« 初めて買ってもらったBタンクと燐寸箱客車 | トップページ | 「香港ミニチュア展」 »

2014年10月18日 (土)

こういうの、気にならないんでしょうか?

ビジネスマン御用達啓蒙啓発ページのタイトル写真ですが……

Main_img_pc1

「みんなで会社の歯車をスムーズに回す」ってイメージを表しているつもりなんでしょうけど。

この歯車、まわらんやろ?

歯車がお互いにロックする位置にあるし、それ以前に歯車それぞれのモジュール(歯の荒さ)が違うのだからそもそも噛み合ってませんよね。

わざとそういう状況を説明する意図でデザインしたものとはとうてい思えないので、ようするに知識が無いデザイナーがもっともらしく、かっこよく絵を描いただけ、ということなのでしょう。

問題はこの絵にOKを出した発注者側のエライさんの知識とセンスですね。この場合は日経新聞さん?およびその関連スポンサー企業さん?

こういう例はほんと枚挙に暇がありません。

ビジネス界の文系エリート層や幹部役員層の人たち(だと思う。口出しするのはきまってこの絶大な権限を行使するけど責任は持たない人達だから)ってどうしてこういう知識レベルとセンスでやっていけるのか、理科系工学系技術系的にはまったく理解できないのですが、それで経営を(一時的にでも)成功させている?のだからそれが正義なんでしょうねえ……

なんか、あたまがくらくらしますけど、ま、これ、気がつく人、気にする人のほうが、実社会では少ないのかもしれません。

つまり、そういう細かいことなど気にせず、大意をつかめということ、そうでないと成功しないぞ、重要なのは、根性と人情と愛嬌とコミュ力、それで必要十分と言いたいのかも。

ほんとうは、何かをなしとげるにあたっては、技術的に細かいことこそが、大切なんだと思うのですが。

だって、ほれ、「神は細部に宿る」っていうじゃないですか?

なんてことは、世の成功者、指導者層?からは、使用人に求められること、負け犬の遠吠えくらいにしか考えてないかもしれませんね。

« 初めて買ってもらったBタンクと燐寸箱客車 | トップページ | 「香港ミニチュア展」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めて買ってもらったBタンクと燐寸箱客車 | トップページ | 「香港ミニチュア展」 »