2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« リバースレイアウトその3 自動運転成功 | トップページ | リバースレイアウトその4 ストラクチャー 漆喰の剥げたレンガ壁 »

2016年3月20日 (日)

線路磨き棒

無水アルコールを綿棒につけて、というのがオススメのようですが、そんなもんじゃまだるっこしくて、うちではもっと乱暴に、木片にサンドペーパーを貼り付けたものや、セーム革を貼り付けたものにクリーニングオイルをしみこませて擦っています。

といっても、シーナリィまがいのあるマイクロレイアウトなどでは、ひっかけてしまいがちですし。

そこで考えたのが、これ。古歯ブラシのブラシを抜き取り、プラ板で枕をつくってそこに両面テープでサンドペーパーやセーム革を貼り付けるだけです。

Img_6249

さすが歯ブラシの柄、しなり具合もちょうどよくて、とても重宝に使っています。セーム革が汚れたら灯油を染み込ませてティシュペーパーで拭き取ればまた再生利用できるのでそんなに頻繁に張り替える必要はありません。

« リバースレイアウトその3 自動運転成功 | トップページ | リバースレイアウトその4 ストラクチャー 漆喰の剥げたレンガ壁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リバースレイアウトその3 自動運転成功 | トップページ | リバースレイアウトその4 ストラクチャー 漆喰の剥げたレンガ壁 »