2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ユニバーサルジョイントの位相 | トップページ | 鉄道コレクションの飾り台を使ってお立ち台をつくります »

2018年2月13日 (火)

添い寝ベッド完成しました

頑張って完成しました。

手際が悪かったのでちょっとやり直しとか多かったけど^^;

添い寝側の取り外し式の柵は紐を使って引っ掛ける方式で、普段添い寝ベッドとして使うときは下の段に引っ掛けて収納します。

この工作は家内も嫌な顔をせずに手伝ってくれますし、柵の取り付け方や収納方法に久しぶりに頭を使ってアイデアを出して工作も楽しめたのでかなり幸せでした。

角材の角をけずってまるくしたりペーパーをかけてスベスベにするのは家内が自分でやると言ってくれています^^;

ちなみに今回買い足した材料はヒノキ耳付板4枚とキャスター締めて約三千円でした。

が、しかし、です。これは、置き場所に困っていた大量の廃材にホームユースのヤワなものとはいえそれなりの工具、それからこれまた大量に溜め込んでいた各種の木ネジ類があったからこその楽しい木工工作です。

これを材料を買い集め工具を一通り揃えてと考えたらとんでもないお金と時間と労力がかかるし、強度や美しさのことを考えたらちゃんとした製品を買う方がうんと安価につくと思います。

で、毎度繰り返しになってしまいますが、シンプルで小綺麗な生活を楽しむ方たち、ミニマリストの方々などは、おそらくこういう楽しみとは無縁なんだろうなあと思います。

原則ストック(道具や工具、素材など)を持たず、その時々で必要なもの気に入ったものを新たに買ったり注文して作らせたりする、いらなくなったら捨ててしまうというライフスタイルは、想像するにものすごくお金も時間も労力もかかる生活なんじゃないでしょうか?

今回、つくった添い寝ベッドを眺めながら、またそんなことを考えてしまいました。


さて、と、今晩から本格的にモジュールの工作に復帰するぞ、と思ってはいるのですが、なんか疲れてやる気がもうひとつ……こまったものです。


Img_5051 Img_5052

Img_5053 Img_5054


« ユニバーサルジョイントの位相 | トップページ | 鉄道コレクションの飾り台を使ってお立ち台をつくります »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユニバーサルジョイントの位相 | トップページ | 鉄道コレクションの飾り台を使ってお立ち台をつくります »