2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ストラクチャ&運転盤

2018年2月23日 (金)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その11)真っ黒に塗りつぶし、山の地表をつくります

モジュールの下地を真っ黒に塗りました。炭みたいです。塗ってしまってから大丈夫かなあ?という気分に^^;

Img_4952 Img_4954

黒塗装が完全に乾いてから、山の部分の地表を整えます。

これまでマイクロレイアウトなどを作った時に捨てずに溜めてあったシーナリィパウダーの屑や樹木材料のドライフラワーの切れ端を手で揉み潰したものを地表植生として蒔きました。

木工用ボンドを塗りたくって手でぱらぱらとふりかけ、しばらく待ってモジュールごとひっくり返して余分な屑を振り落とします。もちろん振り落とした屑はまた大事に袋に入れてとっておきます^^;

Img_4955

先日通販で発注した樹木がまだとどかないので、以前にHO用にアマゾンで手にいれた大きな樹木を取り出してきて枝をばらし、これをつかえないかと試行錯誤してみました。お立ち台に使った時は先の方だけ切りとって無理矢理使いましたが、やっぱりダメですね。格好が悪いし葉の質感も良くありません。

一本一本自作しても良いのですが、さすがに大変すぎます。今度届くはずのものはもう少し見かけが良いように思うのでそれに期待しようと思います。

Img_5015

2018年2月22日 (木)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その10)シーナリィの練習用お立ち台に雪を降らせました

去年の鉄道模型コンベンションでモーリンのおばちゃんに勧められて買ったスノーパウダーを使ってみたくて、シーナリィ練習用お立ち台に雪を降らせてみました。

しかしこれが難しいこと……ネットを検索してもあまり詳しいテクニックは出てきません。素材も紙粘土や石膏や重曹や色々あるみたいですが、どれもプラモのジオラマが中心で鉄道のものは少ないようです。あっても雪の素材を塗りつけたか接着剤を塗っておいて上からふりかけて線路のところを通れるように掃除したみたいな記述だけで特に運転可能なものはどうやって処理しているのかよく分かりません。

Nゲージの人たちは難なくつくっているように見えるけれど、雪景色を作るのは実際には大変な作業です。今回スノーパウダーでやってみて、下地の色で雰囲気まったく変わるし、撒きたりなくても撒きすぎても不自然になるし、ボンドを掛けたら形が崩れるし、下地の染料が浮いてくるし、とにかく大変な思いで3日間にわたって試行錯誤の状態でした。

Img_5127 Img_5130

Img_5153

Img_5157 Img_5159

最近の雑誌やジオラマ製作ガイド本には最新の材料を使いこなす解説が掲載されているんでしょうか?勉強不足調査不足努力不足で最新のテクニックについていけてません。

昔のアメリカのシーナリィつくり参考書見てみたら、マットメディウムとモデリングジェルとチタニウムホワイトを混ぜたものを塗りつけています。これはデイヴ・フレイリィ氏の開発したテクニックですね。彼は撮影の為のセットに石膏と塩を散布しています。これですごく実感的なシーナリィを作っていますが、スノーパウダーでは素材の性質もテクニックも異なってくると思います。

海外のウェブサイトも調べてみたが、なかなかよいテクニック紹介はみつかりません。自分で試行錯誤するのが吉のようです。

ウェブを探し続けていたら、今日になってアラーキー氏のブログにガーラ湯沢のポスター用ジオラマ作例がアップされていました。これはスノーパウダーを使っていますので参考になりそうです。でもNゲージの車両を走らせることは前提にしていないようです。線路にスノーパウダーの雪を積もらせて問題なく走行可能にするのは大変だと思います。

一緒にジブリの森の雪景色の写真も掲載されていますが、積もった雪って本当に石膏やメリケン粉が積もったように見えるんですね。近くで見る雪は半透明の氷の結晶が目に入るので頭の中で思い起こして想像するイメージとはかなり違うのに驚きました。

夜になってテレビを見ていたら「中井精也の鉄旅」で青森 弘南鉄道 弘南線・大鰐線の雪景色の様子が出てきて思わず見入ってしまいましたが、ここでも雪は石膏のように見えていました。

日中の雪景色は光を反射するので本当に真っ白、蛍光灯の白色というのが正解のようです。だったら石膏で下地を作ってジェッソを塗るのが一番かもしれません。

今回スノーパウダーを使ってみて、いささかまいりました。挑戦し甲斐があって楽しかったですが。

画像のお立ち台は4回くらいあちこち雪をはがしたり絵の具塗ったり撒き足したり、それでも満足の行く仕上がりには程遠い状態です。

T-TRAKモジュールを雪景色にしてみたいと考えていたのですが、手法をどうするかもう一つ自信がありません。今回の試作でストックのスノーパウダーはほぼなくなったので、これを買い足して使うかジェッソにするか考え中です。

いろいろ考えてみて、先日ホビーセンターで実演をやっていたKATOの雪の材料はなかなかよくできているのではないかと思うので、試してみても良いかなと考えています。

2018.2.23 追記

このお立ち台に雪を降らせる前に、鉄コレについてくる飾り台を使ってスノーパウダーを撒く練習をしていたので、その画像を揚げておきます。

Img_5110 Img_5109

この時はなかなかうまくいったように思ったのですが、お立ち台ではそうは問屋が卸しませんでした。ライケンやパウダーがあるとその染料がボンド液に溶け、乾く時に毛細管現象で表面に吸い上げられて雪の表面に出てきてしまいます。これをどうしたら防げるかが課題です。

2018年2月16日 (金)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その9)シーナリィの練習用お立ち台経過

植生を植えてみました。

樹木はアマゾンで買った中国製のジオラマ用樹木とドライフラワーです。

Img_5088 Img_5090

Img_5091 Img_5092

Img_5107


2018年2月15日 (木)

鉄道コレクションの飾り台を使ってお立ち台をつくります

植生シーナリィの練習に、鉄道コレクションについてくる飾り台を使ってお立ち台をつくってみます。

道床つきの線路がモールドされていますが幅が狭くてちょっと厚すぎるので、地面を嵩上げしバラストを撒きます。

ときどきバラスト撒きがなんかうまくいかないという方のはなしを聞きますので、作業工程を記録してみました。中性洗剤を混ぜた水をスプレーして上から木工ボンドを薄めた液をスポイトでたらします。

Img_5072 Img_5073

Img_5074 Img_5075

一晩置いて乾いたら全体に地面の色を塗ります。色は好みです。レールも好みの色で塗ります。

Img_5077 Img_5081

適当にボンドを塗ってぺたぺたとライケンの切れ端をくっつけます。スポンジのクズとかナイロンたわしの切れ端とかコースターフとかなんでもいいと思います。

Img_5082_2

銘板も好みの色で塗ってテプラで標題をつけます。台縁を好みの色で塗ります。暗めの色がいいと思います。

好みの色のターフをかけて、線路周辺にうすく溶いた暗めの色を適当に塗りつけて陰影をつけてできあがりです。

Img_5084_2 Img_5083_2

Img_5087_2 Img_5086_2


2018年2月12日 (月)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その8)シーナリィの練習用お立ち台をつくります

すでに地形をつくり紙粘土まで塗りつけたのですが、そのあとの工程や手法を試しておきたいと考えて、練習用のお立ち台をつくってみることにしました。

今回はゆっくりと頭の中でシミュレーションしたりぶっつけ本番で試行錯誤しながらやり直しや後戻りして作り直ししている時間がないので手を動かして手法や仕上げのイメージを決めるほうが良いと思い、遠回りのようにも思いましたが練習台をつくることに決めました。

どうせならということで百円ショップのコレクションケースに収まるように、スチレンボードをカットし、KATOのユニトラックを貼り付けます。

Img_5042

すでにつくってあるモジュールと同じ方法で地形の下地をつくります。

たんぼのあぜは初めから斜めに切り落としました。最初からこうしておけば紙粘土塗りつけの時に苦労しなくてよかったのに、工作の順序をまちがえたというか行き当たりばったりすぎるのでこういうことになるんですね。

Img_5043 Img_5044

スチロールのりで貼り付けて下地の完成です。

Img_5047

のりが乾燥するまで待って少し形を整えてから紙粘土を塗りつけました。

Img_5048

紙粘土が乾くのは明日になるのでモジュールの方も並行して進めていこうと思います。練習台で試しながら本番の工作を進めていくということになりそうです。

晩御飯を食べたら添い寝ベッドの柵を作ってしまう予定です。ここ2、3日そちらのほうに気力体力を消耗して今日もモジュールは一歩も進まずじまいでした。マジ焦っています。

追記:

寝る前に見直したらどうも気に入らなくて、紙粘土を塗り足して地形を修正し、ついでに石垣と枕木の木柵を設置しました。

Img_5055 Img_5056


2018年2月11日 (日)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その7)地形下地づくりと田んぼと踏切です

モジュールのコンセプトと造形のイメージが決まったので気を取り直し、再度モジュール本体の工作に取り掛かりました。

スチレンボードで作った骨組みをすこし修正し、なだらかな地形になるように段差部分を中心に紙粘土を塗りつけていきます。

紙粘土も買ってから10年くらい経ってんじゃないかなあ。5年くらい前に少し使った時に半分カチカチになってたので、水をたっぷり含ませたスポンジと一緒にジップロックに入れてありましたが、そのせいかかなり柔らかく使いやすくなっていました。

でも紙粘土はスチレンボードやスタイロフォームとなじみが悪くて乾くとぺろんと剥がれてしまいます。最初に木工ボンドを塗りつけて乾かしてその上から紙粘土を塗りつけるとなんとかくっついてくれたので一安心。

Img_4728 Img_47371

ユニトラックの接続部分がやたら目立つので踏切をつくって隠すことにしました。手持ちのプラ材を切り刻みそれらしく形を作って貼り付けています。

Img_4814

先日試してこれならいけそうと確かめた方法で田んぼに苗を植え付けました。

Img_4733 Img_4734

2018年2月 9日 (金)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その6)建物の照明です

手持ちの光ファイバーがなくなってしまったので、建物ストラクチャーの照明をいじってみることにしました。

まずは光源がないといけません。客車の照明用に買ってあったテープLEDから一個切り取って、これをスチレンボードに貼り付けて配線し、上に黒紙を貼り付けた照明ユニットを用意しました。建物コレクションなど台座の真ん中に穴が空いていますので、ここから照らせばいいんだろうな、と考えてのことです。

Img_5005

で、まずは半焼状態のを黒っぽく塗ってむりやり格好をつけた?時計店を照明ユニットの上に置いてみると、ショーウインドウが大きいのでギラギラと眩しく光る光源が直に見えてなんかすごい適当な間に合わせの工作感がただよい、これはどうにも……建物本体からの光漏れは黒紙の遮光内張りが功を奏してまったくないのが救いです。

家人に意見をもとめると、「なにこれ?がらんどうで電球丸見えじゃない。やすっぽー」の一言。「洋館なんだから窓にカッコよくカーテンかけるとかできないの?」と言われてこれは店だったんだと初めて気づき、それならショーウインドーになにか品物を展示すればいいのかな、とは思いましたが、そんな細かい作り込みは考えただけで気が遠くなります。

それにほかの窓からも光源が見えるのは感じよくないと言うので、窓にトレーシングペーパーを貼ることにし、ついでにショーウインドウの部分にはポスターを展示したみたいな感じにしてはどうかと思いつきました。

手持ちの資料やネットの画像を検索して著作権の問題がなさそうなものを選んでアレンジし、出来上がったのがこれ。下側に本を並べ、廃業した時計屋さんの建物をそのまま使っている「イーハトヴ社」という小さな印刷屋さんという設定にしました。

20180208_91549

この名前、使える画像を探しているうちに新潮文庫の新版「銀河鉄道の夜」のカバー絵が目にとまり、これならまあ大丈夫だろうと使わせてもらうことにしたときに思いついた名前です。他のポスターは、有名なカッサンドラのアールデコ鉄道ポスター「エトワール・ノール」やアールヌーボーの飾り枠デザイン集、江戸時代の植物図譜からです。フリー素材の本棚の写真と組み合わせて配置し、ショーウインドウの展示に見せました。

縮小してトレーシングペーパーに印刷するとにじみとぼやけでなにがなんだかほとんど分からなくなるのですが、なんとなく感じがでてればそれでいいかなと^^;

二階や他の窓も不自然にならないように、トレーシングペーパーを重ねてロールカーテンが途中まで下ろされている様子を表現しました。

Img_5003 Img_5004

もう一つの建物コレクションの酒屋?は窓にトレーシングペーパーを貼ればできあがり。障子ですもんね。不自然感はありません。民家も農家も同じですがこっちは自作なので窓枠のいい加減さが際立ってます^^;

Img_5007 Img_5008

まあ、こんなものかなあ、というところです。

で、肝心のモジュール本体の方ですが、イーハトブ社のショーウィンドウをアレンジしているときに、頭の中にぱあっとジオラマ全体の完成イメージ(のようなもの?)が降りてきて(笑)くれました。ラッキー!!

と言っても冷静になって考えると、まあ、もうご推察のとおりのよくありそうなベタなテーマなんですが、自分としては明確なイメージができたこともあって、うん、これで行こう、ということになりました。いいんです。期日までに出来上がれば。そして自分さえ気に入っていれば^^;

しかしその方向でジオラマをまとめるには必要なジオラマ素材やパーツなどが全然足りません。これから一つ一つ自作していると今の私の工作速度では間に合いそうもありません。

なんとかならんかと既製品で利用できるパーツなどをネットで探しまくり、ジオラマ用として販売されている製品から使えそうなものを見繕って発注しましたが、少ししか使わないのに大抵大量まとめ売りだしレビュー見ていると当たり外れが多いみたいでちょっと心配です。

それに殆どのものが中国からの直送なので届くのに1週間ほどかかります。うーん、大丈夫かなあ。間に合うかなあ。届いても使えそうにないものだったらどうしようかなあ、などと心配していても始まりません。

とにかく注文したものが届くまでに地形をなんとかつくっておこうというわけで、やっと真面目に手を動かしてモジュールの工作に取りかかれそうです。


2018年2月 8日 (木)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その5)自転車を押す人と郵便ポストです

モジュール本体のイメージがどうしても定まらないのでひきつづき、ひょっとして使うかもしれない細々したアクセサリーをつくることにしました。

Nゲージ用に使える材料がないかなとパーツボックスをほじくり返すと自転車のエッチング板が出てきました。10年ほど前に静岡ホビーショーのときにたくさん売られていたのを買ったものだと思います。これは使えるかな?

一緒に1/80くらいのものも出てきました。エコーモデルのでしょうか?発売されたばかりの頃に買ったものだと思います。ということはこれも30数年くらい前のものですね。

Img_5009

とりあえず、Nスケールのも1/80スケールのも適当に真鍮線などでペダルや固定用の足をつけてスプレーでひと噴きして完成。形のよさそうなフィギュアを見繕って塗り直し、自転車を押してあるくような格好に振りつけることにしました。

Img_5010

あと、なんかつくっといたら使えそうなものはと考えて、郵便ポストをつくることにしました。でも日本の丸型郵便ポストは形が複雑でつくるのが面倒そう。特に1/150だと小さすぎて自分には到底無理そうです。

うーんと考え込んでしまってネットを検索したら、もっとシンプルなデザインだけど日本の丸型ポストに似た形のポストが英国で使われていることがわかりました。

大きさを確かめてみたら、ちょうど廃棄した使い捨てライターから取り出したパーツを少し加工すればできそう、ということで早速作成。色塗りはあえて粗くなるように筆塗りです。資料に基づいたスケールモデルもいいのでしょうが、性格も手伝ってもっぱらこういう気楽なスケッチ風の仕上げばかりです。

Img_5011


2018年2月 7日 (水)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その4)光ファイバーを使って電飾です

本体の方がいっこうにすすみません。

たんにやる気の問題だと思います。仕事じゃないので気分が乗らないと手が動かないというのもありますが、なんかまだもうひとつ、もうすみずみまでこんなふうになるんだ、こんなふうにするんだ、という全体の本物のイメージが降りてこないのが一番の理由のように思います。

こういうイメージデザイン?ってお風呂はいってるときとかぶらぶら遊んでるときとか夢の中とかで一気に天啓のように降りてくるもんで一所懸命考えて思いつくものではないと思っている(笑)ので諦めが肝心といまのところ悠長に構えてますが、うーん、今回は締め切りあるんだよなあ^^;

しゃあないので、電飾の試験を兼ねていろいろと工作をしてみました。

信号機を立ててみようとおもっているので、まずはこの点灯に光ファイバーが使えないかと考えました。最近はプラモの世界で光ファイバーを使った電飾が盛んで、その効果には目をみはるものがあります。

光ファイバーといえば、その昔TMSのミキストで最新素材として紹介されて領布の案内があった時に申し込んで購入したものがあったはず。引き出しを引っ掻き回したら50センチくらいの長さの0.5mm光ファイバーの小袋が出てきました。うーむ40数年もよく温めてたものだ^^;

現在の製品とは性能も材質も違うのでしょうけれど光を通してみたらそれなりに光るのでこれを使うことにしました。

工作は簡単そのものです。腕木信号機の青メガネに穴を開けてファイバーの先を瞬間接着剤で止めるだけ。光ファイバーがめだつのであとで柱に沿わせたり工夫する必要がありますが、みごとに緑に光ってくれました。

Img_4992

なかなか美しい^^;

気を良くして、こんどは自動車のヘッドライトも光らせてみることにしました。方法は腕木信号機と同じです。

Img_4995

しかしまあ、Nスケールってちっこいですね。工作が大変。でも楽しいです。光ファイバーの電飾って麻薬的魅力がありますね。楽しい……^^;

この二つで光ファイバーは使い切ってしまったので、さっそく手に入れられるところはないかと検索してみたら、「電飾しましょ:どろぼうひげの製作記」というページが見つかりました。プラモ電飾の大御所モデラーさんみたいですね。色々と詳しく解説がされていて大変参考になります。

そうか、CRDを使えば電源に関係なくLEDを望みの明るさで点灯できるんだ。先にこのページを見ておけばずいぶんと助かったのになあとおもいましたが、自分で色々試行錯誤する楽しみも楽しみの一つですから^^;

しかし、本体の方、なんとか進めんと……というところで今日も終わってしまいそうです。


2018年2月 5日 (月)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その3)ストラクチャーの準備です

先達からご指摘を受けてT-Track(ティートラック)ではなくてT-TRAK(テートラク)だということに初めて気がつきました。いままでT-Trackで検索して問題なく出てきてたものだから気がつかなかったんですね。思い込みは恐ろしいです。Nゲージモジュールの名称はみなTRAKという名称を使っているそうですがどういう語源?なのでしょう。 (注;タイトルは間違えてたという事実保存のため、T-Trackのままにします^^;)

T-TRAKモジュールをつくり始めて切実に感じるのは、とにかくナローのマイクロレイアウトとはアプローチが違うというか……私はふだんはバックグラウンドストーリーから始めて全てをつくるスタイルなので、テートラクの複直線路といつでも利用できますよという感じで市販されている既製ストラクチャやアクセサリ、素材等の存在感にパニクってます。

いっそネタ系に走ってこういうスケッチからシュールなモジュールにトライすればよかったかもとか^^; これ、大地の歌、というお絵かきのお題を聞いたとたんに頭に浮かんできたアホイメージです^^;

Img_4876

そんなこんなで、今回は建物コレクションなどの製品も積極的に利用してみることにしましたが、これがなかなか……思うようなイメージにするには結構な手間が必要みたいです。

Dus6e2vwaafjhy

建物コレクションは色を少し変えてみたくてタミヤアクリルで塗った後、家にあったトップコートを吹いたらアクリル塗装が溶けて延焼火事を放水でなんとか全焼免れたみたいな状態になってしまいました。缶の表示見たら有機溶剤ベースじゃん。Mr.hobbyってブランド?だけど酷いよ〜って、あらかじめちゃんと確認しなかった私が悪いんですけどね。

工作のブランクがあったのも大きいかも。やり直しが多すぎます。順番間違えたり、長さ間違えたり、完全に注意力が落ちてるので手戻りが多いし仕上がりがどうしても汚くなるのがかなしいです。でも工作はたのしいですね^^

半焼け状態で台無しになった建物コレクションはさすがにショックでしたが、IPAで剥がして最初から塗り直す気力もなく、さらに上から黒っぽく塗り重ねて無理くり使うことにしました。

さて、昨今の傾向を見るに、ストラクチャは電飾が大流行のようなので、今回のモジュールにもランプを組み込もうかなと考えて実験したら、自分で作ったプラの建物は壁や屋根が透けて建物全体が発光するというすごいことに。家型のムード照明アクセサリじゃあるまいし^^;

プラ製の建物はしっかり遮光しないといかんのですね。ひょっとして建物コレクションも?と確かめたら、屋根も壁も見事に透けますし継ぎ目のすきまから光がだだもれ状態。

どうすべえ……としばらく沈思黙考の末、大昔のファーラーのキットについていたような黒紙の内張りを作ることにしました。当時からあちらでは電飾することが前提だったのですね。なんか感心。

内張りつくりって採寸とかから始めないといけないのでめちゃめちゃ面倒な作業です。でも紙細工は楽しいですね。サクサク進むし。

Img_4980

このあたりになってレイアウトに電飾を施す場合めちゃ手間がかかることに気づき始めて再度パニックになりそうに。企画段階でしっかりと設計して配線取り回しや電源のことを考え、組み込むランプもつくっておかないとモジュール本体の工作に手をつけることができません。だからちっとも作業が進んだ気がしない。

それやこれやを考えると、JAMに出展しているNゲージのジオラマレイアウトつくってるひとたちって、つくづくすごいわあと思ってしまいます。自分が大昔にレイアウトセクションつくってた時に比べて比較にならんくらい材料やキット、製品、テクニックが充実してることを考慮しても凄いなあと。

LEDの抵抗は理屈が分かっていればわりと簡単ですし、ネットに計算をしてくれるページもあります。しかし実際に適切な値を決めるのはなかなか難しいものです。いろんな種類のLEDや電球を使うと実際に望みの明るさにするのに計算値そのままというわけにはいきません。

一部に使いたかった麦球などを含めて望みの明るさにするのには結局ひとつずつ実験で確かめるしかありません。こういう究極の現物あわせはしんどいけど頭使わないのでモジュールそのものよりこっちの方が気楽だし楽しいです^^;

以下余談です。

ときどきネガティヴな批評をされると落ち込むとか創作にはマイナスにしかならないという人がいます。しかしそういう人たち含めてそれはみんな恵まれているんじゃないかと思うことがあるのですがどうでしょう?

少なくとも意見?批判?を言ってくれる人(ある方面の方々みたいに全くの批判のための批判とか悪意を持った批判をする人たちは除く)が身近?にいるということですからねえ。作品見せて意見を求めても全く無関心か煩がられるか頓珍漢な受け答えしか無かったら、それでもモチベーション維持して創作活動を続けられるか?ということを考えたら、なかなかこの問題って微妙なのかもしれないなあと思ったりもします。

より以前の記事一覧