2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 鉄道模型モデラーのタイプ分類 | トップページ | トミーテックお客様相談室の対応経過報告  »

2014年5月29日 (木)

スクラッチビルドの価値評価と時間を買うという話

鉄道模型関係のサイトを徘徊していると、最近あちこちで、スクラッチビルドの価値、評価とか、なにをスクラッチビルドというのか、などというお話が目に入ります。ふーん、そうなんかあ、そんなこと、いままであんまり考えたことなかったなあ、などと斜め読みしながら、ふと思いついてメモしたことをまとめてみました。

もともと、ほぼフリーのモデルしかつくらない私にとっては、程度の差こそはあれ、スクラッチビルド的な工作は当たり前なので、いままでなーんにも考えたことがありませんでした。だって、ないものは一からつくるしかないんですから。

でも、プロトタイプのある作品、特にリアリスティックなスケールモデルに関しては、スクラッチビルトかどうかがすごく問題になるということのようですね。

スケールモデルの場合、実物をいかに精密にかつ印象をとらえて模型化したものであるか、が基準になるわけで、そういうものを所有したい、ということが目的になる場合は、メーカーの製品であろうが、キットであろうが、フルスクラッチであろうが全く関係ないはずなのですが、ひとたび、これに「模型工作」という要素が絡むと一筋縄ではいかなくなります。

そういう精密なスケールモデルを作り上げる技能、工芸的手腕が、工作をするモデラーの評価、作品の評価ということに関わってくるわけですね。だから、究極的には、いかにして素材から精密な作品を作り上げられる技能を持っているか、ということが評価の基準になる、そこにキットとか製品の部品流用とか自分の手以外のもの、他人の技能によってつくられたものが混じってくるのは、評価の内容にかかわってくる、ということなのだろうと思います。

また、技能に習熟するには時間がかかります。キットや製品、部品などを買う、ということはお金で他者の技能とそれをつくる時間を買う、ひいては技能に習熟する時間を買う、ということになるので、時間をかけて習得、熟練した工芸工作技能がその評価の基準であるスクラッチビルダーにとっては、他者の技能を買うことは、自己否定になるといってもよいのだろう、と想像します。

だから、どこまでがスクラッチビルドなのか、という議論がおこなわれたりするのでしょう。

しかし、この考え方、必ずしも工芸の世界やアートの世界に適用できるかというとそうでもないような気がします。

アートの世界では、たしかに作品をつくるために必要な技能に習熟するには時間がかかりますが、それだけでは良い作品はできません。才能がものを言います。そして、才能には時間は関係ありませんし、良い作品をつくるのに自分が熟練の技能を持っている必要もありません。熟練した技能を的確に理解し判断評価出来る能力は必要でしょうが。

たとえばガラス工芸で有名なエミール・ガレ。彼の作品は、彼のガラス工房の熟練した職人たちによって造形されたものでした。ガレは創造しデザインし職人に指示を与え、作品をつくり上げました。

明治の日本の七宝細工作家、並河靖之なども全く同じですし、卑近なところでは魯山人も、後年はほとんど自分では窯を焼いてはいなかったといいます。

現代アートに至っては、マルセル・デュシャンのように、便器に署名しただけでアート作品として成立させてしまった例だってあります。

つまり、アーティスト、クリエイターが作品をつくる、と言う場合、彼らが持っている技能はかならずしも評価の基準にはならないといってもいいのじゃないかと思います。逆に、自分がつくりたいものをつくるために、そして作業時間を短縮するために、積極的に他者の技能を買って利用するわけですね。才能は自前、技能は買って間に合わせる。そこのところが、決定的に違うのだと思います。

べつにスクラッチビルダーが、アーティストじゃない、とか、アーティストより劣った存在だ、なんて言っているわけではありません。評価の基準となるところが違うのだろうな、と思うだけのことです。

じっさい、作品の究極的な目的が、実物をミニチュア再現したものというなら、そこにどれだけの技能を注ぎ込んでいるかどうか、が一番の評価基準になるのは当たり前のことです。それでいいのです。問題は、その基準を至上のものとして周囲にも押しつけがちなことなのじゃないかな、と思います。

だからこそ、フリーのモデルなどは、判断の基準が無いということで、スクラッチビルダーの世界では、最初から評価に値しない、なんて扱いになってしまうのでしょう。

裏を返してみると、主にフリーのモデルをつくっている人は、他者の技能を買うことに抵抗はないように思います。技能のレベルや工作の巧みさは作品の評価の基準の一つではあっても作品の絶対的な評価にはほとんど関係ないし、ましてや作者の評価とは全く関係ないからでしょう。ただし、作り手の才能に関わる部分を買ったり盗んだりしてつくったものを自分の作と称した場合、それ相応の報いを受けることについては言を待ちません。それはアートの世界と同じですね。

フリーのモデルのみならず、スケールモデルを楽しむ方々でも、精密で工芸的なモデルを自作する行為そのものが目的かつ評価の基準ではない方もたくさんいると思います。そういう方はスクラッチビルト作品かそうでないか、とか、どこまでがスクラッチビルドなのか、などにはおそらく無頓着でしょう。そういう方々は、自分の目的とすることのために、他者の才能と技能=時間をためらいなく買うと思います。それでいいのではないでしょうか?

もうひとつ、コレクターという人たち。彼らも、製品を買うという行為によって、それを制作または製造した他者の才能、技能と時間、技能に習熟する時間、そしてある意味、その製品を製作する設備まで購入していると言っていいのではないかと思います。

こう考えると、どんなものでも、どんなサービスでも、結局は、他者の才能と時間を買っていることにほかならないのでは、とも言えます。こういうことを言うと、金さえあれば、それこそ何でも手に入れられる、というのと同じだ、という方もいるかと思います。

しかし、自分自身で身につける技能というものは、金では買えません。金をつかうことによって技能の習熟に要する時間を短くする事は出来るかもしれないことは否定しませんけれど。つまり、そこに、スクラッチビルド、という行為の価値を評価する意味があるのだと思います。


追記;

読み返してみて、そういや、模型工作の楽しみという視点、ごっそりぬけおちてるなあ、と気づきました。

そうなんですよね、模型工作の楽しみそのものが目的、ということになると、出来た作品はどうでもよくなるわけで、つまりは、試行錯誤していじくり回してもてあそんだ成れの果ての残骸か搾り滓であって、本人に取っては、まあ、どーでもよいわけ……でもないですね。

いちおうお楽しみの証拠記録としての意味もあるし、身近な人に、何をやっていてそんなに楽しかったのか、とか、こんなに他人にもアピール出来る?作品もたまにはつくれるんだぞ、私の道楽も人の役に立つ(鑑賞に堪える?)んだぞ、というプレゼンテーションにもなりますし、ま、それはそれでいいといえばいい、ということで、このあたりの議論の補足としておきたいと思います。

« 鉄道模型モデラーのタイプ分類 | トップページ | トミーテックお客様相談室の対応経過報告  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄道模型モデラーのタイプ分類 | トップページ | トミーテックお客様相談室の対応経過報告  »