2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ペーパークラフトの英国風駅舎 | トップページ | ケータイのコイルストラップのクリップ修理 »

2015年5月17日 (日)

バッテリー駆動シャトルパワーユニット

ふと思い立ち、バッテリー駆動のパワーユニットをつくりたくなって、ちょっと工作を楽しみました。

Img_5424

そのまんまじゃ面白くないので、車止めに当たるとバックするようにしてみました。

追記;

動力ユニットのままだと寂しいので、ペーパークラフトで車体をつくりました。

Img_5425

こういうのは、「鉄道模型」じゃなくて「おもちゃ」と言われてしまうのでしょうが、私はどっちかというと、こういう遊びかたが気楽でたのしいです。

« ペーパークラフトの英国風駅舎 | トップページ | ケータイのコイルストラップのクリップ修理 »

コメント

面白いですね。
小さな逆転スイッチをお使いのようですが、どのようなものですか。
よろしければ教えてください。

西美濃鐡道 さん

ユニバーサル基盤の上につくった接点の上に、基盤を切ってつくった接点付きスライドバーを滑らせています。構造的には6Pスライドスイッチと同じです。

回答 ありがとうございます。
コメントを参考に写真を見るとなんとなく分かったような気がします。
基盤を使われることもとても参考になりました。
私も、いつかトライしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペーパークラフトの英国風駅舎 | トップページ | ケータイのコイルストラップのクリップ修理 »