2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« やかんの取っ手修理 | トップページ | 線路磨き棒 »

2016年3月19日 (土)

リバースレイアウトその3 自動運転成功

調整に調整を重ね、とりあえず自動リバース運転ができるようになりました。

Img_6236

リレーの配線を間違えてたり、基盤の手直しもしなければならなかったのは想定外。線路の微妙な調整にもかなり手こずりましたが、やっと……いや、工作しごたえありました。

面倒なのはスイッチ類ボリューム類の取り付けとか基盤の取り付けとかで、配線ハンダ付けは意外に手間がかかりません。やっぱり穴を開けたりねじ止めしたり、いろんな工具を使いゴミクズが散らかる作業が一番大変です。

出来上がったマイクロレイアウトの上で小さなDLが律儀に粛々と自動リバース走行するのを見ているとなかなか楽しいんですが、ちょっと疲れぎみです。本当はほかにもやることがあるのになあ、というのはさておいて、ですが。

車両の位置検出回路はやはり車輪の接触が悪くてチャタリングが酷く、思い通りの場所で作動してくれません。これでは当初予定のギミックは諦めざるをえません。でもまあ、ちょっと不自然なのを覚悟の上で、妥協案でやってみようかなと考えています。

5分くらいまで停車時間を設定できるはずですが、掲載の動画は停車時間をかなり短めにしてあります。走行速度はこれより少し遅くできますが、あまり遅くするとポイントで立ち往生してしまいますし、これくらいがちょうどいいようです。


« やかんの取っ手修理 | トップページ | 線路磨き棒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やかんの取っ手修理 | トップページ | 線路磨き棒 »