2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« スワップミート同窓会2017に行ってきました | トップページ | 第2回鉄道模型芸術祭2017に参加しました »

2017年3月18日 (土)

江ノ電に乗って、稲村ヶ崎に砂鉄を採りに行きました。

ここで、砂鉄が採れるというので、磁石を持って出かけてみることにしました。

Img_0743

小田急線に乗って藤沢駅へ。駅の売店で見つけたこれを買って江ノ電に乗り換えます。

Img_0669 Img_0739

車窓から久しぶりに海を眺めながら電車に揺られて着いた稲村ヶ崎の駅は、なんと駅舎とホームの屋根が今時の木造でした。

Img_0696

少し歩いて浜に出ると、砂が黒くキラキラと光っているのがみえます。期待ができそう。

Img_0682

早速磁石を取り出して、ジップロックに入れて砂を探ったら、あっという間に砂鉄がウニのトゲのようにくっついてきました。

Img_0687

500グラムほど集めたところで満足して持ってきたおにぎりを取り出してぱくついていたら……

トンビや鳩がどんどん上空に集まってきて、なんだかヒッチコックの映画のようになってきたのに怯えていたら、いきなりトンビに後ろから襲いかかられて、まだ1/3くらいしか食べていなかったおにぎりを、飛び去り際に見事に持っていかれました。びっくり。一緒につきあって来てくれていた家内は鋭い爪に手を引っかかれてうっすらと傷ができてしまいました。

おにぎりがなくなったら、あれだけ集まっていたトンビも鳩もすうーっといなくなってしまって、またびっくり。

ここでこれ以上食事を続けているとまたトンビに襲われかねないので、早々に移動して長谷寺へ。お弁当を広げた見晴台にはこんな看板がありました。かなり被害が出てるんでしょうか?

Img_0707 Img_0711 Img_0712

もちろんせっかく鎌倉まで来たんですから、大仏さんも見てきましたし、鶴岡八幡宮にも参拝してきました。しかしまあ、20数年前とは様変わりの観光地化!土産物屋や飲食店が並ぶ商店街がすごいこと。外国人も多くて、日本人の方が少ないくらいなんじゃないかと思えるくらいでした。

Img_0730 Img_0737 Img_0735

それに、はなやかな着物を着た若い女性が目立ちます。ながめながら、明治村でもそうでしたが、やっぱり日本人には着物がよくにあうなあ、と改めて感心しきりでした。

よく見たら商店街の一角に、レンタル着物の店がありました。こういうのが流行しているのですね。カップルで着物姿で歩いている観光客もいました。帰りの駅にはこんな広告がでかでかと。やっぱりかなり力を入れているんですね。

Img_0745

ところで、これは長谷駅のトイレの張り紙。江ノ電ってなかなかユーモアがあります。

Img_0699


« スワップミート同窓会2017に行ってきました | トップページ | 第2回鉄道模型芸術祭2017に参加しました »

コメント

砂鉄を集めてどうされますか。何か使い途があれば、とは思うのですが、刀を作るのは大変そうです。
あのあたりの砂鉄は、川から来ます。火山地形ですから少しずつ流れて来るのですね。随分前ですが、海の底から海流で運ばれて来るという荒唐無稽な話を聞いて、驚きました。それは無理です。川底を調べてみればすぐわかることですけど。
学生時代に島根の斐伊川で採った砂鉄を調べました。バナジウムが多いのです。この元素が入っていると刃物の靭性が大きくなって、欠けにくい刃物になります。稲村ケ崎のは少なかったので、刀には適さないのかもしれません。

dda40xさん

純粋な好奇心です。子供が小さい頃に連れてきてあげればよかったなあ、とすごく思いながら砂鉄を集めていました。
自分で加工などする手段も技術もありませんので、ただ容器に入れて磁石で形状が変化するのを楽しむくらいですね。それでも十分に楽しめます。小さな子供にあげたら喜ぶかも。
砂鉄はあまり比重が高いとは言えませんが、鉛粒のように爆発?することもありませんから、模型の小さな隙間に充填できるウェイトとして利用できないかなと思っています。

一つ前のコメントですが、なぜか投稿者の名前が返信先の方の名前になっていたので修正しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スワップミート同窓会2017に行ってきました | トップページ | 第2回鉄道模型芸術祭2017に参加しました »