2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月27日 (水)

木製手万力を買いました。

小さな部品をやすり掛けするときに、なかなかうまく指で保持できず、かといって卓上バイスを使うと思った方向からうまくやすりがかけられません。

そういう場合は、この手万力の出番のはずなんですが、これ、ガタガタするのとアルミ鋳造製なのでどうもしっくり固定できず、ほとんど使わずじまいで40年以上放置プレイの状態でした。この手万力、中学生のころ、たしか子供の科学で紹介されてたのをみて買い求めたものだと思います。良く持ってたもんだと我ながら物持ちの良さに感激。

Img_3760

それはともかく、先日たまたまですが、ジュエリー加工のお店を覗いたら工具のコーナーがあって、そこで木製の手万力を発見。後ろからくさびを打ち込んで固定する方式で、さすがジュエリー用、咥え口には皮が貼ってあって小さな部品も傷つけずにしっくり固定できそうですし、円筒形に削ってあるので手にもなじみそう、というわけで迷わず購入。

Img_3761 Img_3762 Img_3763

持ち帰って袋から出し、使い心地を確かめると、なんとまあ、触り心地の良いこと。いつまでも握って撫でさすっていたくなう様な丸くてすべすべした感触です。片方の先端が丸く、もう片方が直線の咥え口になっていてどちらでもワークを咥えることができます。

ほんとに手にしっくりとおさまってこれなら快適にやすり掛けの作業ができるなあ、プロはこういう道具をつかってジュエリーの細工をしていたんだなあ、となんともいえない感慨にふけったりしてしまいました。

調べてみると、このタイプの手万力、ジュエリーの世界では伝統的?なものらしくて、20年以上も使ってます、という宝飾関係の方のウェブページも発見。形が全く変わらないというのはそれだけ優れてこなれた道具なんだろうなと思います。

他にもいっしょに糸鋸の刃を買いました。棚に並んでいたブランドは、PIKE、スーパーパイク(魚)、ヘラクレス。模型界隈で有名なバローべは1番以上の粗いものしかなく、どうも一般に使われているらしいPIKEブランドから3/0の1ダース入りを購入。ハンズで買うよりずっと安かったです。このブランド、やすりで有名な魚地球と同じメーカーなんでしょうか?やすりも魚地球が一番メジャーなようで、バローべもありましたが魚地球の2倍以上の値段がしていました。

Img_3764

やっとこなどは昔ながらの手作りのものが売られていて、プロの職人さんにはラジオペンチみたいな構造の今風のものよりこういうタイプのほうが自分で調整できるのでつかいやすいのかもしれません。

もちろん銀などの金属素材やロー付けの材量、道具、それから切削加工用のリューターや先端工具、磨き用のバフ、洗浄剤、黒染め剤、それからロストワックス原型用のワックスやスパチュラなどの工具なども豊富で見ていて飽きません。

ただ、アマチュア用に模型店やハンズなどで売られている道具類とはずいぶんと品ぞろえが違うなあ、という気がしました。

最後に余談です。

この手万力、「てまんりき」と読みますが、手万は「しゅまん」ともよめますね。仏語で「シュマン」は「道」。で、鉄道のことを「シュマン・ド・フェール (chemin de fer)」って言うんですね。

ということで、この木製手万力、鉄道模型工作にもピッタリの道具だと思いますので、試してみる価値はあると思いますよ。

いささか強引なこじつけでしたが、以上、余計なお世話の無駄話でした^^;


2017.9.29 追記

先日に引き続き、もう一つ手万力を買ってしまいました。

Img_3771

アンテロープ社製のハンドバイスです。

こっちは顎が金属製なので、板材などをしっかりとつかむことができそうです。

なんといってもこの高級感?がいいですよねー。道具もこういう上品なデザインのがえもいわれずよろしいのでつい手を出してしまって後悔しています^^;

2017年9月24日 (日)

ものづくりが好きな人に、ミニマリストや断捨離リストはいないと思います。

こんな記事を見つけました。

料理なんてレシピさえあれば作れるんじゃないの?と考えたマジの料理童貞が突然ハンバーグを作った - ネタりか

面白い、と言いますか、むかし寮から出てアパートで一人暮らし始めた時のことを思い出しました。

まさにこんな感じでしたね。まあ、驚くくらい初期投資?が大きいのにびびってしまったのを覚えています。

しかしこれ、料理だけじゃなくおよそものをつくる行為すべてに言えることなのじゃないかと思います。模型工作だって、絵画だって、手芸だって、裁縫だって、DIYだってみんな同じく必要な材料と道具が揃っていなければ、手をつける事もできません。

ミニマリストや断捨離リストが、何かつくろうとすると全ての材料と道具を手に入れるところからだろうからこう言う感じになるんだろうなあと思います。

でも、ミニマリスト、断捨離リストにいわせれば、そんなもん、完成品、製品を買えばいいじゃないか、外食でいいじゃないか、満足できないレベルだと言うなら細かく指示してオーダーすればいいじゃないか、って言う方向になるんでしょうけど、そうじゃない。自分でつくりたい、オリジナルのものを創造したい、つくることを楽しみたいのだし、それをいつでも自由に慣れた状態で余計な手間や出費をせずに出来るようにしたい、と言うのがものをつくるひとの願望だし、必要条件なんです。

そこのところで、もう、ミニマリストや断捨離リストとのあいだにはお互いに永延に理解出来ない溝があるのじゃないでしょうか?

などと考えつつネットを見てると、ミニマリストについてこんな記事が……

ミニマリスト(を目指すの)をやめた理由 | yuukee | note

ミニマリストは少ないお金で暮らせない

いやほんとそうですよね、と言う読後感。ミニマリストや断捨離ストも兎に角お金がかかるライフスタイルだと思います。上の料理童貞さんの例で言えば、ミニマリストや断捨離ストは、料理つくり終わったら、残した材料も道具も一旦処分して身の回りをシンプルに綺麗にすると言うことですよね。で、またつくるときは新たに材料から道具からお金をかけて(買い集める労力と時間だって買えます)入手するということですよね。

こう言う記事読んで、自分やものづくりする人たちの立場で考えてみると、肌感覚的なレベルで、つまり、ミニマリストや断捨離ストって何もつくらない富裕層純粋消費者の道楽だって確信できるような気がします。

こんなtweetも見つけました。

RPM @RPM99
たまに「○○をたった××円で作ったぞ!」みたいな記事が話題になるが、大概が道具がプロレベルでそろっており、材料を安く入手できる手段をもっていて、かつ本人の技術力が高く、時間も相当かかってたりするので「それだけDIYが趣味で得意ならできるでしょうね」という感想で終わることが多い。

RPM @RPM99
逆に「素人でも超簡単!」的な宣伝文句の記事で本当に簡単なときは、完成後のクオリティがただただ低く、例えば料理のネタなら「これが激ウマとか、お前の舌が腐ってるか、普段ドッグフードしか食べてないのかどっちかだろ」みたいなことが多い。

とまあ、ここ半年以上、素材と称してガラクタやゴミ、使いそうもないパーツやキットを買い集め拾い集め整理もせずにゴミ汚部屋を放置しながら何にもつくらずつくれずミーティングにも手ぶらで参加している私が偉そうに言うことか、という反省と自己嫌悪もないことはないですが、どうにも出来ない状況の悪あがきに書いてみた記事ということでご容赦の程を。

ああ、はよ回復してなんかつくれる状態になりたい^^;

2017年9月 9日 (土)

オランダの保存鉄道

ハードスケジュールの出張でしたが幸運にも少し時間ができたので、保存鉄道を見てきました。

オランダの蒸気機関車はスチームトラム型が多かったようで、今回走っているのを見ることができた機関車もスカートを履いていました。

Img_3477 Img_3499

好ましい形のディーゼルもいました。

Img_3444

これは機関庫の中。このほかにも何両か蒸気機関車がいるようです。

Img_3423 Img_3426 Img_3437

手に入れた資料とお土産です。模型にも使えるかなと思って買ったイヤリング?はなぜか英国製でした^^;

Img_3697 Img_3698

運良く国立美術館にも立ち寄れて、わずかな時間(切符売り場で、今からじゃ閉館まで1時間もないから十分みられないし料金もったいないよ。明日出直してきた方がいいよ。と忠告してくれました。係員さん、親切^^;)でしたが、レンブラントの夜警とフェルメールの作品を見て、ロゴ入りのプレイモビルもゲット。いい記念になりました。

Img_3699

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »