2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« リビングの自動ドア? | トップページ | シーナリィのギミックに使えないでしょうか? ’World's Simplest Electric Train 【世界一簡単な構造の電車】 ’ »

2014年11月30日 (日)

ミルクピッチャーのふた

うちでコーヒーや紅茶を飲むときに使っている大きめのミルクピッチャーなんですが……

あたりまえとはいえ、蓋はありません。

だいたい、一度ずつミルクを入れてサーブするものですから、それでいいんですが、わりと長時間何回もコーヒーを飲んだりするときは、ミルクをいれたままテーブルに出しっ放しにしていることも多くて、上が開きっ放しなのがきになります。

そこで、奥さん! DIYの出番です。

どこの家でもそこらへんにころがっているようなアクリル板のきれっぱしを丸く切って、真ん中に孔開けて、ボルトを通してナットで締めて、それを電動ドリルにくわえて、大型カッターナイフの刃で削って形を整えまして……

竹のお箸の先をちょんと切って、ボルトを抜いた孔に差し込んで、はいできあがり。

Img_4791 Img_4792

ま、こんなものですかねえ。もうちょっと模様を付けるとか、したほうがよかったかな、と思いますが、これで、まあ、実用的には充分なので、良しとすることにしました ^^;

« リビングの自動ドア? | トップページ | シーナリィのギミックに使えないでしょうか? ’World's Simplest Electric Train 【世界一簡単な構造の電車】 ’ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リビングの自動ドア? | トップページ | シーナリィのギミックに使えないでしょうか? ’World's Simplest Electric Train 【世界一簡単な構造の電車】 ’ »