2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

オリジナルキャラメルモーターのシェイ

今年最後の更新です。

で、取りい出しましたるは、十数年壁の棚ケースに晒してあった乗工社のシェイです。これ、たしかSF氏からの譲渡品だったはずです。

素組みを黒染めした状態で、オリジナルのキャラメルモーターを積んでいます。

たしか譲り受けた後、バルブギヤのディテールを付け足し、後台車の枕梁をつくり直したりギヤの噛み合わせを調整したりいろいろと手をいれて調子良く走るようになるまでかなりかかったと記憶していますが、まだはしるかな?と、線路に載せてみました。

もちろん走らせる前にカラカラになっていたギヤにたっぷりと油を注して、おっかなびっくりスロットルを回すと、最初ちょっと引っかかり気味で音と振動が高いものの、意外なくらいにスムーズに走り始めました。

なんか、来年の幸先が良いような気がして、ちょっと嬉しい気持ちになっています。

2015年12月30日 (水)

年末衝動買いのTOMIX C57

年末になって、何を思ったか散財してしまいました。

きらきらぴかぴかのスタイルがお正月らしくてよいかな、とつい……

TOMIXのC57 1号機です。

これ、4年前に発売されたものの再販ものだそうです。だから機構的にもデザイン的にもなにも進歩したところは無いわけで、そのあたりはちょっとどうかなあと思いましたが、オリエント急行の編成を牽かせるのに手持ちのKATOの4次型ではちょっと地味すぎて……と、つい……

まだパーツをつけていませんが、並べて写真を撮ってみました。

Img_6117

うん、やっぱりKATOの4次型のほうがなにかと精密そうに見えることは確かですが、このTOMIXのC57 1号機も4年前の製品とはいえスタイル的には遜色ありませんし、やっぱりきらきらぴかぴかの塗装が嬉しいですよね。これならCIWLの車輛に似合いそうな気がします。

そんなこんなで、なんと、あろうことかCIWL車輛用の室内灯セットまで追加注文してしまって……お正月明けの休暇はこれの装着加工で遊んで終わってしまいそうです。

ほかにもLEDテープや細々した電子部品なんかも注文したので、年明けしばらくはHOのトラン・ブルーやローカル客車の室内灯装備で楽しめそうです、って、気力と体力を充実してしっかりと遊びたいですね。

あ、しまった。セラミックコンデンサ注文し忘れた! まあ、いいでしょう。一旦無しで済ませてどうしても光がちらつくようでしたら改めて装着することにしましょう。

それではみなさま、よいお年を。

2015年12月29日 (火)

等角逆捻り機構の考察ふたたび

ゆうえんさんのところや、ワークスK氏のTransPacific Railroadでフカヒレ・イコライザー設計法の記事がアップされていましたので、またちょっと興味がぶり返しました。

で、私もやってみようかなあ、と思ったのですが……なんかすごく精密な設計と工作を要求されるようで、もう一つ手が動き始めません。

以前にロンビックと3点支持についての考察(車体質量の影響ほか)にはじまって、ロンビックイコライザ等角逆捻り機構についてとか、等角逆ひねり機構→片持ちロンビック応用型のアイデアとかいろいろ自分なりに考えていたことを今一度読み返してみると、自分の工作力では、角度のついた軸線とかガタの許容範囲のコントロールとかそういうのはかなり無理そう。

で、結局、いい加減なロンビックとかでも期待以上の効果を得ているし、フカヒレイコライザーはちょっと御免して、下の図のようなのを試してみようかなと思っています。真ん中のテコ棒を細めにして少し弾力を持たせても案外面白い効果を生むのではと考えていますが、どうでしょう?

しかし、この方式だとボギー台車でパワトラ使うならともかく、2軸の動力車に使うのは無理ですね。

Img_6101

あ、これだとボギー台車の枕梁をとりつけられんか……枕梁台板の内側にポストを立てるようにすればいいのかな?

2軸台車で、床板の上側にポストを突き出したらこんな感じでしょうか?

Img_6103

2015年12月28日 (月)

鉄道模型芸術祭に参加しました

ナローゲージジャンクションのメンバーとして、はじめて最初から最後まで参加させてもらい、とても楽しいときをすごさせていただきました。

でも、寄る年波には勝てず、疲れ方はかなりのもので、実はさっき起きたばかり。今日はまだお仕事の方もおられるというのに……頑張ってください ^^;

会場はコンサートなどのイベントも同時に行われていますし、建物前の公園広場では羅須地人の軽便蒸気機関車マフポッターを走らせていたり、鉄道グッズや模型の販売コーナーもあったりで、ビッグサイトとはお客さんの雰囲気もすこしちがうようにも感じたのは、やっぱり池袋駅前という立地条件の影響でしょうか?

いろんな方々がブログで詳しくレポートされていると思いますので、ガラパゴスケータイで撮ったピンぼけ写真をすこしだけ。

左からマフポッター、ナローゲージジャンクションのコーナー、自動停止ギミックのあるガントレットレイアウト(これはおもしろかったので、作者にアイデア使用の了解をもらいました。ちなみに作者のページ「れ〜しの図画工作」で「イルカレイアウト、小学生を含む何人かにどういう仕組みで列車交換するのか訊かれて説明。ちょっと嬉しい。」とあるのが小学生レベルの私のことでございます)、台湾炭坑鉄道のジオラマモジュールレイアウト(ここまでつくり込んだジーナリィは感動もの)です。

Kc4a0922 Kc4a0928 Kc4a0936 Kc4a0945

2015/12/30追記
「れ〜しの図画工作」のページにイルカのレイアウトの配線図面が掲載されました。うん、なるほど、信号も連動しているのですね。ちょっとつくってみたくなりました。

2015年12月24日 (木)

ことしはなにをつくったか?

今年もあと一週間。著名モデラーさんたちのウェブサイトで恒例?になっている「ことしはなにをつくったか?」にならって、ならべてみました。

うーむ、ろくなもんつくっとらんなあ……しかも、ほんのちょっとしか工作してない……

ほんとに気が向いたときでかつ体力と精神力がなんとか水面に浮上した時にやっとのことで工作したものですので、こうやってならべてみるとなんと脈絡無く、しかもつくりのいいかげんなこと。

綺麗で精密なモデルを精力的につくっておられる方々からすればお笑いでしょうが、まあ、これでもそれなりに一所懸命楽しんでいるということで、今年のまとめ?とすることにします。

Img_4922 Img_4980 Img_4988 

Img_5033 Img_5036 Img_5129 

Img_5201 Img_5218 Img_5346

Img_5414 Img_5424 Img_5444

Img_5479_2 Img_5487_2 Img_5485

Img_5674 Img_5872 Img_5889 Img_5920

Img_5929 Img_5940 Img_5957 Img_6077

2015年12月20日 (日)

「蒸気機関車に敬礼」

実家の本棚から出てきました。

いやあ、なつかしい。

蒸気機関車が消え行く最後の頃の写真集です。蒸気機関車がまだ「SL」「エスエル」と言われて鉄道に興味の無い人びとの間にもブームを呼び起こす直前の時期だと思います。目次の前文を見ると、そういう時代だったんだなあという気がしますね。

Img_6082 Img_6087

中はこういう写真や機関車単体のアップがずらずらと並んで、国鉄制式蒸気機関車が好きな人にはたまらない魅力の写真集だったんだろうなと思います。

Img_6085 Img_6084 Img_6086

自分もそのころは国鉄制式蒸気を魅力的に感じていたんだろうなあ、と思いつつページをめくって行くと、最後にこの本を購入した理由がわかる写真が出てきました。

Img_6083

やっぱり、これだったんだなあ、と半分あきれつつ、改めて国鉄制式蒸気もわるくないなあ、とページをめくり返しているところです。

2015年12月12日 (土)

「曲がったデッキガーダー橋」と「曲がったレンガ積みアーチ橋」のマイクロレイアウト仮完成

このあいだの「曲がったデッキガーダー橋」と「曲がったレンガ積みアーチ橋」、100円ショップのディスプレイケースにおさまるようにアレンジしてマイクロレイアウトにしたてあげました。

構造的にバランスが悪いのはあたりまえとして、造形的にも水面に置いただけではどうも風景としてバランスがわるかったので、いろいろ考えた末、自家製のタイヤフロートをつけた筏に乗った釣り人を配しました。

デッキガーターの真ん中に突き出した待避所をつくろうかとまよったのですが、待避所は車輛の通過を考えるとあまりに不自然になりすぎるので、筏と釣り人の案を採用することにしました。

まだ接着していないので、仮完成ということにします。

Img_6077 Img_6079 Img_6076


2015年12月 6日 (日)

トミーテック動力ユニットTM-TR02

なんにもつくる予定が無いのに、つい手を出してしまいました。

ブリル台車枠がついているのにちょっと惹かれたのかも。

以前に買ってバラし、組み替えて取り出したTM24の2軸動力と比べてみました。

Img_6064

車輪の径は同じですが軸距が違いますね。TM-TR02が17mmに対してTM24は14mm。小型のディーゼルとかスティームトラム用ならTM24から取り出すのがいいかもしれません。

どちらも安定して良く走りますが、外箱にも説明書にもしっかりと、

「走行をお楽しみいただくためには、トミックス製品をおすすめいたします。」

と記載されていました。こう高らかに宣言されてしまうと、なんだかなあ、という気がしないでもありません ^^;

2015年12月 5日 (土)

マグネマティックカプラ―手動開放器

机の片隅からひょっこりと出てきました。ずっと探していたんですが、いまごろになって…… ^^;

Img_6053

フェライト磁石をつかったHOケーディー・マグネマティック・カプラ―の手動開放器です。

連結部分をまたぐように差し込んで左右に振ると、見事に開放してくれます。

同じようなものをネオジム磁石でつくってみたことがありますが、強力すぎてかえってうまく働きませんでした。フェライト磁石程度の磁力がちょうど良いんですね。

これを使って、おもしろいシャンティングパズルが楽しめます。


« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »