2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「三省堂図解ライブラリー 19世紀の鉄道駅」 | トップページ | N動力台車利用のくるくるせんろ用ミニ車両とりあえず塗りました »

2016年11月19日 (土)

固定軸もつくってみました

登山電車のおもちゃがまだ1つあったので、固定軸の車両もつくってみました。

これで1軸駆動2軸動力台車、固定軸、3点支持、横3点支持、ロンビックと一通り揃ったことになります。

安定性は、固定軸 >> 3点支持 > ロンビック >>> 横3点支持、という感じ。

工作難易度は、3点支持 >> ロンビック > 横3点支持 = 固定軸ですね。

イコライザのなかでは横3点支持は一番つくるのが簡単ですが、安定性は期待しない方がいいようです。

調子に乗って、専用の化粧保存箱?もしつらえました。

Img_6924 Img_6920 Img_6921

追記;工作に関して
基本的に見えないところは手をかけない主義ですので、機構部分の真鍮板端面処理など、欠き取り型のプラカッターナイフで筋目を入れて折り取った無残な断面のままの荒っぽい工作なのに驚かれた方もおられると思いますが、私としてはこれで十分。精度はしっかり確保していますし機能はちゃんと果たします。それに普通に線路の上を走らせれば、下回りの機構など全くと言っていいほど見えないのですから。
そういう見えないところにも細心の注意を払い美しい工作処理を見せるのがクラフツマンシップなのだという意見もありかとは思いますが、自分の場合はどうもそういう方面には、性格も気力も技術力も絶望的に不向であることを改めて確認したような工作でした。
ええやん、調子良く走って、おまけに見栄え(遠目に限る)もそこそこなら……ってわけですね^^;

2016.11.21追記;

よくよく速度を合わせて試してみたら、安定性は、固定軸 >> 縦三点支持 > ロンビック >>> 横三点支持、となりました。訂正しておきます(本文訂正済み)。縦三点支持とロンビックはほんのわずかの違いですが、ロンビックの方はコテンとこけるのに対し、 縦三点支持 は固定軸よりも不安定なものの片輪走行?でほんの少し持ちこたえるような感じです。

« 「三省堂図解ライブラリー 19世紀の鉄道駅」 | トップページ | N動力台車利用のくるくるせんろ用ミニ車両とりあえず塗りました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「三省堂図解ライブラリー 19世紀の鉄道駅」 | トップページ | N動力台車利用のくるくるせんろ用ミニ車両とりあえず塗りました »