2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« Nゲージブック型ケースのウレタンフォームの劣化に備えてポリシートを敷く | トップページ | HOn30 小型ディーゼルロコ »

2015年1月25日 (日)

BトレインショーティーDE10形動力化と補重

1ヶ月ほど前に組み立てたBトレインショーティーDE10形ですが、やっと動力が届きました。

標準の動力とどう違うのかな、と比べてみると、ご覧の通り。メカニズムは同じですが、狭い空間に収めるために、ずいぶんとフレームの形態が違います。あせって標準動力を加工したりせず、専用の動力の発売を待って正解でした。

Img_4938 

しかし、この動力、取り付けると車体との間にほとんど隙間がありません。つまり補重できないということ。

というわけで、牽引力はかなり劣ります。トレーラー4輛をスリップしながら牽くのがやっとという感じですが、まあしかたありませんね。あと、銀色の車輪がやたら目立つのも気になります。

Img_4939

この状態では、ナローのタネ車として使うのも、ちょっとなあ、という感じなので、良く出来た形態をそのまま楽しみたいと思います。

追記;

R103のひょうたん型エンドレスをタンク車4輛牽いて走らせると、スリップが酷いし、S字カーブで前台車が脱線してしまう事故が多発。もうちょっと、重量があれば良いのだけれどなあ。

ちなみに、無加工の状態での重量は18.98g。トレーラーを牽かせるには、さすがにちょっと軽すぎますね。

ということで、補重してみることにしました。

上にも書いた通り、ごらんのとおり、内部ブロックぎっちり一杯に動力ユニットが納まっているので、ウェイトを詰め込む余地はまったくありません。

Img_4941

しかし、内部ブロックと外装の間にはほんの少し隙間があります。ここにウェイトを詰め込むことにしました。

1ミリ厚の鉛シートを切り刻んで、こんな感じ。

Img_4940 Img_4942

このほかに、ボンネットの前後妻板内部にすこしつめこみました。

運転室内部にもウェイトを詰めることが出来そうですが、窓ガラスの中が黒く埋まってしまうのは、あまり好ましくない気がするので、今回はそこまではやっていません。

Img_4944

それでも、このとおり、重量は、23.77gとなりました。4.79gの補重です。もうちょっとがんばれば25gちかくまでは行くのではないかと思います。

たったこれだけの補重ですが、ぐっと安定して脱線もせず、力強くトレーラーを牽引してくれるようになりました。ほんのわずかの気休め程度のウェイトといっても、ばかにするものではありませんね。

« Nゲージブック型ケースのウレタンフォームの劣化に備えてポリシートを敷く | トップページ | HOn30 小型ディーゼルロコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Nゲージブック型ケースのウレタンフォームの劣化に備えてポリシートを敷く | トップページ | HOn30 小型ディーゼルロコ »