2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 林野庁広報室映像アーカイヴの森林鉄道フィルム | トップページ | フォルクスワーゲンのバレンタインチョコレート? »

2016年2月13日 (土)

スマイルデコーダーのサウンドファンクション

手持ちのコントローラPROFI-BOSSと相性が悪いのか、何か外にも原因があるのか、なかなか思うように動いてくれない難物のスマイルデコーダーですが……

停止状態でのみで有効なものの、サウンドファンクションがついています。インストールされているfujigaya2氏が開発されたスケッチにも幾つかのオルゴール曲のサウンドが組み込まれているようです。

なので、どうせいろいろ弄って遊ぶなら、と部品を取り寄せて試してみることにしました。

幸いに空間があったので、大きめのスピーカーユニットを搭載することが出来ました。こんな感じですね。

Img_6192

実際にメロディが流れたときはちょっと嬉しかったですね。こういうの好きですから。オルゴール曲だけでなく短い音源ファイルも再生することが出来るようです。ただ、走らせながら音を鳴らせない、つまり汽笛を鳴らせないというのはどうにも中途半端で不満が残ります。


« 林野庁広報室映像アーカイヴの森林鉄道フィルム | トップページ | フォルクスワーゲンのバレンタインチョコレート? »

コメント

こんばんは

うまく搭載できましたね。良かったです。
走行中にホイッスルも鳴ると良いのですがあの価格なので私的には我慢できています(^^;


http://desktopstation.net/wiki/doku.php/desktop_station_decoder_dsdec_r2

としさん

こういうギミックがあるというだけで楽しいですが、かかるコストや労力がそれに見合っているのかというと、人に寄って評価が変わるところだともいます。
私は工作も楽しめるしこれはこれでとても楽しいのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 林野庁広報室映像アーカイヴの森林鉄道フィルム | トップページ | フォルクスワーゲンのバレンタインチョコレート? »