2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« [閲覧注意] 機械工学に関心のない人にリンク機構の構造とその動作を説明し理解してもらうにあたって大変効果的な製品サンプルの紹介について。 | トップページ | 初夏の日差しを感じる朝の食卓で…… »

2017年4月22日 (土)

グルミットのトイ・トレイン登場シーン

鉄道模型がプロットの重要な構成要素として登場する映画ってなかなかないような気がします。

むかし、TMSのミキストで、アメリカだかヨーロッパだかのモノクロ映画の時代に、貴族の館で爆薬を積んだ2台の列車が衝突しないように次々とポイントを切り替えて走らせて勝負するというシーンのある映画が紹介されていたことがあったように記憶していますが、あれはどういう作品だったのでしょうね?

自分が唯一実際に見たことがあるのは、「ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!」の、グルミットがものすごい勢いで手に持った箱から線路を自分の前に置いてルートを作っていくシーンですね。あのスピード感のあるストップモーションアニメーションはもう、最高でした。

ひょっとして、と思って探してみたら、動画がアップされていましたので転載しておきます。名作です^^; 該当するシーンは11:20あたりからです。

ほかにも、これは、鉄道模型、鉄道おもちゃそのものが主役のアート的な短編映画ですが、Toccata for Toy Trains というアンティーク・ビンテージ・トイ・トレインを使った有名なアニメーション・フィルムがあります。好きなフィルムです。むかしむかしに機芸出版社から直接通販で購入した大事な大事なビデオテープのコレクションです(^^;;;

なんと、これも検索したら出てきましたので貼付けておきます。名作だと思います。

« [閲覧注意] 機械工学に関心のない人にリンク機構の構造とその動作を説明し理解してもらうにあたって大変効果的な製品サンプルの紹介について。 | トップページ | 初夏の日差しを感じる朝の食卓で…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [閲覧注意] 機械工学に関心のない人にリンク機構の構造とその動作を説明し理解してもらうにあたって大変効果的な製品サンプルの紹介について。 | トップページ | 初夏の日差しを感じる朝の食卓で…… »