« 40数年前のライケン復活 | トップページ | T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その3)ストラクチャーの準備です »

2018年2月 4日 (日)

T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その2)脚の修正とベースデザイン下書きです

前回はとりあえず台枠をつくっただけで力尽きてしまいましたが、T-Trackモジュールコンテストの規格が自作可となったのを知って応募できるかなと思ったものの、要項をよく見ると高さの制限がひっかかります。どうせならいうことで、実際に応募するかどうかは別として出来上がっていた台枠の下をむりやりカットして70mmにし脚を延長しました。

脚には4mm径のネジを使ったので頭が小さくて安定しません。で、ビジネスホテルに泊まったときに捨てずに取ってあった小さな歯磨きチューブの蓋を加工して足の先を作りました。なんでも捨てずに取っておくものですね。

Img_4973 Img_4974

肝心のモジュールのデザインの方は……なかなかまとまりません。苦し紛れにいくつかスケッチを描いてみたのですが、どれも平凡。

Img_4873 Img_4874 

ここでしばらく放置状態が続き、いよいよあかんか、とおもってネットを見ていたら、鉄道模型モジュールLAYOUT AWARD 2018と言うのを発見。締め切りギリギリに申し込んでみました。3/1に作品持ち込み提出なんでできるかどうかわからんけど締切キツイと否応無しにやる気出そうなので……ということでむりやり制作再開。

もう一度悩んだ末に、さきのスケッチを生かしてベースに当たりをつけました。

Img_4688

スケッチを二つとも生かしたという欲張り(妥協ともいう)案です^^; 地形はスチレンボードを積み重ねて作ることにしました。二つのスケッチの間は山で区切ることにして、先につくったトンネルポータルをスタイロフォームの板に貼り付けた薄い山を作りました。

Img_4729 Img_4730

ま、こんなとこかなあ……さて、ストラクチャも集まってきてますので、次回はそれを。ちょっといじろうと思ったらしばらくやってなかったせいか悲惨なことになっています……


« 40数年前のライケン復活 | トップページ | T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その3)ストラクチャーの準備です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 40数年前のライケン復活 | トップページ | T-Trackモジュールをつくってみることにしました(その3)ストラクチャーの準備です »