2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« チップラーとベルトコンベアー | トップページ | いさみや謝恩券 »

2014年9月28日 (日)

第10回軽便鉄道模型祭に行ってきました

まずは、南軽のコーナへ直行して本を2冊ゲット。今回の一番の目的はこれでした。

Img_4442

それから、もったいなくも、お隣のペルス鉄道機関庫のセクションに自作の車輛、アルコのドックサイダー2-4-2と蕗狩軽便28号機サラスワティを入線させていただいて、記念撮影。

Img_4426 Img_4424 

そのあとは、顔なじみの出店メーカーさんを一巡りしてごあいさつして……おこづかいないので、今回は杉山さんの所でカプラー一組を購入しておしまい……ちょっと事情があって、これからすこし出費が嵩む予定なもので、悲しいかな、これ以上の散財はできませんし……がまん……と、知り合いのメーカーさんにはちょっと申し訳ない気分。

それからずーっと出展者の作品をみてまわって、おー、すげーなー、ここまでやるんかー、とか感心しながら、ひとめぐり。

本物の苔をつかって、生きたサカナが泳ぐ池まである盆栽レイアウトモジュールなんて、ちょっと圧巻でした。

でも、目に留まって撮影してしまったのは、これ。駿遠線のレイアウトです。静岡に住んでいたときに資料を集めたりしたのが懐かしく思い出されて、思わずじっくり眺め回してしまいました。

Img_4433

あと、車輛では、これ。Oスケールの文字通りのフルワーキングバルブギヤ(前後進で加減リンクの位置が変わる)の機関車で、実際にイギリスの保存鉄道で稼働しているISABELという名のロコのモデルだそうです。作者はお医者さんでホルン奏者でその方面のご著作もある70代の方。いやはや、レベルがちがうわ……とため息つきながらの鑑賞でした ^^;

Img_4438

体調が思わしくないので、はやばやと展示させてもらった模型を撤収し、帰路の電車の中、買った本をひっくりかえしていると、なんと、パラソルカーの記事が出ていました。ほー、本物はこういう格好をしていたのか、と今更ながらに、納得。

Img_4444 Img_4443

自分のつくったパラソルカーのモデルは、頭の中で考えたフリーランスですから、違うのは当たり前ですが、まさか本物は、単独で重力に任せて坂道を下り降りるジェットコースターみたいなのりものだったとは、夢にも思っていませんでした。

なんだか、たのしくなりますね。

 


« チップラーとベルトコンベアー | トップページ | いさみや謝恩券 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チップラーとベルトコンベアー | トップページ | いさみや謝恩券 »