2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「百年列車」と「日本の鉄道ことはじめ」入手(作者からの情報追記しました) | トップページ | ミルククリーマー、モーター換装 »

2017年1月 7日 (土)

HOゲージ CIWL コートダジュール プルマン 室内灯加工&パーツ過不足顛末

去年の夏、エルマートレインのページを見ていて、ついうっかり買ってしまったLSモデルのCIWL コートダジュール プルマンは、座席も綺麗な色で塗り分けられているし、天井まで表現されていて、とてもいいなあ、とはおもうのですが、こまったことに照明がないのでそのままでは覗きこんでも室内の様子がわかりません。

で、照明をつけることにしました。

分解してみたら、このとおり。しばし考えて、テープLED照明のチップを切り離して天井に貼り付けるのが良いかなと判断。で、配線は天井裏。台車はリン青銅線を使ってなんとか車輪の裏にブラシをあてましたが、車内にコードを導く通路を確保するのにちょっと難儀。

Img_0037 Img_0046_1 Img_0041

結果はこの通り。プラケースを利用して通電できる展示台もつくりました。照明がちょっと明るすぎるのが問題です。そのうち紙か何か貼り付けて照度を落とそうかとも考えてます。あ、天井裏にLEDを設置するというてもあったんだなあ、と今頃気付きましたが、まあ、いいでしょう。

Img_0047 Img_0044 Img_0045

実は、テーブルランプも透明プラの導光部品で繋がっていてLEDを組み込めるように見えたので、ちょっと頑張ってやってみましたが、結果はダメ。ちゃんとした光学繊維でないと光がほとんど届かないようです。で、ボツ。室内灯だけとなりましたが、それでもそれなりに室内が楽しめて、満足というところでしょうか。

人形も載せたいですが、これだけ綺麗な内装だと、ちゃんとしたディテールの正装した人形を載せたくなります。人形の手配が大変そうなので、いましばらくはこのままで楽しむ予定です。

ところで、この模型、走らせる気はないので、カプラーも付属部品として入っているリンク&スクリューにかえて、と思ってパーツの袋をあけたら、折りたたんだ状態の幌が一つしか入っていませんでした。折りたたんだ状態の幌用のステイは4つ、つまり幌2個分はいってますから、幌が1個欠品ですね。こまりました。これだと展示用にできませんし、連結面の状態が楽しめません。

仕方ないのでエルマートレインにメールして、欠品の折り畳み状態の幌を送ってもらえるようにお願いしましたが、さて反応はどうなるか、返事が来たらまたここで報告したいと思います。

追記;

夕方、エルマートレインから、丁寧な文面でメールが届きました。すでに在庫がないので、メーカーから取り寄せてくれるとのことですが、パーツ番号が無いので、写真を送ってくれとのこと。

とりあえず、問題の幌1個の写真とあわせてパーツ袋の中身全部を写した写真を送りました。幌用ステイが4個つまり幌2個分入っていることもこの写真で確認できるので欠品について納得してもらえると思います。

無事パーツが手に入るといいのですが……

2017.1.8

エルマートレインさんから連絡がありました。

結論から言うと、私が送ったパーツ袋全体の写真を見て、もともとパーツの過不足があるようなので、その不足分を含めて展示用にセットアップできるパーツ一式を送ってくださるとのこと。

テレビ大阪主催の「鉄道博2017」に出展中でお忙しいところだった模様でしたのに、丁寧で親切な対応に感謝です。

ということで、パーツが届くのを待って、スクリュー&バッファの連結面を楽しめる展示車両の整備加工を楽しみたいと思っています。完成したら、また画像をアップしたいですね。

« 「百年列車」と「日本の鉄道ことはじめ」入手(作者からの情報追記しました) | トップページ | ミルククリーマー、モーター換装 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「百年列車」と「日本の鉄道ことはじめ」入手(作者からの情報追記しました) | トップページ | ミルククリーマー、モーター換装 »