2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

レゴ #31009 クリエイター コテージ

レゴの人形の大きさなんですが……

ごらんのとおり、約42mmなんですね。これは帽子をかぶっているので43mmになってますが……

Img_2630

ということはだいたいOeスケールつまり1/43で身長約180cm、Onつまり1/45〜48で 190cm〜200cmって事になりますね。

しめた!これならOスケールのストラクチャとして使えるではないか!と気がついて、求めたのがレゴ #31009 クリエイター コテージ でございます。

結果はごらんのとおり。って、まあマジックトレインをだすのも面倒だったので、それよりちょっと小さめのLGBのGNOMYを一緒に並べてみました。(ちなみに大きさの比較はこちらの通りです

Img_2627 Img_2629

いけますね。これなら。

特にGNOMYには雰囲気も良くあうようで、なかなかよいのではないかと、我が選択眼の確かさ?にちょっと悦に入っています ^^;

2013年9月23日 (月)

ハスクバーナのトランスフォーマ?


林業雑誌で見つけた広告です。鉄道模型となんの関係があるんだというご意見もおありでしょうが、森林鉄道がらみということで……^^;

Zenoa

ほとんどトランスフォーマですよね。

「キャラクターに装備している製品は刃物がついた作業機械であり、おもちゃではありません。実際の製品は安全作業の指導を受けたユーザーにより使用されます。」

という注意書きがふるってます^^;

そういや、ゼノアってコマツの系列じゃなかったけ?とおもって調べてみたら2006年頃にハスクバーナが買収してブランドが変わっちゃったのですね。知らなかった……

だからこういう乗りの良いPRなんかもつくられるようになったのでしょうか?どっちにしろ、なかなか良いデキだと思いますが、元が林業用伐倒刈り払い機器だけに、左腕にチェンソー、右手に刈り払い機って、ほとんどターミネーターみたいな物騒なバトルロボット風になっちゃってるのがご愛敬です^^;

2013年9月21日 (土)

KITTE行ってきました。

ひさしぶりに単身赴任先から帰ってきて嫁さんと都心にでたついでに、いま注目のトレンディ・スポット、KITTEに行ってきました。

すごく綺麗な専門店がいっぱいあって、高級そうなレストランがいっぱいあって、混雑こんざつ……でもって、お客はほとんどお金のありそな中高年の有閑マダム連グループか悠々自適の退職年金逃げ切り夫婦……たまに子供連れの若い夫婦やデート中とおぼしきほほえましいカップルもおりましたが ^^;

おどろいたのは、中に入場無料の博物館があったこと。検索してみたら、

2階と3階には、日本郵便と東京大学総合研究博物館が協働で運営する公共貢献施設「インターメディアテク」(IMT)が誕生した。東京大学が明治10年の開学以来蓄積してきた学術標本や研究資料など、「学術文化財」と呼ばれるものを常設展示する。また、特別展示やイベントでは、最先端科学の成果や各種表現メディアのユニークな創造を随時公開する。入館料は無料。

とのことでした ^^; 見応えありました。

これは屋上庭園?からの東京駅の眺め ^^;

Kc4a0734

もちろん復元された天井も見てきました。

Kc4a0724

美しい……

人が多いのがちょっと……でしたけど ^^;

で、お土産探してたら、こんなものが……

Kc4a0735

これ、どうみてもなんかおどろおどろしい幼虫か海ウシみたいなもんにしかみえんのだけど……食欲がわくというには疑問のあるデザインですよね。うれてるんでしょうか、としんぱいになりました。


2013年9月16日 (月)

Bトレインショーティー;たま電車

Amazonから届きました。

でも頭痛で気力無いので、中身チェックして箱を撮影して終わりです。

Img_2585 Img_2586

で、気がついたんですけど、たまのイラストがなんかへん……なんか違う……

Img_2589

しばらく眺めてその理由がわかりました。

これでした ^^;

Ecba922d F8966907e0991059d0753b73d7ecc207

小鉄は雄猫、たまは雌猫だったのですね ^^;

個人的には、やっぱりタマがあったほうが視覚的に安定感があってよろしいかと…… ^^;

2013年9月14日 (土)

このごっちゃごちゃ感がたまりませんね「赤いコッペル」(古いTMSの記事より)

自宅に帰ったら、嫁さんの自宅に預けてあったふるい荷物の箱が大量に届いていました。

その中に、ふるいTMSのバインダーを見つけて開いてみたら、なんと「古典機の似合う風景」のターンテーブルと機関庫のジオラマセクションの記事とか、K氏のベアトリックスとか懐かしい記事が。

ぱらぱらとめくっていたら78年8月号に「赤いコッペル」というOゲージナローの記事がありました。

中島二三男さんという方の作品ですが、その雰囲気がなんとも……この過剰なごっちゃごちゃの精密感?がたまりません。設定が「消防機関車」ってのも最高ですね。この記事はまったく記憶になかったので、新鮮な驚きでした。

こういうの、作ってみたい……と、きっと若い頃なら思っただろうと思いますが、今はこういう徹底的足し算型のデザインはちょっと好みに合わなくなってきていることにきづいて、やっぱ歳なのかなあ、と妙な感慨に耽っています。

例に寄って引用という形で記事の一部を貼付けます。ご指摘があれば削除します。

Kc4a0063 Kc4a0065 Kc4a0064
出典;「鉄道模型趣味」78年8月号

しかし…70年代後半の「鉄道模型趣味」誌をみると、素材や工具、使える技術は今とは比べ物にならないくらいのレベルだったはずなのに、作品の質は今と同じくらいかそれ以上、記事もうんと興味深く、楽しそうに見えるのはなぜなんでしょうね?

2013年9月 8日 (日)

EF16保存車輛

道の駅「水上町水紀行館」(国道291号線沿い)をとおりかかったので立ち寄ってみたら、駐車場の片隅になにやら電気機関車のようなものが……

ちかづいてみると、なんだか小柄な旧型F級電機のよう……実物知識ほとんどないので、そばにあった看板を見ながらふんふんと納得。へえーそうだったのかー ^^;

Kc4a0049 Kc4a0050 

Kc4a0052

残念ながらあまり保存状態は良くありません。側部のナンバープレートは剥ぎ取られてるし片側の運転席のドアもないし……ちょっとかわいそうな感じでしたが、旧型F級電機の実物の足回りを間近に見る事なんて初めてでしたので、ずいぶん興味深く観察させてもらいました。

この機関車、なんかナローっぽい感じがしていいな、とおもいますって、国鉄はナローなんですよね ^^;

肝心の道の駅では、お約束通り地元の野菜などの農産物やお菓子等がずらり。日持ちのしない生菓子等もあって訪れるお客さんがおおいんだなとわかります。

茗荷と茄子を一袋ずつかって、ふと見たらこんなものもありました。この手のパッケージってやっぱり人気あるのでしょうか?

Kc4a0056

2013年9月 7日 (土)

LEGO #661 スピリット・オブ・セントルイス

奇跡的に保存してあったインストラクションを参照しながら、いろんなセットがぐっちゃぐちゃになって放り込まれていた箱のなかからパーツを発掘して再現しました。

一個黄色の2ポッチ板が足りなくて残念ですが、まあ大きく形態が崩れるところではないのでよしとします。

それにしても、この基本的なパーツだけでよくスピリット・オブ・セントルイスの姿をとらえているなあ、と感心します。

久しぶりに「翼よあれがパリの灯だ」のフィルムを見たくなりました。

Kc4a0830 Kc4a0831 Kc4a0832


2013年9月 1日 (日)

ナウでヤングなw粋なファッションの林鉄機関士?

そのむかし、林鉄の機関士は花形職業。若い女性のあこがれだったとの事。

若い機関士たちはその当時の最先端を行くナウでヤングなwカッコよくキメたファッションに身を包み、石原裕次郎とかみたいなニヒルな表情つくって粋にポーズを決めて、娘たちの熱い視線を意識しながらカメラにおさまっていたワケなのであります ^^;

A20139

写真は「現代林業2013年9月号」からの引用です。解説文もおもしろいのでそのままページを貼付けました。ま、こんな辺境ブログでの引用ならうるさくは言われないと思いますが、指摘があれば即座に削除します。

しかしまあ、昨今の鉄道模型趣味の林鉄モデルの人形と言ったら垢抜けないヘルメットと作業服のおっさんばっかですけど、現役当時のリアリティを大事にして忠実にそのころの様子を再現するなら、石原裕次郎(←しつこい ^^;)そこのけのカッコつけたニイちゃんたちの機関士フィギュアをアレンジしないといかんのではなかろうか、とこの写真を見てつくづくと感じるのでありました…… ^^;

2013.9.4追記
ナウでヤングなファッションのカッコいい林鉄機関士フィギュアなんかが発売され、ちまたのリアリスティックなジオラマレイアウトに登場する事を密かに期待していたりします。追っかけのじょしこーせーのフィギュアはたしかもうあったとおもうし ^^; いっそデートシーンなんてのはどうだろ?その場合はやっぱ相手はじょしこーせーなんかより、美人の後家さんとか人妻とかのフィギュアとの組み合わせが……このへんでやめとこ ^^;

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »