2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« SF3Dその2 | トップページ | 小金井公園の保存機関車と江戸東京たてもの園 »

2014年11月 2日 (日)

裁ち鋏

母が持って行きなさい、娘にあげればいい、と言うので貰ってきた古い裁ち鋏です。

Img_4611

真ん中が祖父と父親が裁断に使用していたもの。総火造り(つまり手打ち鍛造)のおそらくは初代長太郎です。銘は蝶の刻印があるだけです。何しろ古いものなので黒錆におおわれていますが、美しいはさみです。

Img_4616

後の2本は、左がこれも長太郎のおそらくは後期の作と右が正次郎です。正次郎も総火造りかもしれません。これらは普段使いのものだったので、あまり状態はよくありません。どちらも研ぎに出して、娘にあげるつもりです。子供の頃はこの正次郎で紙工作をしていたのだから、罰当たりこの上無しです。

Img_4618 Img_4620

« SF3Dその2 | トップページ | 小金井公園の保存機関車と江戸東京たてもの園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SF3Dその2 | トップページ | 小金井公園の保存機関車と江戸東京たてもの園 »