2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« またまた自作イチジク動力ユニット for MAC 単端 | トップページ | Bトレイン小田急ロマンスカーRSE »

2014年7月14日 (月)

静岡鉄道デワ1タイプ【キャラメルNゲージ9mmゲージ用】の取扱説明書

この車輌、どうみてもHOナローにしか見えないような中途半端なスケールで、ナローファンのわたしとしてはいい感じなんですが、パッケージに同封されていた取扱説明書をあらためて眺めて、なんといったらいいのか、ふくざつーな気分になりました。

この取説、表紙と裏表紙?の解説文(怪拙文?)を除けば、すごく良くできた親切きわまりない取説なところが、なんともいえない違和感というか、情けなさを醸し出しています。

モーターで動くそれなりに精密な、繊細な取り扱いを要するおもちゃ、もとい、模型製品の取り扱いインストラクションとしては、そこらの安物の腕時計なんかの取扱なんかより、うんと良くできていることはまちがいありません。

Photo

説明の文章は簡潔で明確だし、適切な写真やイラストがたくさん使用されていて扱いに戸惑うことなどあり得ない感じですし、注意事項やトラブルの際の連絡先なども、しっかりと表示されて、本当に非の打ち所がないと思います。

ただひとつ、この取説の原案にいろいろと注文をつけて珍妙なタイトルやキャッチフレーズや怪拙文を載せさせた権限者、エラいお方?の知恵と知識と教養とセンスだけが問題だった、という典型的な例なのではないでしょうか?

まあねえ、権限者、エラいお方?の「こういうキャッチフレーズや説明こそが受けるのだ。いままで数々のヒットを飛ばしてきた経験豊富な俺様がいうんだからまちがいない!これが知恵というものだ。いくら鉄道模型とかの知識があったってダメなものはダメだ。知識と知恵は違う。知恵は経験からしか得られないんだからな」とかいう、したり顔のご託言に、一も二もなく従ったイエスマンの上司連の顔が目に浮かぶような……

こんな取説で商品化しなければならなかった企画担当者、くやしかった、というより、ひたすら情けなかったろうなあ……

なんてことまで想像して楽しめる、静岡鉄道デワ1タイプ【キャラメルNゲージ9mmゲージ用】なのでありました。

« またまた自作イチジク動力ユニット for MAC 単端 | トップページ | Bトレイン小田急ロマンスカーRSE »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またまた自作イチジク動力ユニット for MAC 単端 | トップページ | Bトレイン小田急ロマンスカーRSE »