2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月22日 (水)

1/72ラジコン戦車買ってしまいました

ガルパン劇場版DVD見てて、そのあと血迷って買ってしまいました。

Img_6553

車幅5センチくらい。手のひらに乗るくらいの大きさです。エンジンの効果音付きです。

よく走ります。それもかなり早いスピードで。キャタピラが硬質プラ製なので、フローリングの上ではドリフト走行もできます^^;

砲塔も回せますし、音付きの発砲アクションもあります。

こっちに紹介のビデオがあります。

で、ひとしきり遊んで、とりあえず開けてみました。

Img_6554

やっぱり強力で小さなモーターがあってこそこの大きさでこれだけのパフォーマンスなのだなあ、と改めて感心。それにしても、電子回路のコンパクトなこと。これにも感心してしまいます。見えているチップはPICなのかな?

これで三千数百円というのは、どう考えても安いとおもうのですが、これって全然必要なものじゃないわけで、そのあたりを家人に指摘されると返す言葉がありません……

2016年6月20日 (月)

船の強度

「スピード2」という映画をみてたら、豪華客船が暴走して港に乗り上げるシーンがあって、それが、船首から船体に傷がつくだけでぜんぜんまったく凹みも壊れもしないで桟橋や道路や家を壊しながら乗り上げて停まるんですよね。

その前にタンカーと斜めにぶつかるシーンもあったけれどほとんど無傷。

そういえば、ハリウッド版ゴジラにも船が埠頭にぶつかってコンクリートを突き破って街に乗り上げるシーンがあったけれど、あれも船体はほとんど傷ついていなかったような気がする。

船体って本当にあんなに丈夫なんだろうか?普通に考えて5センチくらいの厚さの鉄板でもあの質量がぶつかったら簡単にひしゃげてしまいそうな気がするんだけれどなあ。

重機なんかもこけたら割と簡単にブームが曲がったりするものだし、あの船のシーンの真相はどうなんでしょう?

コンピューターグラフィックでつくってるからああいう表現になる、とも考えにくいですよね。CGは破壊シーンなんてお手の物だし。

どうにも不思議でなりません。

どなたか解説してくださる方いませんか?

2016年6月17日 (金)

盆景の作り方

「盆景の作り方」という本があるんですね。

国立国会図書館のアーカイブでも見ることができます
が、まあ、いろいろと自然鑑賞、庭づくりのうんちくから模型ジオラマ製作に通じるような事柄まで懇切丁寧に解説された教本?のようです。

なかでも盆景作りの初心者向けテクニック解説が参考になります。いわく、

・ 真っ直ぐな川や、真横に流れる川を作っても興がない
・ 川には必ず源がある。その源が明らかでないと、川として見ることができない
・ 山には必ず地勢があるもので、平地に突起するものではない
・ 低い遠山はまだしも、普通の遠山は、必ず一方に気脈があるように作るべき
・ 同じ形をした山や島、岩石を作ってはいけない
・ 点石は1個や3個など奇数がいい。いかに小さくても同じ形にしないように注意する
・ 川は2筋並んで流れることはない。まして交叉することはない
・ 道も2筋以上併行させるもの、真っ直ぐなもの、真横のものは禁止する
・ 道路、河川等は手前に来るほど広く、奥に行くほど狭くなる。遠近のないものは雅致を損なう
・ 島、岬、家屋、船舶などの小道具は、いずれも手前が大きく、奥にいくに従って小さくする
・ 樹木は、近景には葉が大きく丈の高いものを植え、遠景にいくほど小さいものを植える。同じ大きさのものが並んでは面白味に欠ける
・ 海には必ず波がなくてはならない。湖は場合によっては波がなくてもいいが、少しの波で多く見えるように描かなければならない

という感じ。

鉄道模型のジオラマづくりにもとても参考になるテクニック解説だと思いますが、スケールにこだわる鉄道模型ファンの場合はちょっととまどってしまう部分があるかもしれませんね。

2016年6月13日 (月)

マイナーなメジャー

かなりマイナーなメジャーをご紹介。

巻きつけて樹木の直径を図るものです。

Kc4a0160 Kc4a0158

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »