2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« バッテリー駆動シャトルパワーユニット | トップページ | お菓子の汽車 »

2015年5月19日 (火)

ケータイのコイルストラップのクリップ修理

長年(おそらく10年以上)使っていたケータイのコイルストラップのクリップがしっかりと挟めなくなって久しいので、重い腰を上げて修理してみることにしました。

コイルはすでに5年くらい前にちぎれてしまっていたので、靴ひもに交換。ケータイの穴に取り付ける細ヒモの部分は釣り糸に交換してありましたが、クリップの内側のゴムは劣化したまま放ったらかし。いい修理方法が考えつかなかったせいもあります。

が、とうとう一部が粉になってボロボロくずれ始めたので……嫁さんがとってあった、珈琲缶のポリエチレン製の蓋を帯状に切ってこれをゴムのかわりに差し替えてみることにしました。

Img_5430 Img_5429

写真の真ん中が劣化したゴム。真ん中で折れてしまっているので、クリップを開ける力もありませんでした。

上は差し替えた状態です。まあ、材質は違いますが、本来の機能は取り戻せたようで、これでまた10年以上は使いたいものだと思っています。金属部分はまず壊れないし、劣化したらまた修理すれば、もっと持つかもしれません。

« バッテリー駆動シャトルパワーユニット | トップページ | お菓子の汽車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バッテリー駆動シャトルパワーユニット | トップページ | お菓子の汽車 »