2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ことしはなにをつくったか? | トップページ | 等角逆捻り機構の考察ふたたび »

2015年12月28日 (月)

鉄道模型芸術祭に参加しました

ナローゲージジャンクションのメンバーとして、はじめて最初から最後まで参加させてもらい、とても楽しいときをすごさせていただきました。

でも、寄る年波には勝てず、疲れ方はかなりのもので、実はさっき起きたばかり。今日はまだお仕事の方もおられるというのに……頑張ってください ^^;

会場はコンサートなどのイベントも同時に行われていますし、建物前の公園広場では羅須地人の軽便蒸気機関車マフポッターを走らせていたり、鉄道グッズや模型の販売コーナーもあったりで、ビッグサイトとはお客さんの雰囲気もすこしちがうようにも感じたのは、やっぱり池袋駅前という立地条件の影響でしょうか?

いろんな方々がブログで詳しくレポートされていると思いますので、ガラパゴスケータイで撮ったピンぼけ写真をすこしだけ。

左からマフポッター、ナローゲージジャンクションのコーナー、自動停止ギミックのあるガントレットレイアウト(これはおもしろかったので、作者にアイデア使用の了解をもらいました。ちなみに作者のページ「れ〜しの図画工作」で「イルカレイアウト、小学生を含む何人かにどういう仕組みで列車交換するのか訊かれて説明。ちょっと嬉しい。」とあるのが小学生レベルの私のことでございます)、台湾炭坑鉄道のジオラマモジュールレイアウト(ここまでつくり込んだジーナリィは感動もの)です。

Kc4a0922 Kc4a0928 Kc4a0936 Kc4a0945

2015/12/30追記
「れ〜しの図画工作」のページにイルカのレイアウトの配線図面が掲載されました。うん、なるほど、信号も連動しているのですね。ちょっとつくってみたくなりました。

« ことしはなにをつくったか? | トップページ | 等角逆捻り機構の考察ふたたび »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ことしはなにをつくったか? | トップページ | 等角逆捻り機構の考察ふたたび »