2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« アニーとクララベル | トップページ | シーサイドビーチマイクロレイアウト (鍋敷きマイクロレイアウト その2) »

2018年7月 9日 (月)

半世紀前の中学校技術家庭科でつくったチリトリとスツールが現役でした^^;

実家で片付けをしていたら、半世紀ちかく前に中学生だった自分が技術家庭科の授業でつくったチリトリとスツールが現役で使われているのを発見。

びっくりしました。どちらも塗装がはげたり傷がついたりしていましたが、チリトリは庭掃除に、スツールは土間で文字通りスツールや物置台として使われていました。

Kc4a0627 Img_1702

チリトリは設計製図、ブリキ板(トタン板?)の板金加工、半田付け、それからアルミリベットかしめ止めとラッカー塗装、スツールは設計製図、木取り、カンナがけ、ホゾ切り、釘止めの枕頭ダボ埋め化粧加工、ペーパー処理、オイルステイン塗装を学ぶためだったと思います。このほかに文鎮のヤスリがけ加工とつまみ取り付け穴のドリル加工、タップ立ての工作があったはず。これで木工と金工の基礎的な技術を一通り学んだことになります。

教材として購入させられた一揃いの木工用道具工具はいまでも実家で使っています。

当時の男の子は義務教育で木工、金属加工を学び、道具も手元にあって、誰でも一通りのDIY工作ができるようになっていたんですね。

Kc4a0628_3 Kc4a0629

Img_1697 Img_1698

もっと昔はこのほかに自転車の分解、灯油洗い、組み立てまでやったと聞かされました。自分たちはなにかもっと簡単な道具の分解組み立てだったような^^;

電気関係は、ゲルマニウムラジオくらいだったでしょうか? できる生徒はすでにハムの免許なども持っていたように思います。そんな時代でした。

息子の時代にはもっと簡略化されて、本立てとか文鎮とか、その程度の工作だったように記憶しています。

今は、こういう工作技術よりも、コンピューターのプログラムなどを教えているんでしょうか? 技術家庭の授業はどうなっているのか、ちょっと興味があります。

« アニーとクララベル | トップページ | シーサイドビーチマイクロレイアウト (鍋敷きマイクロレイアウト その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アニーとクララベル | トップページ | シーサイドビーチマイクロレイアウト (鍋敷きマイクロレイアウト その2) »