« T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その23)運搬保存箱と搬入です | トップページ | 地下鉄博物館行って来ました »

2018年3月11日 (日)

NゲージTOMXファイントラックとKATOユニトラックの変換線路自作

NゲージTOMXファイントラックとKATOユニトラックの変換線路を自作してみました。

94b4197ad97e493095d6b7007d90788d

工作途中の写真がありませんが、そんなに難しくない工作です。

下記に手順をまとめておきますので、参考にしてください。

用意するものは、ユニトラックとファイントラックの直線線路、レザーソー、ヤスリ、プライヤー、プラモデル用接着剤、瞬間接着剤、です。

1 まずレザーソーを使ってユニトラックのジョイナー部をレールごと好みの長さに切り取ります。

2 裏返して真ん中辺りにノコを入れジョイナー部と反対側の道床を切り外します。

3 ファイントラックのジョイナーを抜き取ります。

4 裏返してレールのストッパーの位置を避けてノコを入れ、切り外した道床と同じ長さにジョイナー部付きの道床を切り外します。

5 2で作ったユニトラックの女医なー部付きレールにファイントラックのジョイナー部付き道床を差し込みます。

6 0.5mmと1.0mmのプラ板を14mm幅の帯にカットします。

7 0.5mmプラ板帯を適当な長さに切ってファイントラックの道床裏面に貼り付けてユニトラックの道床裏面とツライチにします。(必要に応じて道床の裏面のモールドは平らに削っておいてください。)

8 1.0mmプラ板帯を適当な長さに切ってユニトラックとファイントラックの道床裏にまたがるように接着します。

9 0.5mmプラ板帯を適当な長さに切ってファイントラックの道床裏面のプラ板に重ねて貼り付けて道床底面とツライチにします。

10 1.0mmプラ板を適当な大きさに切ってファイントラック道床底面に貼り付け、ユニトラックの道床底面とツライチにします。

11 3で抜いたジョイナーを差し込んで出来上がりです。

12 レールがズレたりジョイナーが抜けたりしないように必要に応じて瞬間接着剤を流しておくと完璧です。


« T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その23)運搬保存箱と搬入です | トップページ | 地下鉄博物館行って来ました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その23)運搬保存箱と搬入です | トップページ | 地下鉄博物館行って来ました »