2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« オリハルコンってブラスのことだったんだ? | トップページ | Nゲージブック型ケースのウレタンフォームの劣化に備えてポリシートを敷く »

2015年1月18日 (日)

スプリングポイントのマイクロ運転盤

この休日は、なにも有意義なことはしない、と決めて、ちょっとだけ工作を楽しみました。

前からつくってみたかった、機関車単行運転専用のスプリングポイント付きのペン皿マイクロパイクです。

留置線に停めた機関車をエンドレスに出して周回させ、バックでまた留置線に戻る、という仕組みです。

ふつうに長円形のエンドレスじゃおもしろくないので、留置線に入る部分をひとひねりして……と、考えたのが、間違いのもとでした。

S字カーブと連続したポイントって、通常でも脱線しやすいのに、もの凄い急カーブ、その上片側フログのスプリングポイントなので、よけいに走行が不安定になり、調整にてこずることてこずること、まる一日半楽しめました。

なんどもハンダ付けをやりなおし、レールをヤスリで削ったり、スプリングの強度を変えたり、もうたいへん。

でも、スムーズに走行するようになったときは、ちょっとうれしかったですね。

Img_4922 Img_4920

まだシーナリィは付けていませんが、とりあえず、うれしかったので、走行風景を動画にしてみました。

« オリハルコンってブラスのことだったんだ? | トップページ | Nゲージブック型ケースのウレタンフォームの劣化に備えてポリシートを敷く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリハルコンってブラスのことだったんだ? | トップページ | Nゲージブック型ケースのウレタンフォームの劣化に備えてポリシートを敷く »