« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月22日 (日)

巣鴨でジオラマ作品見学と英国型A4クラス マラード号

暑いですねえ。

身体も痛いし、もう……とかいうのを押して外出。まずは巣鴨へ。

駅のトイレでおしっこしながら前を見ると張り紙のなかに巣鴨駅のマスコットを見つけました。カモン君というそうです。

Kc4a0639 Kc4a0640

駅を出て、十数年ぶりにさかつうへ。ここに店が出来た時以来です。目的はもちろん西村氏のジオラマ作品見学。

Kc4a0643 Kc4a0647

オーストラリアンスティームトラムのジオラマのアイアンレースは思ってたよりもっと繊細で細かいエッチング抜き落としにびっくりしました。これなら抜き落とさずに印刷でもそれなりに見えそうかも。

もうひとつ、水面の水草はモネの睡蓮のイメージなんでしょうか?これはちょっと真似してみたい気がしました。

店内にあるジオラマ材料や販売されている作品など、どれも魅力的でしばし見入ってしまいましたが、ほんと自分が盛んに材料を集めていた頃とは雲泥の差ですね。隔世の感というのはこういう感じなのかな?

備えられていたメモ帳に感想を書かせていただいて、お店を退出。物理的に身体は痛いところだらけで心が折れかけるのはしょっちゅうですが、抜いてもらいたい棘みたいなものは見当たらないので、とげぬき地蔵さんはパス。アーケードの屋根から温度を下げるためのミストが吹き出ているのを見ながら巣鴨の駅に引き返し、池袋から西武池袋線で石神井公園駅前のメディカルアートへ。

一度来たきりなので、今回も散々迷って汗だくになってやっとたどり着きました。予約してあったA4マラードの受け取りです。

店員さんがすでにチェックをしてくれているとのことでしたが、目の前で再度走らせてみせてくれました。デコーダーは別売りの専用サウンドデコーダーで、これも目の前でESUのテストベッド?につないでチェック。1個目はちょっと調子が悪くて発熱し、途中で音が出なくなって、2個目で正常な動作を確認。

聞けば、廉価版?だけあって割と初期不良が多いのだそうです。こういうとき日本のお店から買うとありがたいですね。

自宅に帰って早速デコーダーを組み込みました。スピーカーを設置する場所など最初からしつらえられているので、作業は簡単。ただ基盤がむき出しなので熱収縮チューブで包んで設置しました。

英国蒸気は前照灯がないのでせっかくのライト点灯機能が使えないのが残念。そのうちなんか加工してみたいような気がしないでもありません。

さっそくローラー台に乗せてテスト。汽笛はもちろん、F16まで色々音があり、動輪空転や火夫の朝食などという音もあって楽しめます。シャンティングモードは無し。急にノッチを回してゼロにすると絶気となってスピードが徐々に落ちます。自動ブレーキ音はありませんが、これで十分楽しめそうです。

Img_5835 Img_5834_2

ためしにR356に乗せてみたらこんな感じです。従輪が完全に線路から外れキャブとテンダーがあっち向いてホイ状態になってますが、余裕で走れそうです。

Img_5836

Img_5837 Img_5839

面白いのは後付けパーツになっていたドレインコックのパイピングです。店員さんからは装着すると急カーブを曲がれないし先輪が引っかかって取れるので走らせるなら装着するのはやめたほうが良い、と聞きましたが、強引に装着して接着剤で固定。

軟質プラスチックでできていて、ごらんのとおり先輪に押されて曲がってくれるので全然問題なく走ってくれそうな雰囲気です。ひっくり返してピンセットでつつくとこんな感じで曲がります。

Img_5838 Img_5840

従輪はフランジなしのずんべらぼんで直径も小さく、ぜんぜんレールに触れてないので完全にダミーです。展示用にちゃんとフランジのついた従輪が挿し替えパーツとして付属していました。展示する時には機炭間も詰めるようにできていますが、そうすると配線ができなくなるので、ほんとうに展示専用になってしまいます。

古い型を使っているらしくてパーティングラインが少し目立ったり、他にも細部に気になるところがあったりはしますが、改めて見直してみても良くできた美しい模型ですし、おもちゃとしての使用にも十分以上に配慮した出来で、わたしとしてはとても納得のいく製品です。ヨーロッパの他のメーカーのスーパーファインディテールの機関車とはちょっと考え方が違うみたいなところが好きですね。

ただ……流線型の機関車って、かっこいいし好きなんですが、いっぱいパイピングが施されたディテールパーツてんこ盛りの機関車に比べてあまりにもシンプルなフォルムがそっけなさすぎて、模型工作的には手を抜いた製品みたいに思えて、なんだか損したような気になってしまうのが困ったところです。

あ、そういや、マラードって野鳥の「マガモ」という意味なんですね。妙なとこで巣鴨のカモンくんとつながって、なんか可笑しくなりました。

2018年7月16日 (月)

ぐるっと東京はとバスツアー

暑いですねえ。暑すぎます。

ここんとこ体の痛みがひどくなってきてしまって動けないのでそれでなくても出歩けません。

東京に住んでいても東京を知らないし、はとバスツアーとか行ってみたいね、と家内と話していたのですが、それも大変だしということで、買ってしまいました。

Img_1736_1_2

東京の観光名所のイラストが描かれたパネルを組み合わせてバスを走らせるおもちゃです。

スカイツリーのミニチュアも付いています^^;

これで部屋の中ではとバスツアーで名所巡りをする気分になったつもりで遊んでいます。

ところで、イラストの中で分からないところが3つほど。

Img_1741_1_2

ネット画像検索などしてどうやら下のは日枝神社だと当たりをつけたのですが……上の二つはいったいどこなのでしょう?

と悩んでいたら、左上は東京駅じゃ?という意見をいただいて、確認したら、これ、最上階と屋根を復元前の姿なんですね。製品に貼られたはとバスの意匠許可?シールを見たら2012年になっていました。発売されたのが復元前だったというわけでした。

しかし、右上のは相変わらず分かりません。いったいどこなんでしょう?

追記:

東京駅、よくよく確かめたら、中央部は復元後もこの姿、つまり最初から、この仮設三角屋根だったんですね。なんか両袖と釣り合いが取れていないようなデザインに見えるけど、最初からこういう設計だったのかなあ?ちょっと不思議な気がしました。

2018年7月11日 (水)

シーサイドビーチマイクロレイアウト (鍋敷きマイクロレイアウト その2)

思うところあって、砂を撒くことにしました。

で、うまくいくか、かまぼこ板でミニシーンをつくって確かめます。砂に埋もれた浜辺のトロッコという感じでヤシの木も立ててみました。

Img_1448_3 Img_1465_6

Img_1482_2

うん、まあ、なんとか雰囲気出そうですね。ということで、一気に砂を撒いてしまいました。収納する箱がないかなと家人に聞いたら、押入れの上段全てを占領しているダンボールや菓子箱、袋、スポンジ他の梱包材をひっくり返してちょうどぴったり収まる羊羹の箱を出してきてくれました。

Img_1466_7

使った砂は、大昔に娘がオーストラリアに行った時にペットボトルに入れて持って帰ってきてくれた浜辺の砂……だと思ってたのですが、どうやら10年ほど前に庭にレンガを敷いた時に使った残りの砂のようです。どちらも似た感じだったので勘違い。しまったなあ。

ひきつづき、思うところあって、ヤシの木を使ったミニシーンをつくってみました。なんかちょっと雰囲気つくりたくて街灯を立てて貝殻をあしらってみました。

Img_1671_3

なんかたりん。というわけでお約束通りのヌードフィギュア?を設置。

Img_1730_3

完成したミニシーンを砂を撒いて貝殻をあしらい真ん中に時計をはめ込んだ鍋敷きレイアウトにくっつけて、夏らしく、シーサイドビーチマイクロレイアウトの完成です。

Img_1752_2

5分おきに2分間ほど走るようになっています。

Img_1748_3


2018年7月 9日 (月)

半世紀前の中学校技術家庭科でつくったチリトリとスツールが現役でした^^;

実家で片付けをしていたら、半世紀ちかく前に中学生だった自分が技術家庭科の授業でつくったチリトリとスツールが現役で使われているのを発見。

びっくりしました。どちらも塗装がはげたり傷がついたりしていましたが、チリトリは庭掃除に、スツールは土間で文字通りスツールや物置台として使われていました。

Kc4a0627 Img_1702

チリトリは設計製図、ブリキ板(トタン板?)の板金加工、半田付け、それからアルミリベットかしめ止めとラッカー塗装、スツールは設計製図、木取り、カンナがけ、ホゾ切り、釘止めの枕頭ダボ埋め化粧加工、ペーパー処理、オイルステイン塗装を学ぶためだったと思います。このほかに文鎮のヤスリがけ加工とつまみ取り付け穴のドリル加工、タップ立ての工作があったはず。これで木工と金工の基礎的な技術を一通り学んだことになります。

教材として購入させられた一揃いの木工用道具工具はいまでも実家で使っています。

当時の男の子は義務教育で木工、金属加工を学び、道具も手元にあって、誰でも一通りのDIY工作ができるようになっていたんですね。

Kc4a0628_3 Kc4a0629

Img_1697 Img_1698

もっと昔はこのほかに自転車の分解、灯油洗い、組み立てまでやったと聞かされました。自分たちはなにかもっと簡単な道具の分解組み立てだったような。

電気関係は、ゲルマニウムラジオくらいだったでしょうか? できる生徒はすでにハムの免許なども持っていたように思います。そんな時代でした。

息子の時代にはもっと簡略化されて、本立てとか文鎮とか、その程度の工作だったように記憶しています。

今は、こういう工作技術よりも、コンピューターのプログラムなどを教えているんでしょうか? 技術家庭の授業はどうなっているのか、ちょっと興味があります。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »