2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« C50 〈KATO Nゲージ50周年記念製品〉 が届きました | トップページ | 庭の敷きレンガのペンキ落とし »

2016年5月 3日 (火)

3Dプリンタ整形モデルの表面処理

3Dプリンタ整形モデルを一つ手に入れてみたのですが、表面に積層痕がすごいし、なんだか粉をふいたような感じもあって、ちょっとこまったなあと。

で、いろいろと検索していたら、ABS樹脂の場合はアセトンを使うテクニックがあることを知りました。アクリル樹脂でもいけるんじゃないかなと思うのですが、どうでしょうか?

下のふたつのページがわかりやすそうなのでご紹介。

アセトンで3Dプリントした作品を滑らかにする術

3Dプリンターで出力したABSオブジェクトを劇的に滑らかにする方法

これを見ると、繊細なディテールがあるものには余り向かないようですが、ある程度大きなバリ?を落としておいて、短時間アセトン蒸しするなどすればいけるのではないかと踏んでいます。

アセトンは百円ショップの除光液でも十分なようなので、ためしてみようかな、と思います。

« C50 〈KATO Nゲージ50周年記念製品〉 が届きました | トップページ | 庭の敷きレンガのペンキ落とし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« C50 〈KATO Nゲージ50周年記念製品〉 が届きました | トップページ | 庭の敷きレンガのペンキ落とし »