« 通電方向確認ツール | トップページ | ‪3条ウオームギヤ »

2018年10月21日 (日)

ストリームラインの蒸気機関車その4

前回最後の記事が2016年4月11日 (月)だから、約2年半の放置プレイですね。

ま、私の場合、こういうのザラですから……ともかくやる気限りなくゼロだし。手を動かせばやる気が出る、っていう意見もありますが、こっちはまずその手を動かすやる気をどうやって出すかということが問題なわけであって……

それはともかく、先日、どこからどうなったのかスイッチが入って、とつぜん尤もらしいバックグラウンドストーリーができあがってしまったので、しかたなく半分塗りかけでマスキングテープ貼って2年くらい経ってるのを出してきて制作再開です。

マスキングテープは、さすがに2年貼ったまま放置してるとあちこち浮いちゃうんですね。貼り直すのも大変なので、爪楊枝でこすりつけてくっつけてそのままエアブラシで塗装してしまいましたが、意外となんとかなるものですね。

元々工芸品的なレベルの工作を目指してつくっているわけでも無いし、フリースタイルだし、ちょっとやそっとの線の乱れ、塗装の乱れは気にしないことにして、ちょうどいいくらいを目指し、一気に工作をすすめます。

色は、マラード号とほぼ同じ色相の色を採用することにしましたが、ちっこいし、めいっぱい彩度の高い原色にしてみました。ちょっと派手かなあと、塗り終わってから一瞬後悔しましたが、赤いエンドビームが映えるので良しとします。

レタリングは、インクジェットプリンタでコピー用紙に印刷したものを切って貼ってあります。いいんです。これでも十分それらしく見えます。私の基準ではこれで十分以上なのであります。なんといってもフリースタイルだし……

うん、こうやってみるとなかなかのもんだぞ^^;

Img_2421_1_2 Img_2422_1


« 通電方向確認ツール | トップページ | ‪3条ウオームギヤ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通電方向確認ツール | トップページ | ‪3条ウオームギヤ »