2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« テレビ赤外線リモコン受信不良対策 | トップページ | キクロン »

2016年1月23日 (土)

接着剤あれこれ

最近はプラモデルの世界でもいろんな接着剤が発売されやたら瓶の数が増えて困りますね。

かぞえてみたら、うちでも、タミヤセメント、タミヤセメント流し込みタイプ、タミヤセメントABS用、Mr.セメント、Mr.セメントS、Mr.セメントリモネン系、あとプラ専用ではありませんが、エポキシ系、ゴム系、瞬間接着剤サラサラ系、ゼリー状、スーパーX、アクリルサンデー、貼って剥がせる接着剤、と机の上にあるだけで、13種類! ストックも入れたら15、6本の瓶やチューブが転がっておりました。

でも、あんまり使い分けしているわけじゃないんですよね。特にプラモデル用の接着剤は蓋開けたままほったらかして半分固まって買い足したものとかがまじってるからこうなっちゃったわけで。

で、ついめんどくさくなって、結局最近愛用してるのはアセトンです。100円ショップでもマニキュアの除光液として簡単に手に入る奴です。もちろんホームセンターなんかでも工具パーツ等の洗浄用として普通に売られています。

これ、最初は瞬間接着剤はがし用に手に入れたものだったのですが、蓋開けっ放しで粘度の増したタミヤセメントやMr.セメントを薄めるのに瓶にぶちこんで、ついでに固まった瞬間接着剤も放り込んで使ってみたら、スチロールもABSもくっつくんですよね。

なんとまあ、と調べてみたら、たしかにアセトンはスチロールもABSも溶かすので、接着剤にも使えるって事のようです。ただ、そのままでは多少脆いように思うので、やっぱり市販の接着剤と混ぜたほうが強力なようです。好みだと思いますが。

あと、タミヤセメントとかの瓶の蓋についている筆ですけど、あれが半分融けかけてふにゃふにゃになるのでかなり以上に塗りにくくなります。なので合成繊維じゃない塗り筆を別に用意した方が良いでしょうね。

危険性に関しては、アセトンの毒性は昔シンナー遊びが流行った時代に問題になりましたが、大量に吸い込まない限りは大丈夫みたいなので、換気を良くしておけば問題ないんじゃないかと楽観しています。

« テレビ赤外線リモコン受信不良対策 | トップページ | キクロン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビ赤外線リモコン受信不良対策 | トップページ | キクロン »