« クリスマスですね | トップページ | GNOMYのフェアリーの余り物で »

2013年12月25日 (水)

「サンタが街にやってくる」の歌詞って、けっこう怖い ^^;

サンタクロースの橇つながりで、もういっこ……

クリスマスシーズンで、商店街やスーパーにもこの曲がながれてます。

けど、悲しいかな、なんていってるんかさっぱりわからん。

「ベラ抹茶~ベラ抹茶~ベラ抹茶~の~でろりんこん~さんた~くろ~すわ~公民~館~」

としかきこえん。なんのこっちゃ????(^^;;;

で、しらべてみたら、すごい歌詞でした。

大阪弁で訳すと、つぎのとおり

ーーーーーーーーーーーー
おまえら、気いつけたほうがええで
おまえら、泣かへんほうがええで
ふまんそうなツラせえへんほうがええで
なんでか、わしがおしえたる
サンタが街にくるんやで

あいつはリストつくっとるのんや
ほんで2回もチェックしとるんや
おまえらがワルかカシコかしらべとるんや
それでサンタが街にくるんやでえ

あいつはおまえらがねてるときに見てよるんやで
あいつはおまえらがいつ起きてるかしってんねんで
あいつはおまえらがワルやったかカシコやったかちゃんとしってんねんで
せやから、ぜったいにカシコにしとかんとえらいことになるんやでえ

ほれ! おまえら、気いつけたほうがええで!
おまえら、なかへんほうがええで
ふまんそうな顔せえへんほうがええで
なんでか、わしがおしえたる
サンタが街にやってくるんやでえ
サンタが街にやってくるんやでえ
ーーーーーーーーーーーーー

出来る限り正確に訳してみたつもりですが、歌詞の内容にびっくりしてしまいました(^^;;;

これって、子どもを脅迫してるんとちゃう????

この歌詞だけ見ると、サンタって、ものすごく怖い人みたいに思うんですが(^^;;;

ちなみに元の歌詞は下の通りです =^・^= 

Santa Claus Is Coming To Town

You better watch out
You better not cry
Better not pout
I'm telling you why
Santa Claus is coming to town

He's making a list,
And checking it twice;
Gonna find out Who's naughty and nice.
Santa Claus is coming to town

He sees you when you're sleeping
He knows when you're awake
He knows if you've been bad or good
So be good for goodness sake!

O! You better watch out!
You better not cry.
Better not pout, I'm telling you why.
Santa Claus is coming to town.
Santa Claus is coming to town.

« クリスマスですね | トップページ | GNOMYのフェアリーの余り物で »

コメント

おっしゃる通りで、かなりきわどい歌詞ですね。
昔、アメリカで子供を幼稚園に行かせていたとき、興味深く歌詞を見ていたことを思い出します。 "pout" という動詞があることに気がつき、子供にどういう意味かわかっているか?と聞いたら、凄い顔をしました。
サンタクロースはある意味では「なまはげ」みたいなところもある、と思いましたね。

サンタクロースの歌には詩的で可愛いのもあります。「屋根の上の音は何?」”Up on the housetop"という歌はとても楽しい歌ですが、日本では全く聞きませんね。

dda40xさん

あらまあ、ふざけた翻訳でお恥ずかしい限りです。

いやほんと、この内容には正直おどろきました。サンタクロースというのは、日本人が考えているようなものとは、本当はかなり違うのではないかという気がしますね。

現在のサンタクロース像がアメリカで確立したものだというのに、このヨーロッパ的な不気味さは、なんとも不思議な気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスですね | トップページ | GNOMYのフェアリーの余り物で »