2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 塗装ブースにバッフル板を取り付けてみました | トップページ | 印象派風英国マッチ箱客車の小編成 »

2015年4月29日 (水)

第12回鉄道模型市2015行ってきました

お昼まえから出かけて、12時半頃ついたんですが……ものすごい人にうっ……となるくらいの混雑でした。

人の背中の隙間から首を延ばして何売ってるのか覗くのがやっとという感じ。例年と全然混み具合がちがうような、

それでもおなじみの出展者のブースはわりと空いていて、来場していた知人とも一緒になって少しは立ち話も出来、まあ、満足かな?

今回は、IORI工房のブースでマッチ箱客車の作例を実際に見、IORI氏にも挨拶できたのが収穫。

出展は、中堅メーカーのブースの展示販売のほかは、いろんなスケールの中古完成品、骨董品?を売っておられる方が多く、いつもに比べてジャンクパーツ等が少なかったのが残念でした。

戦利品は、杉山さんのところで、おもしろパワーと台枠、それからその近くでジャンクパーツを二つ買っておしまい。

Img_5194

杉山さんのところでは、DUNDASmodelの英国マッチ箱客車シリーズキットの新製品が沢山並んでいて、手に取って眺め、その出来の良さにこれを買えばばよかったなあ、とちょっとだけ後悔。値段も安いし……。私が買ったレジンモールドのガレキ並みの出来の旧キットとは格段の差でしたが、まあいいです。もう組んじゃったし。それなりに愛着あるし。

来られていた知人の方達は、早々に河岸を変えて宴会モードに行かれたようですが、私は呑まないので早々に退散。日の高いうちに帰って、もうちょっと模型を弄ることにします。

« 塗装ブースにバッフル板を取り付けてみました | トップページ | 印象派風英国マッチ箱客車の小編成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塗装ブースにバッフル板を取り付けてみました | トップページ | 印象派風英国マッチ箱客車の小編成 »