2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 絵巻物のミニチュアコピーをつくってみました。 | トップページ | スマイルデコーダのライト電圧問題 »

2016年2月 8日 (月)

VVVF音を発生させるDCCモバイルデコーダー

知り合いのモデラーに電機メーカー勤めを「副業」としておられる電子回路にめっぽう強い方がいます^^; その方が開発されているArduinoをベースにした自作DCCシステムのモバイルデコーダー用に彼の友人が組んだスケッチ(arduinoではソフトのことをこう言います)のなかに、PWMを利用しモーター自体を振動させてVVVF音(京急のドレミファモーター起動音などの電車のモーター音)を発生させるものがあります。

開発者のページ:
Desktop Station
DCCデコーダ「スマイルデコーダ」

ソフト作成者のまとめブログ:
fujigaya2 blogのまとめ

本来は、キットを購入して組み立て、スケッチをインストールしなければならないのですが、今回無理を言って頼み込み運良くその最新バージョンのスケッチ搭載済みのデコーダー完成品を譲っていただくことができたので、さっそく手持ちの電気機関車タウルスに装着して試してみることにしました。

Img_6179

実際は、下記のような機能が搭載されているようなのですが、はっきり言って、私の知識能力では、なんど記事を読んでも、回路の仕組みもスケッチの内容もさっぱりわかりません。ですから、作者に「なんにも知識のない電気配線の半田づけさえおぼつかないずぶの素人がこのデコーダーをどれだけ使いこなせるか、という参考になればいいんですけど」と宣言して、組み込みとセッティングに挑戦です。

VVVF+Melodyスケッチの最新バージョンはK97で、
1.モーターでVVVF風な音を出す。
2.停止時に発車メロディーとドア開閉音を鳴らす
3.ヘッドライト、テールライトを点灯させる
4.加速率、減速率を変更できる。

で、今回は2以外の機能を試してみることにしました。

とにかくなにがなんだかさっぱりわからないので、ソフト作成者のまとめブログの解説を参考に、一般的なモバイルデコーダーの8ピンプラグになるように結線。領布してもらったSmile Decoderには端子にピンがついていたのですが、これがついていると邪魔になるので外してコードを直接半田付けし、収縮チューブで全体を覆ってから8ピンプラグを取り付けました。それからタウルスに装着してあったDZ125をひっこぬき、差し替えてCVのセッティングです。

Img_6180 Img_6181

車両を線路に載せ、コントローラーのCV値直接書き込みモードでリセットしてから解説のとおりに初期値を入れていくのですが、手持ちのフライシュマンのPROFI-BOSSでは、なぜか動作が不安定で確実に書き込むことができず、何度もやり直しが必要でした。レールが汚れているわけでもなさそうですし、相性の問題でしょうか?

その後、なんとか動くようになってもちょっとしたことでトレインナンバーが飛んでしまい、一切の操作を受け付けなくなったり、かなりこまった現象が頻繁に起こりました。リセットされたわけではなくトレインナンバーを設定し直せば元通りに動くようにはなるのですが。ハードウェアの問題でしょうか?

で、結果報告です。
VVVF音はちゃんと出ました。が、なぜか音が不安定。最初に高い音が出てしまうのはこれはバグでしょうか?いくつか音のパターンを選べるのですが、うまくCV値を書き込めないのでその違いを確認することができません。
また、解説に記されている初期値では、タウルスの場合ディレイが大きすぎるので、加減速の割合をかなり小さくしました。運転の仕方によってこれは要調整ということになるのでしょう。
問題は、ヘッドライト、テールライトの点灯でした。最初進行方向とライト点灯方向が逆で結線し直したのはご愛敬として、ちゃんと切り替え点灯するのですがぼーっと弱く光るだけ。なぜなんだろう、と調べてみたら、ROCOのタウルスはライトに12V電球をつかっているんですね。Smile Decoderのライト端子のコモン電圧は5V、これでは明るく光るはずがありません。困った……で、コモン端子を線路からの入力端子にすることはできないか、開発者に問い合わせ中、というのが現時点の状況です。

Img_6182

まだ調整中ですが、VVVF音を発生させるDCCモバイルデコーダー稼働状況の動画を撮ってみましたので掲載しておきます

追記:
Desktop Stationのシステムは、すごくよくできていて、WiFiでスマホやタブレットをコントローラにすることができるので、これからDCCをやってみようという方で電子工作に抵抗のない方なら、絶対のお勧めだと思います。

ただ、今はそれなりの知識技術が求められるレベルです。なのでこれから私のようなど素人にも優しく使えるようになるよう開発を進めているところだと言うことですので、こうご期待ですね。

« 絵巻物のミニチュアコピーをつくってみました。 | トップページ | スマイルデコーダのライト電圧問題 »

コメント

ご紹介ありがとうございます。
CV書き込みですが、モードは何を使われていますでしょうか?私はいつも自作のコマンドステーションでDirectモードで書き込んでいるので、その他のモードでうまく動くかどうかは試せておりません・・・。

コマンドステーションはキットだけでなく完成品も販売してます。デコーダは難易度が高いですがコマンドステーションは、完成品を使えばそこまで難易度は高くないので、興味があればお試しください。

やあさん
CVdirect書き込みモードですが、CVNo.によって反応が違うのが不思議です。
コマンドステーションでも問題ないのか確かめてみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵巻物のミニチュアコピーをつくってみました。 | トップページ | スマイルデコーダのライト電圧問題 »