« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月24日 (月)

1/87 G 3/3 SLM 1894 モーターライズしてみました

コレクター向けミニカーとして売られていた1/87 G 3/3 SLM 1894 トラムロコとトレーラーを、HOn30としてモーターライズしてみました。

下回りは、Nゲージのφ8mm車輪と両軸アルモーターを使って、目分量でてきとーにちょこちょこと。軸穴径を間違えたり、トレーラーの台車の軸受けを新しくつくったりでかなり手戻りや試行錯誤がありましたが、なんとか走るようになりました。

構造上、力はありませんし急カーブも曲がれませんが、まあこんなもんかなというところです。よく出来た模型なので、走らせると見ていて楽しいですね。

いつも通り、イメージに合わせて専用の化粧箱も用意しました。

Ba4551ce94124eff82b3d8119605fe24

追記;
トラムの動力にφ8車輪を使ったので、少し腰高になってしまいました。そのうち、φ6くらいの車輪でつくり直そうかと思います。

追記2;

ということで、結局つくりなおして、相変わらず力はありませんが腰高は解消し、安定して走るようになりました。でも、これで両軸モーターのストックを使い果たしてしまいました。

B51c7daf9a7f4541af61aa806b8bf666

追記3;

結局ほぼ丸二日かかってやっと納得のいく形状と走りになりました。うん、満足。でもこれ、下回りは自作だけど、よく出来た製品をモーターライズしただけだから、作品としては面白くもなんともないじゃん、ってふと思って、ちょっと情けなくなりました。

話がずれますが、鉄道模型のスーパーファインスケールミュージアムクオリティモデルって、個人の趣味の世界とかアート?の世界では一体どういう意味があるんだろう?って考えてしまうことがあります。

本物そっくりに精密に出来ているっていうのは、技としてはすごいことだと思うのには変わりはありませんし、そういうのをコレクションして所持する楽しみというのは大いにあるのはよくわかりますが、自分でつくるときは、技能の問題もありますが、好みにデフォルメ?(歪み曲がりてきとーいい加減とも言う)された、つくったひとの思いが伺えるようなものがいいな、と思ったりします。

F19aecf62c9e4442b353ae0fa96976f1

追記4;

言い訳的に付け加えると、ほんとによくできたオリジナルデザインやデフォルメデザインのミニカーやおもちゃのテイストを損なわずに動力化したり、ミニカーを現実にはなさそうなレールカーに改造したりするのは、それはそれなりにユーモアというか思い入れがあって返って楽しかったりするので、これはもう個人の勝手な感覚と言っていいものなのでしょうね(^^)


2018年12月16日 (日)

クラップオン・スタート・コントローラーとくるりくるり線路のお化粧

くるりくるり線路をもう少し見目よくしてあげようと、コルク板を貼り付け、銘板も取り付けました。

左側の位置にギャップを切って、その部分をコルクで舗装。くるりと一周するとコルクのプラットフォームで機関車が停止、プッシュボタンを押してやれば動き出すという趣向です。

Img_2939_3

でも、この超ミニドッグボーンレイアウトをくるりくるりと走る姿がおもしろいのに、毎回プッシュボタンを押すのは面倒くさいし、タイマーで一定時間走らせるのもいいかな、と考えたりしていましたが、拍手の音でスイッチオンする家電をネットで発見。

おお、こいつと組み合わせてみたら面白そう。ということでちょっと頑張ってみました。

どうせなら普通のアナログコントローラーとしても使えるようにしたいし、半田付けしている途中で、くるりくるりせんろのような特殊な構造でなく、単にクラップオンした後一定の時間で電源が切れるというタイプのコントローラーとしても利用できるようにしようと思いついて欲張ったので、何度も配線のやり直しで、うんざりするくらいの時間がかかってしまいました。

途中でいくら考えても混乱してきて、これは認知症の症状が進んできたんではないかと、かなり不安な状況に……^^;

冗談(でもないか?)はともかく、最初にちゃんと設計図配線図描かずにつくると、ほんととんでもないことになりますけれど、夢中になってパズル遊びをしているような気分にもなるので、まあ良し悪しですね。

回路は以前に作ってあったタイマー回路と音声スイッチ基盤を組み合わせ、それにシンプルトランジスタコントローラーの基盤を加えてまとめてあります。通常のコントローラーとしての使用とクラップオンタイマー(2分まで)機能つきコントローラーとしての使用用に出力ジャック、くるりくるり線路用の出力の二系統を用意しました。

ケースは100円ショップで手にいれた木製の小物箱です。ちょうどいい大きさですし、くるりくるりせんろのデザインとも合って、なかなか好ましい感じです。

Img_2944

コントローラーの近くでパンと手を打ち合わせると走り出し、数周するとコルクのプラットフォームの位置で停止。また手を叩くと走り始めます。大きな声で「わあっ!」とか「発車!」と言っても大丈夫です^^;


2018年12月14日 (金)

くるりくるりせんろ

つくってみました。

思うところあって、まえにつくったくるくるくるりせんろよりも、シンプルな線路配置にしてみました。

最初は直線部分をガントレットにして作り始めたのですが、カーブがきついのでフランジでショートしてしまい、このかたちに落ち着きました。

3031c16a3f70460294ea29d96e5ffab8_2

くるりくるりとまわる動きが楽しくて、いつまでも眺めていられます。

2018年12月12日 (水)

「妄想チュー」ガチャフルコンプ

ヨドバシで見かけて、ひとつ回してみたら、なかなか可愛いので、また行った機会に追加でゲット。

なんとひとつもダブらずにフルコンプしてしまいました。

身長から逆算して、だいたい1/24スケールなので、いろいろと使いでもありそうです。

756b1bcd79bc4b849bc2b5c2103c6640 B4a001c4b91b43718b7ee4da89bc2806

で、やってみました(^^;;

C202b5ebb3054d05bdc5dbc262f7da5b

しかし、ひとつもダブらずにフルコンプって奇跡的です。

いつもはこんな感じなのにねえ……

E5437edd131848acb4e2fb927274bb51 9fc821b082304fa6bb3bc4e869cdfdb9 B4b804256db84172a699a9d9f8408bdb 9bade3bc0cdf459badc7761f0e82c605_2

間に合わせDIYケータイ充電クレイドル

携帯の通話スピーカーが聞こえなくなってしまったので修理見積もりに出しました。

スピーカー以外は全く問題ないし、イヤホンつけたら聞こえるので、断線かスピーカーの取り替えだけだろうからあまり費用もかからず簡単に治りそうと気楽に考えていたのですが……

しばらくして電話がかかってきて、液晶に水濡れ痕が見つかったので、それも一緒に交換するルールになっているから全損扱いで約3万円です、と。

それなら、新しい機種に変更しますと言ったら、もうこの回線システム用の新機種は販売していません、スマホと共通のシステムになりますとの事。

じゃキャンセルします、と答えたら、途端に電話口の声が不機嫌な口調に。

AUさん、スマホに乗り換えさせたかったのだろうけれど逆効果ですよ、それ(^^)

結局、6年ほど前に機種変更した時の古いケータイが生きてたのでそれを使うことにして、変更料2千数百円で済みましたが、次は別の会社と契約してみようかなと思っています。どこも同じかもしれませんけれど(^^)

ところが運が悪いことに、もう使うこともないと思って充電用のスタンドを捨ててしまっていたみたいで、仕方なくサイドの蓋を開けて直接プラグを差し込んでいたのですが、もともと開け閉めすることを前提としていないので使い勝手がよくないし傷みも出てきて蓋が閉まりにくくなってきました。

で、蓋が壊れてしまう前にこれはなんとかしないと、と間に合わせに充電クレイドルを作ってみました。

材料はかまぼこ板とその辺に転がってた板きれ、それからあまってたUSBコードです。かなりいい加減な工作ですが、ちゃんと使えます。これでこのケータイが使えなくなるまで安心して充電ができそうです。

D7207e45ad97421193cab30e158a4d83 22a62f1dc33449cab093d90105069127


2018年12月10日 (月)

あんちょこパーツづくり

うちの製品コレクションは運が悪かったり管理が悪かったりで、細かなパーツの欠落が多くてちょっと情けないなあと思いつつ放ったらかしというのもザラで……

で、何を思ったか、ちょっと思い立って、素材切り屑を貯めてあった箱から拾い出した真鍮線やニッケル板屑を使って足りないパーツをつくってみました。

最初のSNCBのロコは20年ほど前に購入したものですが、かなり経ってから後付けパーツを取り付けようとしてパーツ袋が無いのを発見。購入店やメーカー直接に何度もパーツ取り寄せをお願いしたのですが梨の礫なので、他の製品のものをてきとーに見繕って装着し、ピストン尻棒は無いままでずっといままでほうったらかしでした。日本のお店は購入時には色々と安心ですが、こういう場合にはちょっと困る場合もありますね。海外のお店の場合は時間も手間もかかりますが割とこういうところはしっかり対応してもらえるような気がします。文化の違いなのかな?

メーカーサイトの同型機の画像を参考に、屑箱の真鍮線とパイプでちょこちょことてきとーに格好つけて黒染め塗装し、装着したら、一気に感じがよくなって大満足。

D32f75f8da664f77a9e540b73ab55f97 C4b3161302a64c7abd60504bca2a28d5

調子に乗って、欠落してたグラスカステンの加減リンクと偏心棒もニッケル板屑でてきとーにちょこちょこと作成。左がオリジナルで、右が作って取り付けたの。遠目からならまあこんなもんでいいかあ……と(^^)

874313599eda48b09eaa30782deafa90 Cb79b64d3cf64e9bba18da6ec5fddb95

精密工作?に当たって、目分量とちょうどいい加減のてきとー工作は正義です(^^) あくまでも自分基準の精密?ですが……

しかし、ちっちゃなパーツのあんちょこ細工は、もう目がついていきません。ハズキルーペ使いやすいがちょっと拡大率が……。ちゃんとしたヘッドルーペとか必要かなー


2018年12月 4日 (火)

バニラ求人コンテナ貨車つくりました

なにも出来ない手を動かす気にさえならない時、鬱屈状態な時は、無理矢理にでもあほなものをつくるに限ります。

プラモやレゴも良いですが、もっと世間様にヒンシュク買いそうな、センスもテクニックも要らないラフでいい加減でちょっとばかしアレなものが良いようです(^^)

という事で、青島文化教材社から発売されている1/32 高収入求人情報 バニラ宣伝カーのステッカーを縮小コピーして、1/87 高収入求人情報 バニラ宣伝コンテナ貨車をつくってみました。

Fb6f3a71771c421eb0874a079419b22a

フラットカーはジャンクボックス引っ掻き回して発掘したアメリカ型貨車の下回りをてきとーに組み立て、コンテナはボール紙工作です。

59c64bce6c4a4f2aaa99d04ef582f050 72299604f25049e59863f2f6b44a529f

どうせならあのテーマソング?流したら面白そう、とネット検索したら、何とmp3ファイルをフリー素材として配布してたので喜び勇んでダウンロード。

最近話題の小型ブルートゥーススピーカーが使えそう、とアマゾンを検索したら、商品が無くなっていました。ちょっと前に見た時はあったのに。買っておけば良かった。困ったなあ………これって再販されるかなあ?


« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »