« 「初めてプラモデルをつくる小学校低学年の気持ちになって素手でプラモに立ち向かう企画」 | トップページ | 半世紀前の中学校技術家庭科でつくったチリトリとスツールが現役でした^^; »

2018年6月26日 (火)

アニーとクララベル

ひさしぶりにヤフーオークションを覗いたら、機関車トーマスのアニーとクララベルが出ていました。

以前、Oナロー下回り用としてトーマスは買ってあったのですがそのままになってしまっていて、どうせなら本来の形で遊ぶためにこの際客車も欲しいなあと思っていたところだったので、なんか古そうだなあ、それにしては結構な値段だなあとおもいつつも入札したら何と落札してしまいました。

じつはヤフオクは10年くらい前に一度なんか変なエアポンプのジャンクを買ったことがあったきりだったので、どうやったらいいのかさっぱりわからず、まあ、指示通りにとおっかなびっくり手続きをしたのですが、ほんと生まれて初めてオークションの落札をしたような気分でした。

それにしても、随分とシステムもしっかりしていて便利になっているみたいですね。ただ、出品されている模型はどれもずいぶんと強気の値段だなあとびっくりします。いまは中古品も高くなったのですね。

というわけで、順調に手続きが終わって届いたのがこれ。トーマスは以前から手持ちのバックマンの製品です。

Img_1506_3

やっぱりならべると可愛いですね。テレビの画面が目の前に現れたみたいで楽しいです。

ひっくり返してみると、アニーとクララベルはホーンビィ製です。バックマンより少し大柄なのかな?

刻印をよく見ると、アニーはメイドイングレートブリテン、クララベルはマデインチナでした。

梱包を解いて取り出した時に、あれ?なんか色味がちがうんだけど、と思ったのはこの違いだったんですね。

アニーは深みのあるニス塗りの感じがよく出ている塗装なのに対して、クララベルはのっぺりした平板な塗装でこの差はやはりこだわりの差なのでしょうか?

Img_1510 Img_1509_2

随分走らせて遊んでいたようで、どちらも車輪のメッキが剥げていますし、アニーのカプラーも紛失していました。バックマンのとは構造が違うので簡単には修理できないのが残念。

別にこの品にこだわったわけでもありませんでしたので、少々高くても新品を購入したほうがよかったのかもしれませんが、まあ、今回は古い製品がどんなものかわかったし、目的のものが手に入ったので満足です。

ということで、オークションは私のようなひとは、よほどこういうところでしか手に入らなくてぜったいに欲しいものがある場合とかでない限り、手を出さないほうがいいのかなあ、というのが今回の感想でした。

2018.7.11 追記

マデインチナ製のクララベルの転がりがあまりにも悪いので確かめてみたら、プラ製軸受けの軸穴がひどくすり減っていることがわかりました。軸端がピボットじゃなくてプレーン、それも短めだったのでへんなすり減り方をしたのですね。

仕方がないので、ストックの中から径の合うパイプを探し出してきて短く切り、広げた軸穴に押し込んでリペア。とっても転がりが良くなって、これでトーマスに牽かせて思う存分走らせられそうです。

« 「初めてプラモデルをつくる小学校低学年の気持ちになって素手でプラモに立ち向かう企画」 | トップページ | 半世紀前の中学校技術家庭科でつくったチリトリとスツールが現役でした^^; »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「初めてプラモデルをつくる小学校低学年の気持ちになって素手でプラモに立ち向かう企画」 | トップページ | 半世紀前の中学校技術家庭科でつくったチリトリとスツールが現役でした^^; »