2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ダイソーのキャップ火薬おもちゃピストル、(追記;修理しました) | トップページ | LED照明内蔵 折りたたみ 撮影ボックス »

2017年11月 5日 (日)

「たのしい鉄道模型」

なんだかいまだにやる気がでてこないので、本棚から「たのしい鉄道模型」を引っ張り出して久しぶりにページを広げてみました。おおむかしの「鉄道模型趣味」誌、TMS特集シリーズの一冊です。

Img_4033

子供の頃、この冊子が私の鉄道模型工作の教科書的資料でした。学校の教科書よりうんと真剣に「勉強」したと思います^^;

なかでもこの黄色い紙のページはもう基本中の基本。ここに書かれている知識が当時の自分の知識の全てでした。

Img_4030 Img_4029

そんなわけで長いあいだこのページが私の模型工作のベースになっていました。だから、中学校の技術の授業でブリキ板を塩化亜鉛で半田付けしてチリトリを作ったにも関わらず、ずいぶんあとまで模型の半田付けにはペーストを使っていたぞ^^;

天賞堂のオメガセントラルや明晶鉄道などの組み立てレイアウトも紹介されていて、憧れに似た気持ちで写真を眺めたものでした。

記事を参考に実際に工作したものもたくさんありました。下の二つはすごく作るのが楽しかったのを覚えています。

Img_4032 Img_4031

機関車の自作解説記事「やさしく4ー4ー0を作る」は、ごく普通のちょっと図画工作好きの小学生に本気で自作したいと思わせた記事でした。ページを広げると余白や図面の上に赤鉛筆の書き込みが残っています。しかし、糸鋸も半田ごても持っておらず使い方も知らない小学生が、どうやって材料や工具を手に入れるつもりだったのでしょうね? 

掲載されている写真もシルエットが美しく、この時代の鉄道模型はこういう意匠的な楽しみ方も紹介していたのだと思うと、なんだかいい時代だったのかなあという気がします。

Img_4028 Img_4027

どちらにしろ考えてみれば、この記事があったことで、工作の技法や自由形の模型デザインに興味を持つように自分の鉄道模型趣味が方向付けられたようにも思います。

« ダイソーのキャップ火薬おもちゃピストル、(追記;修理しました) | トップページ | LED照明内蔵 折りたたみ 撮影ボックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイソーのキャップ火薬おもちゃピストル、(追記;修理しました) | トップページ | LED照明内蔵 折りたたみ 撮影ボックス »