2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ルレットでリベット | トップページ | レイアウトは芝居か映画か? »

2015年4月19日 (日)

英国製マッチ箱客車キット その2

英国製マッチ箱客車キット、とりあえず、組み立てました。

並べるとこんな感じですね。荷物車と車体の高さが違うのが気になりますが、削ったりしたわけじゃなく最初からこういう大きさでした。なのに妻板は共用で、フレームのモールドの高さが客車、荷物車とも側板と妻板ですごくずれているのがご愛嬌です。こまったものです。

Img_5173

内装は潔いくらいに何にもなかったので、プラ板で座席をつくってしつらえました。

Img_5172

カプラ―はループタイプです。なんかのキットのあまりを流用。もちろんループは真鍮線を曲げて自作。これがなんぎなんですよねえ。なんかいいジグとか考えないといかんなあ。それとフックももうパーツないし、簡単な構造とはいえ毎回一つずつつくるのも大変だし、量産をかんがえないとなあ、とおもうのですが。

さて、どんな色に塗りましょうか?

とにもかくにも、今日はここまで。

« ルレットでリベット | トップページ | レイアウトは芝居か映画か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルレットでリベット | トップページ | レイアウトは芝居か映画か? »