« 石積みアーチとデッキガーダーお立ち台進行状況 | トップページ | 石積みアーチとデッキガーダーお立ち台とりあえず草地までできました »

2017年6月 3日 (土)

CUT LUBE代用品をつくってみました。

今野さんのブログで、CUT LUBEなる糸鋸用の潤滑剤が話題になっていたので、ちょっと興味を惹かれました。なんでも彫金の世界ではポピュラーな潤滑剤とのこと。

糸鋸を使う前にローソクをひと撫でしてから切り始めると引っかかったりしないというのはよく知られています。私もずっとその方法をつかっていて不自由はないのですが、たまに刃の通りが渋くなることがあってローソクをこすりつけたり、ロウとキリコが固まって切り口に粘りついたりすることもあるので、もっと使いよいというのなら試してみたいと思いましたが、手に入れるのが面倒そうなので、ちょっと思いついた材料で実験してみることにしました。

CUT LUBEは粉っぽい材質でサラサラしていてキリコが詰まらない、ということなので、ひょっとして、と考えてタルカムパウダーを振りかけて糸鋸を使ってみたら、なんとなく滑りがよくなったような錯覚?

というわけで、ローソクを溶かしてタルカムパウダーを混ぜ込んで固めたものを試してみました。パラフィンとタルカムパウダーの比率は1:1です。

Img_2110 Img_2111

さっそくこの塊を糸鋸の歯にこすりつけ、真鍮板の切れ端を切ってみたら、確かにワックスがキリコと一緒に切り口にたまることもなくサラサラと落ちてくれます。こころなしか滑りもローソクだけの時に比べてコロコロ滑るような感じがして、まあ気のせいかもしれませんがなかなか気分がいいので、やってみる価値はあったかな?という感じです。

« 石積みアーチとデッキガーダーお立ち台進行状況 | トップページ | 石積みアーチとデッキガーダーお立ち台とりあえず草地までできました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石積みアーチとデッキガーダーお立ち台進行状況 | トップページ | 石積みアーチとデッキガーダーお立ち台とりあえず草地までできました »