« EF58を欧州型のカプラーに換装 | トップページ | 鍋敷きマイクロレイアウトその1 »

2018年6月13日 (水)

レール磨き棒決定版

今まで歯ブラシの柄を利用してつくったレール磨き、拭き取り棒でなかなか快適にレールクリーニングができていましたが、ある朝、使い終わったプラ製の髭剃りを見て、これは!と、天啓にうたれた気分になりました^^;

で、早速新式のレール磨き棒を制作。

カミソリ部分が首を振るという構造がミソです。カミソリ部に貼り付けたサンドペーパーやクリーニングオイルを染み込ませた布をぴったりとレール上面に押し付けて汚れを擦りとることができます。

ほぼこれで究極?の自作ハンディレールクリーニングツールの完成というところでしょうか。幅4センチあるので、16.5mmゲージの線路や無理すれば32mmまで使えそうです。

Ae40d8ecee0c461b9eb71e4a2d758568_2 C6c557812ae74059809823061542b7de_2

ちなみに、下の写真がマドラーや歯ブラシの柄を利用してつくったレール磨き、拭き取り棒です。

D583e13239264ddead760fa2b3aded29 9d82de575dcc4100a15a08b66c55ce86


« EF58を欧州型のカプラーに換装 | トップページ | 鍋敷きマイクロレイアウトその1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EF58を欧州型のカプラーに換装 | トップページ | 鍋敷きマイクロレイアウトその1 »