« 「フリーランス」の鉄道模型って??? | トップページ | 不二子&次元のインスペクションレイルバイク »

2018年11月 7日 (水)

中立オフのアナログコントローラーハンディスロットル

±15VのDC−DCコンバーターを入手しました。

で、以前からつくってみたかった、中立オフのアナログDCコントローラー自作に挑戦してみました。

構造は簡単。プラスマイナスの出力端子の間にボリウムを挟んで真ん中から電圧を取り出し、それをパワートランジスタで増幅するだけです。

パーツボックスから買い置きしてあったふるーい石を取り出してきて使ったのはいいのですが、動きが変……。なんどやってもマイナス側の出力がめちゃくちゃになります。念のためともう一つあった別の石を使ってブレッドボード上で試してみたらちゃんと動く……ということは、何かの拍子に石を壊してしまってたんですね。以前にも買い置きの555が5個ほど軒並みダメになっていたことがあるので、保存環境が悪かったのかもしれません。

気づくまでにほぼ半日。いやはや、部品の仮組み、動作チェックも含めて真面目にワンステップずつやらないからこういうことになるのかな、と反省しつつも、頭使ってボケ防止にはなったかも、と自分で自分を慰めています。

Img_2548 Img_2549_3

ケーシングは和歌山産柚子胡椒の瓶の蓋です。これを二つ合わせた中に回路を仕込み、手の中に持って前に捻ると前進、後ろにひねると後進となります。最大電圧15Vですので、ちょっと電圧が高すぎたかな?

パイロットランプに印を合わせるように速度ゼロのマーカーをつけて目印にしています。本当はノッチか何かあればいいのですが、さすがにそこまでは手が回りませんでした。

追記: どうにも芋くさい外観と、メリハリの無い操作感に我慢出来ず、中立位置にノッチをつけてクリック感を出し、側面にJNRバスのシンボルマーク、裏側には動輪マークを貼りました。

Img_2560_1 Img_2566_1

ということで、小さなレイアウトのアナログ運転には、なかなかたのしいハンディコントローラーになったかな?というところです。

« 「フリーランス」の鉄道模型って??? | トップページ | 不二子&次元のインスペクションレイルバイク »

コメント

このスロットルのデザインよいですね

パソコンのUSBデバイスでPowerMateというのがありますが、
https://support.griffintechnology.com/product/powermate/

ワイヤレスで鉄道模型操作するタブレットやパソコンに、
こういったデザインののリアルつまみスロットルつけられないか構想しています。

ゆうえんさん

ポリプロピレン製の蓋なので少しヤワいのが難点です。こういうタイプの手の中に収まるスロットルは、操作していて楽しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「フリーランス」の鉄道模型って??? | トップページ | 不二子&次元のインスペクションレイルバイク »