2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

ウチにある模型用バイス3種類

本格的な精密工作などというものにはあまり縁がないので、プロ仕様?の高級な道具工具は持っていません。

さすがに細かい番数の糸鋸の歯はハンズの金工コーナーで求めたバローベを使っていますが、やすりなんて荒削りには最近は100円均一のもののコバを落としてつかってたり^^; 

バイスもしかりです。最近仙台のKさんのブログでバイスの整備のお話が出ていて、精度が酷い粗悪品だとダメ出しされたトラスコのバイスが自分の使っているものと形が似ていたので気になってたしかめてみました。

これです。20年以上前に5、6千円(もう少し高かったかもしれません)で買ったものだと記憶しています。

Img_0862

口金に刻みがあるのでアルミアングルを介して使っていますが、特に気になるほどのガタもなくアゴが持ち上がったりすることなくしっくりと確実に締め付けられるので不自由はなかったのですが……

Kさんに確かめてみると、なんと、これはトラスコよりひどい粗悪品?でKさんも同じ製品をお持ちとのこと。で、どうやら製品のばらつきが大きい様でこれはアタリとのことでした。自分の工作にはまったく支障がないので、まあ、ラッキーだったということですね。ただ、Kさんのレベルになると、私の工作精度では気にならない様なガタを問題にされているのかなと考えると、どっかにすっこみたい気分です^^;

知人のモデラーhさんもこれとよく似た形のバイスを持っておられて、それにはかなりガタがあるとのことでした。このタイプのバイスは現在何種類か販売されている様ですが、ずいぶんと品質に当たり外れがあるようなので、気をつけなければいけないと思います。

他に持っているバイスは二つ、一つは30年以上前に銀座の伊東屋で買ったもので、アゴの上面に機械加工痕がひどい上にガタがありましたが、もともとすり合わせ加工前の品物だったようで、アゴ部品裏側のスライド抑え板を止める部分を削って調整すると意外なくらいにぬるぬると作動する様になりました。

Img_0863

もう一つはご存知プロクソンのダイキャスト製バイスです。これは締め付け時にアゴが持ち上がることはないものの結構ガタがあるので、あまり精密な作業には使えません。これでボール盤でのワーク保持やフライス作業など、本当にしているんでしょうか?ちょっと気になります。

2017年3月26日 (日)

第2回鉄道模型芸術祭2017に参加しました

3月24、25、26日と、池袋で開催された第2回鉄道模型芸術祭に参加しました。

Kc4a0957

去年と同じく、会場の東京芸術劇場前の広場では、縦型ボイラの軽便蒸気機関車が乗客を乗せて展示運転。

Kc4a0970

ステージでは、なぜか第2回鉄道模型芸術祭の名を冠したコンサート?上演?二日目は雨模様で寒くてちょっと気の毒でした。

Kc4a0969

広場の反対側にはこんな屋台?が。

Kc4a0972

宮城県の水産物のプロモーションですね。近寄ってみたら、いきなりパンフ類と小さなお椀にお箸を渡されました。なかには海藻と牡蠣が2個入ったお汁。おいしかったです。アンケートには宮城県が日本で一番水揚げ量がおおいのだと書いてありましたが、ちっとも知りませんでした。牡蠣の産地であることも今回初めて知ったというお粗末。これから宮城の牡蠣を買ってみようかなと思います。

Kc4a0968

さて、本題の鉄道模型芸術祭のすばらしい展示作品類の紹介は、例によって他のモデラーさんたちのレポートにお任せするとして……

展示側として参加していてよかったのは、模型ファンではないとおもわれる親子連れのお客さんが来て面白そうに展示品を見ていってくれたことですね。

展示全体の人気はやはりレゴとプラレールかな?子供達や親子連れがたくさん集まって眺めているのを見るのはとても楽しかったです。

Kc4a0954 Kc4a0943 Kc4a0937

あと、目に留まったのは、たらいの中を走る電車、それから自作の人形がいっぱいの市電のジオラマレイアウトかな?こういう見ていて楽しい作品はとても素敵だと思います。自分はやっぱり写実的なものよりこういう絵のような作品のほうが好みなんだと思います。

Kc4a0950 Kc4a0963 Kc4a0965

自分の出展作品は、周囲のハイレベルな作品群とは場違いなミニカー改造レールカーやくるくるくるり線路みたいな正統派の鉄道模型とは口が裂けても言えないようなものばかりで、かなりはずかしかったりするので写真はありません。

2017年3月18日 (土)

江ノ電に乗って、稲村ヶ崎に砂鉄を採りに行きました。

ここで、砂鉄が採れるというので、磁石を持って出かけてみることにしました。

Img_0743

小田急線に乗って藤沢駅へ。駅の売店で見つけたこれを買って江ノ電に乗り換えます。

Img_0669 Img_0739

車窓から久しぶりに海を眺めながら電車に揺られて着いた稲村ヶ崎の駅は、なんと駅舎とホームの屋根が今時の木造でした。

Img_0696

少し歩いて浜に出ると、砂が黒くキラキラと光っているのがみえます。期待ができそう。

Img_0682

早速磁石を取り出して、ジップロックに入れて砂を探ったら、あっという間に砂鉄がウニのトゲのようにくっついてきました。

Img_0687

500グラムほど集めたところで満足して持ってきたおにぎりを取り出してぱくついていたら……

トンビや鳩がどんどん上空に集まってきて、なんだかヒッチコックの映画のようになってきたのに怯えていたら、いきなりトンビに後ろから襲いかかられて、まだ1/3くらいしか食べていなかったおにぎりを、飛び去り際に見事に持っていかれました。びっくり。一緒につきあって来てくれていた家内は鋭い爪に手を引っかかれてうっすらと傷ができてしまいました。

おにぎりがなくなったら、あれだけ集まっていたトンビも鳩もすうーっといなくなってしまって、またびっくり。

ここでこれ以上食事を続けているとまたトンビに襲われかねないので、早々に移動して長谷寺へ。お弁当を広げた見晴台にはこんな看板がありました。かなり被害が出てるんでしょうか?

Img_0707 Img_0711 Img_0712

もちろんせっかく鎌倉まで来たんですから、大仏さんも見てきましたし、鶴岡八幡宮にも参拝してきました。しかしまあ、20数年前とは様変わりの観光地化!土産物屋や飲食店が並ぶ商店街がすごいこと。外国人も多くて、日本人の方が少ないくらいなんじゃないかと思えるくらいでした。

Img_0730 Img_0737 Img_0735

それに、はなやかな着物を着た若い女性が目立ちます。ながめながら、明治村でもそうでしたが、やっぱり日本人には着物がよくにあうなあ、と改めて感心しきりでした。

よく見たら商店街の一角に、レンタル着物の店がありました。こういうのが流行しているのですね。カップルで着物姿で歩いている観光客もいました。帰りの駅にはこんな広告がでかでかと。やっぱりかなり力を入れているんですね。

Img_0745

ところで、これは長谷駅のトイレの張り紙。江ノ電ってなかなかユーモアがあります。

Img_0699


2017年3月 5日 (日)

スワップミート同窓会2017に行ってきました

練馬ココネリで開催されているスワップーミート同窓会2017に行ってきました。

会場を回ると、面識はなくともどこかでお見かけしたことのある方もたくさん出店されていて、意外とこの世界って狭いのかなあと改めて思いながら会場をうろついていました。

趣味を長く続けておられて処分したい模型やキット、パーツなどを出品されている方が多く、眺めていると面白くて飽きません。

今回も、形に惹かれて、パーツをいくつか買い求めました。HOスケールのパーツです。もう老眼で目がついていかないので、使うこともないかもしれないのに困ったことです。

Img_0576_2

このパーツをつかってなにかちょっと精密感のあるレールカーなど作れないかなとおもっていますが、なかなかインスピレーションがわきません。

無理やりやる気を出してもあまりいいことがありませんので、しばらく放置状態が続きそうです。

2017年3月 3日 (金)

小学館女子小学生向け漫画雑誌「ちゃお」の付録、プリちぃおそうじロボCHI-01 うまく動かすコツ

ルンバのミニみたいな優れものの卓上掃除機がふろくについていると聞き込んで、早速買ってきました!

小学館女子小学生向け漫画雑誌「ちゃお」です。こんなもの買ったことなかったので、本誌の中身も興味津々でしたが、なかなかかわいくておもしろそうです^^;

Img_0551 Img_0550

それはともかく、さっそく箱を開けて組み立てて……。さいしょからできているのではなく、あまり工作の得意でない小学生でも、特に道具も使わずに組み立てられ、満足感を得られるようにとしっかり配慮がされているよくできた付録なのに感心しました。

Img_0552 

出来上がりはこんな感じです。机の縁に来たら方向を変えて落ちないように机の上を走り回って吸引ファンで掃除してくれるという仕組みです。

Img_0562

電池を入れてワクワクしながら机の上を走らせてみたら、どういうわけか、しくみがうまく働かず、しょっちゅう机から落ちてしまうのにはがっかり。

もう一度分解して、仕組みをよく調べてみたら、どうやら机の縁を検知する2つのアームのうち右のアームがうまく働いていないことがわかりました。そこで、下の写真のように、右のアームの付け根のところ(黄色く見える部分です)にノートの表紙くらいの紙を貼り付けてみたら、大成功。机の端でくるりくるりと方向を変えて、机の上を走り回ってくれるようになりました。

Img_0554

けっこうかわいいです^^;

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »