2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ケータイのコイルストラップのクリップ修理 | トップページ | アルモデルのHO-1軸駆動 動力キット »

2015年5月28日 (木)

お菓子の汽車


走るカフェ「フルーティア」のパンフレットです。

Img_5434

ふくしま復興の一環なんでしょうか?JR東、がんばってますねー

目を引かれたのは、この電車のケーキ?それともチョコレート菓子?

上手に出来てますよねえ……こういうのなら食べたい。といいますか、このまんま鉄道模型として走らせたらおもしろいだろうな、なんて思ってしまいました。

子供や女性にも受けそうだし。

NゲージやHOゲージじゃちょっと難しいでしょうが、LGBくらいの大きさになれば、十分やれそうです。

そういえば、自分でつくるお菓子の家のキットなんてのを見かけたことがあります。型抜きされたビスケット生地とアイシングの材料が入っていて、自分で焼いて組み立てて、アイシング(シュガーデコレーション)したりホイップクリームやドライフルーツ、スプレーなどで飾り付けるという製品です。

あの方式で車両の車体キットをつくって、LGBの下回りにかぶせて走らせ、適当なところでみんなでお茶の時間にしておいしくいただく、なんてパーティーをやったら、子供は絶対に喜びそうな気がするんですが、どこかのお菓子メーカーが実現してくれませんかねえ^^;

« ケータイのコイルストラップのクリップ修理 | トップページ | アルモデルのHO-1軸駆動 動力キット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケータイのコイルストラップのクリップ修理 | トップページ | アルモデルのHO-1軸駆動 動力キット »