2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« コースター利用のお立ち台 | トップページ | 運転盤のレイアウト »

2013年11月10日 (日)

Chris Walas's criation

当ブログの2008年1月19日 (土)の記事「この人の作品、おもしろいです。」で紹介したページをひさしぶりに思い出してリンクをクリックしたら……なんと、サイトが消えてました。

のこってたのはこのページだけ……コンテンツへのリンクがずらっと並んでいたトップページはどこへ……おぼろげな記憶を頼りに検索してもヒットしません。

すごくがっかり。

ものすごく魅力的なフリーランスだったのに……

諦めきれないので、作者の名前 Chris Walas のほうを調べたら、なんと、この方、ハリウッドの特殊効果・特殊メイクアーティストだったのですね。びっくり。って、同一人物なのかな?ほんとに?

画像検索の結果はこのとおり。有名なところでは「フライ」とか「グレムリン」とか、そのほかはあまりみたことないホラーものらしいのが並んでます。模型作品の画像もあって、なんとなく作風が似ているように思えるので、おそらくは同一人物なのじゃないかな、と……

で、その中から模型に関係ありそうなアイテムをたどっていくと、いくつか彼の模型作品が貼られているページやサイトがみつかりました。

消えちゃうといけないので、例によって画像をいくつかコピー引用して貼付けておきます。

Sculpeymb1 Faecbcc047b1 6

1 2 3

4 5 2976d5a7c46e

引用元ページはこちら。Миниатюры Chris Walas

ほかにもThe GnATTERboxにChris' 2007 Submarine Pirate layout...Challenge.というスレッドがありました。これは見応えあります。

なんにしても、フリーランスというからには、これくらいやってほしーよなー、といいますか、これくらいやってみたいものだなあ、としみじみと感じます。もっともそれだけのセンスと技量とパワーがあればの話ですが……

ま、いまのわたしには、眼福だとおもってながめるのがせいいっぱいかな ^^;

 
追記;

件のサイト、なんのことはない、左上のメニューにマウスオーバーしてリンクが表示されるようになってました。

本文で紹介した奇妙な機関車たちはEngines with a bit of Whimsyにカテゴライズされています。

ああよかった。これでまた彼の作品を楽しむ事が出来ます ^^;

« コースター利用のお立ち台 | トップページ | 運転盤のレイアウト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コースター利用のお立ち台 | トップページ | 運転盤のレイアウト »