で、通販ではトラブルも楽しみのうち、と考えている私としても、今回はどうかな。気を取り直して、無事商品が届くのを期待することにいたしましょう。

まあ、Amazonを通しているので、カード情報などは漏れないと信じることにします。しばらくはよく注意してカードの請求書をみておこうと思いますが。

香港とかの業者なら、サイトもちゃんと英語版があるし、これまでも複数の業者で問題なかったので、そんなに心配しないのですが、韓国の業者は初めてですし、トラブルがあってもどうなることやら……やっぱり手を出すべきではなかったかなあ、と……いやはや、正月早々、楽しみ半分ではありますが、難儀なことです。


2014年11月 1日 (土)

SF3Dその2

まえにみつけたのの残りが出てきましたが……かなり壊れてました。

足がミクロウェイトの膨張で爆発してるし、アンテナとかの細い部品が折れていたりアーマーとかの稼働部がちぎれてたり。ちょこっと手間がかかりましたが、それなりに復旧。足の爆発はそのままです。どうしようもないですから。

というわけで、撮影。

うーむ、あんまり上手に撮影出来ない。もうすこしちゃんとカメラのマニュアルをちゃんと読まねば。

Img_4628 Img_4629

Img_4630 Img_4632 Img_4633

Img_4634 Img_4635


2014年10月12日 (日)

SF3D 

いまのひとは、マシーネンクリーガーっていうのかな?

Img_4467 Img_4465 

Img_4471 Img_4472

数十年前のプラモデルです。押し入れの段ボールの中から半崩壊状態で発掘。足の中にミクロウェイトを入れていたので、膨張して割れが入ってました。

捨てるのもなんだし、ということで、直せるところは直して記念撮影。

ほかにも、いくつかあったはずです。なんせ、引っ越しのときにあちこち段ボールの隙間に詰め込んでそのままなので、ほかのがどこにあるのか……そのうちちゃんと探してみようかな。