2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月28日 (土)

ネジ式連結器

手元にあるHO欧州型車両製品のネジ式連結器を取り出して並べてみました。

Img_0055

左から、ロコ、リバロッシ、リリプット、ブラーヴァ、LSモデルスです。

メーカーによって随分と形や大きさが違いますが、どうしてなのでしょう?本物もこれくらい種類があるのでしょうか?

この中では、ロコやLSモデルスのが見慣れた形のように思います。

しかしそれにしても、何百トンもある列車を、こんな細い鉄棒で引っ張っているのかと思うと信じられない気分になりますね。


2017年1月23日 (月)

小田急線の車内電光掲示板の字体

通勤電車の中で、ふと見上げたドア上の行き先電光掲示板の字体が明朝体風?だということに気づいてちょっと感動。

画素数の少ない電光掲示板ですから、ゴシック体だとばかり思っていたのですが、下の画像をよくごらんください。

Kc4a0721

町田の町の丁の字の横棒の右肩とか田の字の右上肩にご注目。それから、ひらがなの「は」の字の筆遣いの味とかゴシック体ではありませんよね。

JRの掲示板が画素数はうんと高いのに味気ないゴシック体を使っているのとは対照的です。

小田急線、えらい!

気づいてなんかちょっと得したような気分になった朝の通勤時間でした。

追記;

今月発売の「とれいん」誌「蕗狩通信」は、ミシカル風Sn2シェイギヤードロコと水晶鉱石ダンプカー編成です。書店で見かけたらごらんください。

2017年1月14日 (土)

ミルククリーマー、モーター換装

久しぶりにミルククリーマーを使おうと思って取り出したら、なんと電池を抜くのを忘れていて、液漏れしていました。

大分以前に漏れたらしくバッテリーケース内は結晶化した電池液でおおわれ、接点も真っ黒。どうにもなりません。

できるだけ接点をきれいにして電池を入れ替えてみましたが動きません。仕方が無いので分解してみたら、モーターへの配線が切れていました。

こうなったら徹底的にと、接点を取り外しケースと接点を歯ブラシでこすりながら水洗いしてクリーニング。それから改めて半田ごてを握り、新しいコードで配線し直しました。

で、組み立てて電池を入れてスイッチボタンを押して……も、動きません。なんでや?

もう一度分解してモーターの接点に直接電流を流してみたら、なんと、モーターが死んでいることが判明。電池からもれた液がモーター内に入ったのでしょうか?それとも腐食性のガスのせいでしょうか?

普通ならここであきらめるところでしょうが、山ほどいろんな素材やジャンクを溜め込んでいる私としては、ここからが工夫のしどころです。

よく見てみたらモーターは工作用のモーターとは接点の位置が違いますが幸い外形の寸法がほぼ同じでした。で、手元にあったマブチモーターに合わせてケースを削り、強引に換装。シャフトが少し短いのですが、問題はなさそうです。

Img_0029 Img_0030 

ということで、修理完了。なんとかこれでまたミルクを泡立てることができます^^;

95203834

今日の工作はこれでおしまい。いいストレス解消になりました。

追記;

さっそく泡だててみたら、やっぱりモーターの力が少し弱いようです。オリジナルは相当トルクの強いモーターだったみたいです。ちょっと残念ですが、時間をかければそれなりに泡立つので良しとします^^;

Img_0031

2017年1月 7日 (土)

HOゲージ CIWL コートダジュール プルマン 室内灯加工&パーツ過不足顛末

去年の夏、エルマートレインのページを見ていて、ついうっかり買ってしまったLSモデルのCIWL コートダジュール プルマンは、座席も綺麗な色で塗り分けられているし、天井まで表現されていて、とてもいいなあ、とはおもうのですが、こまったことに照明がないのでそのままでは覗きこんでも室内の様子がわかりません。

で、照明をつけることにしました。

分解してみたら、このとおり。しばし考えて、テープLED照明のチップを切り離して天井に貼り付けるのが良いかなと判断。で、配線は天井裏。台車はリン青銅線を使ってなんとか車輪の裏にブラシをあてましたが、車内にコードを導く通路を確保するのにちょっと難儀。

Img_0037 Img_0046_1 Img_0041

結果はこの通り。プラケースを利用して通電できる展示台もつくりました。照明がちょっと明るすぎるのが問題です。そのうち紙か何か貼り付けて照度を落とそうかとも考えてます。あ、天井裏にLEDを設置するというてもあったんだなあ、と今頃気付きましたが、まあ、いいでしょう。

Img_0047 Img_0044 Img_0045

実は、テーブルランプも透明プラの導光部品で繋がっていてLEDを組み込めるように見えたので、ちょっと頑張ってやってみましたが、結果はダメ。ちゃんとした光学繊維でないと光がほとんど届かないようです。で、ボツ。室内灯だけとなりましたが、それでもそれなりに室内が楽しめて、満足というところでしょうか。

人形も載せたいですが、これだけ綺麗な内装だと、ちゃんとしたディテールの正装した人形を載せたくなります。人形の手配が大変そうなので、いましばらくはこのままで楽しむ予定です。

ところで、この模型、走らせる気はないので、カプラーも付属部品として入っているリンク&スクリューにかえて、と思ってパーツの袋をあけたら、折りたたんだ状態の幌が一つしか入っていませんでした。折りたたんだ状態の幌用のステイは4つ、つまり幌2個分はいってますから、幌が1個欠品ですね。こまりました。これだと展示用にできませんし、連結面の状態が楽しめません。

仕方ないのでエルマートレインにメールして、欠品の折り畳み状態の幌を送ってもらえるようにお願いしましたが、さて反応はどうなるか、返事が来たらまたここで報告したいと思います。

追記;

夕方、エルマートレインから、丁寧な文面でメールが届きました。すでに在庫がないので、メーカーから取り寄せてくれるとのことですが、パーツ番号が無いので、写真を送ってくれとのこと。

とりあえず、問題の幌1個の写真とあわせてパーツ袋の中身全部を写した写真を送りました。幌用ステイが4個つまり幌2個分入っていることもこの写真で確認できるので欠品について納得してもらえると思います。

無事パーツが手に入るといいのですが……

2017.1.8

エルマートレインさんから連絡がありました。

結論から言うと、私が送ったパーツ袋全体の写真を見て、もともとパーツの過不足があるようなので、その不足分を含めて展示用にセットアップできるパーツ一式を送ってくださるとのこと。

テレビ大阪主催の「鉄道博2017」に出展中でお忙しいところだった模様でしたのに、丁寧で親切な対応に感謝です。

ということで、パーツが届くのを待って、スクリュー&バッファの連結面を楽しめる展示車両の整備加工を楽しみたいと思っています。完成したら、また画像をアップしたいですね。

2017年1月 5日 (木)

「百年列車」と「日本の鉄道ことはじめ」入手(作者からの情報追記しました)

どちらも年が明けてから通販注文したのですが、なんと正月5日に届きました。

Img_0031

「百年列車」はIORI工房の同人誌?ですね。内容前半は去年の夏にカラーコピー刷りで購入したものと同じ。だから表紙の絵が同じなんですね。前半の後、幕間のページ?があって、その後の顛末で1話となっています。擬人化の方法がおもしろくて、なかなか楽しめました。

ただ……擬人化した客車少女たちはとてもかわいいんですけど、大型ボギー客車の年増お姉さんのほうはなんか妙に絵がぎこちないのは、これは作者の趣味嗜好、性向のなせる業でしょうか?^^;

で、各車両の車両形式番号、次ページのセリフを参考に編成図に書き込んでみました。そしたら……なんで2両目の3等車が「は21」、とこれだけ形式記号がひらがななの?

Img_0032

あと、後ろから6ページ目の右上の小さな白いコマはなにか文字とか書き忘れたんだろうか? もし入れる文字があったらおしえてほしいな。自分で書き込むから^^;

で、いっちゃん気に入ったのは、「そもそも列車を出すかどうかはあんたじゃなくて車掌さんが決めることよ」というセリフ。そうなんですよね。英語ではコンダクターっていうもんね。名実ともに列車運行の指揮者なんですよね。一般的に、機関士(運転手)がチーフで車掌は補佐みたいに思われているのは、個人的にとっても気に入らなかったので、このセリフ、非常に感動?しました。

それはともかく、今回の冊子は前半部分の絵にも少し手を入れているみたいですし、なんといっても綺麗な中綴じ製本にはちょっと驚きました。

「日本の鉄道ことはじめ」のほうも同時に入手。まあ、ありがちな鉄道史雑話といえばそうなんですが、鉄道開業初期の頃の話が集められているみたいでなかなか興味を惹かれたので入手。でもそのあたりになると、史実がどうか怪しいところもありますので、話半分噂話を楽しむ感じで読みたいと思っています。

ついでにですが、この本、なかなか好ましい絵柄の挿絵がたくさんあって、ページをぱらぱらと眺めているだけでも楽しめます。

2017.1.6 追記;

「日本の鉄道ことはじめ」の挿絵、どこかで見たような親しみのある絵だなあ、と思って眺めていたのですが、奥付を見て納得。映画「この世界の片隅に」の原作者、こうの史代さんでした。なんかいい本に当たったような気がします。


2017.1.8 追記:

作者に聞いてみたら、

「は21」がひらがななのは、彼女が官鉄生え抜きではなく、鉄道国有化によって買収された私鉄車だからですね 形式の付け方が元所有者毎にバラバラなのは困るので明治44年に一斉に改番されました。

とのこと。いろいろと興味深い経緯があるのですね。

それから真っ白のコマについては、

あれは場面転換の間合いコマなのであれでいいのです。

ということでした。うむ、そういうことか。

さて、次作はどんなエピソードになるのでしょうね?

2017年1月 4日 (水)

カメラ(Power Shot G1 X Mark II)新調しました


CANON Power Shot G1 X Mark II
を新調しました。

Img_0030

これ、シリーズのフラッグシップ機種とはいえ、2014年3月の発売だからかれこれ3年前の機種なんですよねえ。なんでいまさらこれ?と思われるかもしれませんが、実は選択肢がなくて……

というのも、ずっと使ってきたPower Shot G12の電源がおかしくなり、ついでレンズの動きがおかしくなって、修理に出したら、もう補修部品がないので、代替品として、G9X(再調整品)を均一修理代金相当額、またはG1X Mark II(新品)を均一修理代金+追加約1万5千円(保証期間は修理品と同じ3ヶ月を適用)、のどちらかを提案します、という連絡が。

この物入りの時になんでまた、と思いましたが、カメラがなくなるのも困りますので、いろいろ調べて、自分には過剰なスペックなのは承知の上ですが、チルトディスプレイだけは絶対必要だな、という単純な理由でG1Xを選択。少し迷いましたが、G12の時に使ってたフィルターアダプタも現物交換してもらえるし重くて大きいのは仕方ないと判断。ケースもそのまま使えますし、実質的に実売価格の半額だからまあいいかと。でも予備バッテリーは互換品なので交換してもらえないですから、新しく入手しないといけないんですがこれが高価……困ったものです。

とかなんとかいいつつキャノンに連絡して、届いたカメラは確かに大きくて重いですがG12と比べると返ってコンパクトになった感じです。マクロもレンズ先から5cmの距離まで寄れるのですが、望遠端では40cm。あまり拡大した画像は撮れません。これはクローズアップレンズがほしいなあ、と考え中です。どれくらいの番数のがいいのでしょう?

交換アクセサリーのフィルターアダプターが届いたら、バッテリーと一緒に入手することにしようかと思っています。

レゴIDEAS WALL-E ウォーリー21303 不具合修正パーツ請求顛末

1年ほど前に買ってしまったレゴ (LEGO) アイデア ウォーリー 21303ですけど、これ、組み立ててみたら首がやたらくるくる回ってポーズが思うようにつけられません。

Img_0016

へんだよねえ、と思っていたら、ひょんなことで、首取り付け部分の不具合が修正されたバージョンが販売されていてレゴジャパンに連絡すれば補修パーツを送ってもらえることがわかり、さっそく部品を請求してみることにしました。

で、年末の29日に上でリンクした記事内容を参考にメールしてみたら、なんと、正月3日の夜にこんな内容のメールが返ってきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注文番号:

○○○○○様

ご購入いただいたレゴ®セットに問題があったとのこと、お詫び申し上げます。当社では、レゴの玩具を最高の状態でお届けするよう尽力しております。お客様のご意見を当社の品質管理部にお伝えさせていただきます。

また、代品の出荷が済み次第、出荷確認書を送付いたします。なお、弊社でより詳しい情報が必要な場合は 担当より電話又はメールにて再度ご連絡させていただきます。 この他にご意見などがございましたら、お知らせください。

ありがとうございます。

レゴ®サービス

追伸 再度当社にご連絡いただく場合は、LEGO.com/service からお願いいたします 。このメールにお返事いただいても、システムで受信することができませんのでご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

定石通りの定型文ではありますが、なんか誠意、というよりレゴカスタマーサービスの意地というか迫力のようなもの感じますよね^^;

……で、これまたなんと、はやくも4日の夜には、こんなメールが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注文番号: ************

○○○○○ 様

大変お待たせしております。

レゴ®のパーツを発送いたしました。5〜8 営業日以内に到着する予定です。この期間が経過してもパーツが届かない場合は、LEGO.com/serviceにて最新情報をご確認ください。

今回お送りしたレゴのパーツは、以下のとおりです。

数量       1
パーツ番号   6162839
名称       Rework bag, 21303

普通郵便で以下のご住所に発送いたしました。

○○○
○○○○○○○○○○*−**−**
***-**** JP

この他にご意見などがございましたら、お知らせください。

レゴ®ブロックの組み立てを楽しんでください。

レゴ®サービス

追伸 再度当社にご連絡いただく場合は、LEGO.com/service からお願いいたします 。このメールにお返事いただいても、システムで受信することができませんのでご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うーむ、対応が早いし、丁寧! さすが、と言いたくなります。

普通郵便ですから着くのは今週末か週明けくらいになるのでしょうか?

2017.1.7 追記

佐川急便でパーツが届きました。

クッション付きの封筒を開けると、送り状とパーツそれにインストラクションが出てきました。専用の修正パーツキットが用意されていたのですね。

Img_0060_3 Img_0062

レゴ社、さすがの対応だなあ、と感心しました。なんだか今年はお正月から運が良いみたいです。

さっそく、レゴカスタマーサビスに、お礼のメールを打って、ぼちぼちと「レゴ®ブロックの組み立てを楽し」むことにします^^;

追記2;

レゴ社からの送り状ですが、二つ折りしたら目の端になにかマークが……

なんとまあ、FSCのマークでした。初めて見ました。レゴ社は環境に配慮してますというアピールですね。でもこのインク代、チリも積もれば……なんて思うのは天の邪鬼?^^;

Img_0070

2017.1.10 追記;

こんなメールが届きました。お礼のメールに対する返答ですね。改めて、さすがレゴ社、とまた少しファンになりました^^;

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北村様
ご連絡いただき、ありがとうございました。

21303ウォーリーの修正版パーツが届いたとのこと、お知らせいただき、誠にありがとうございます。

レゴ・ファンの皆様のご意見をお聞きすることで、レゴを皆様により楽しんでいただけるようになると考えています。

今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

当社では、お客様にご満足いただくということを重視しております。そのため、当社からお送りするどのメールにも、4 つの質問にお答えいただくアンケートへのリンクが含まれています。当社の本日の対応についてお答えください。

LEGO Survey link
この他にご意見などがございましたら、お知らせください。

ありがとうございます。

ミエイ
レゴ®サービス
ご存知でしたか?
レゴの創立者オーレ・キアク・クリスチャンセンは、1934年に「レゴ」という名前を発想しました。デンマーク語で「よく遊べ」を意味する「LEG GODT」という言葉から2文字ずつ取って組み合わせたのが「LEGO (レゴ)」です。当時キアク・クリスチャンセンは知りませんでしたが、実は「Lego」とは、ラテン語で「組み立てる」という意味なのです。

お使いのメール・プログラムの「返信」ボタンを押すと返信できます。この際、メールの紛失などの原因になる場合がありますので、件名は変更せずそのままお使いください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Lego」とは、ラテン語で「組み立てる」という意味だったんですね。

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます。この模型つくってみたいですね

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよしくお願いします。今年はもうちょっとたくさん楽しい模型をつくりたいですが、さてどうなるか。

ところでテレビをつけたら、バックトゥーザフューチャー3が放映されてました。モデラーとしては、バックトゥーザフューチャー3といえばこれですよね。

この模型、ほんと良くできていると思います。こういうテイストの模型をつくりたいものだなあ、とおもいますが、それって、やっぱり鉄道模型のメインストリートからは無茶苦茶にずれてるんでしょうね。でも、気にしない気にしない。こういうのが心底好きなんですから^^;

Img_0024 Img_0025 Img_0026 Img_0027 Img_0028


« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »